GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv7(第7期)

 前期までのデータはこちら

技術Lv7/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇済み

■第6週星の屑終了後(42日目)、半額での開発が可能となる。
 アッシマーMS   …搭載17、7600/8700(1500/550)
 アッシマーMA(可変)
 ガルバルディβ …搭載13、4900/5600(1550/550)

ティターンズ技術Lv(機体発売予定)リスト
 第6クール時の記事はこちら

7.アッシマー/MS

イメージ 1

イメージ 2

■基本開発:1500
 改良基本;550
 本機を開発済みの場合、技術9ギャプラン開発時に基本ポイント-10%
 編成時に「変形」する事でMA形態が選択可。

 NRX-044。単独長距離飛行を目指した初期の可変MA。
 モビルスーツの柔軟性と航空機の展開能力を両立すべく開発された。
 技術的な問題から大型化し「可変モビルアーマー」となったが、三次元戦闘では無類の戦闘力を誇る。

■推定命中
 大型ビームライフル……命中47-52-52-47

■中距離射撃形態
 地上5機編成向けの強力な射撃機。
 基本的に「飛行形態(MA)で、5機編成の射撃機に用いられる」機体。

 第5期改定で別物となり、第7期改訂では修理-11され地上VP向けの強力射撃機に生まれ変わった。
 第7期改訂では修理-11、先制回避+2、威力命中-1、HP-8装甲-1となった。
 つまるところ「ガブスレイより修理3軽く、地上戦が可能」。

 MS形態は移動2なので、敵と接近しにくい「部下壁」「中距離射撃(射程2優先)」向け。
 非カスタムフォーメーション向けと思われる。

7.アッシマー/MA

イメージ 3

イメージ 4

■基本開発×
 編成時にアッシマーを「変形」させる事で編成できる。

 NRX-044。アッシマーの巡航形態。
 推力と可変機構を両立すべく強靭な構造を求めた結果、モビルアーマー級の大型機となった。
 従来機サイズの設備では生産・運用が難しいが、汎用性の高さから少数量産され実戦配備されている。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中48-53-53-48

■時代以降直後のベストセラー
 第5期で射程4に修正。修理・命中・HPが利点。
 第7期修正はモビルスーツ時と同じで、修理-11、先制回避+2、威力命中-1、HP-8装甲-1。

 アッシマーの主力形態で、同系統のガブスレイより修理3軽く地上対応。
 ガブスレイMA☆との射撃差は、通常武器で威力-4命中+1、特殊で威力-7/命中-2。
 ハイザックカスタム☆との射撃差は、威力+2命中-5、搭載+2修理+2移動+1。

 ガブスレイ完成までの繋ぎとして活躍する。
 またガブスレイより軽修理になったので、最前線での「乗り換え先」としても期待される。
 ただ修理3差の割に性能差が大きく、戦力的に不安が残る。

■前線VPでも活躍
 ノーマル修理48に修正され、時期によってはハイザック☆(修理43)やリックディアス(修理36)に勝る。
 時代移行直後の前線が(機体刷新と敵レベル上昇で)厳しい事情もあってか
 ランキングに見られ、ディアス普及に伴い姿を消してゆく。

7.ガルバルディβ

イメージ 5

イメージ 6

■基本開発:1550
 基本改良:550
 本機開発済みの場合、技術8ハイザックハイザックカスタムの開発改良時に基本P-10%.

 RMS-117。連邦ルナツー方面軍の主力機。
 原型は公国から接収した宇宙仕様実験機で、近代化改修を施した上で連邦の量産機となった。
 運動性に特化した性格から操縦難易度は高いが、第一世代屈指の性能を持つ。

武装命中
 ビームライフル  ……命中45-50
 シールドミサイル……命中44-39

■最軽量級MS
 軽搭載・軽修理がウリの軽量機体。
 第7期修正でHP-12装甲+3先制-1回避+1、遠射撃武器が威力+1された。
 装甲が薄すぎる点が補強され、壁機としてもジムⅡと互角かそれ以上に使い易い機体となった。
 低すぎるHPがネックであり、長所でもある。

■ボール編成減少
 前期辺りから5番機にボール以外を配する編成が増えているので
 それが壁、射撃のいずれに使われているにせよ、需要に合わせた良好な改訂と思われる。
※特に今期はパーツ改訂も行われているので、ボール混じりは減少傾向。

 回避目的の壁としては搭載比でそれなりの性能。
 射撃機としては相変わらず心許ないが、いずれにせよ弱集中消滅でぐっと扱いやすくなった。

 アッシマーやガブスレイのように「強力・必須」な中核機体とはまた違うが
 以前より有望な選択肢となったようだ。
 総合でも重用される。