GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv6(第7期)

 第1-6クール時のデータはこちら

技術Lv6/第4 チェンバロ作戦終了後に上昇

■第3週ジャブロー終了後(21日目)より、ジオングを除き「先行開発」可能に。
 ゲルググJ    ……6800(☆7900)
 ケンプファー   ……8200(☆9400)
ジオング     ……20500(制限機)
 ドム・トローペン……6000(☆00)
 リック・ドムⅡ ……6500(☆7400)

■第5週星一号作戦TMP褒章機
 ジオング+

■第二次初心者キャンペーン実施
 高機動型ゲルググ/JR……2日間限定任務で獲得or新規部隊初期配布/制限機

ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら。

6.ゲルググJ

イメージ 1

イメージ 2

 MS-14JG。狙撃・指揮官機。
 ゲルググを狙撃・指揮官用に再設計した機体で、Jはイェーガー=猟兵を意味する。
 狙撃戦用に火器管制と姿勢制御能力を強化、ビームの収束率を上げて有効射程を広げている。

■推定命中
 Bスポットガン……命中36-41
 Bマシンガン  ……命中45-40

■公国の主力MS
 第4クールで実装された高搭載高命中一般機。
 ジオン版スナイパーⅡに位置し、命中+3攻撃回数+1で更に命中確率が引き上げられている。
 修理も51-58と比較的軽いので4機編成にも良く見られるなど、割と扱い易いらしい。
 前線のVP化に際して活躍する。

 またライトアーマー級の回避も持ち、一般機としてはやや厚い装甲を兼ね備える。
 壁としても以後VPで一線を張り続けるなど、第7期リーアジオンでは「最も使われている機体」として
 3週に渡りtwitter上で取り上げられた。
※ただしゴッグ挙動持ちと見られる。

6.ケンプファー

イメージ 3

イメージ 4

 MS-18E。大戦末期に開発されたE型=強襲型。
 単機での敵防衛線突破・拠点攻略を目的に前面装甲・推力・火力に特化している。
 単機に過度の負担と期待をかけるコンセプトと言え、「出撃後の未帰還」まで想定されている。

■推定命中
 ショット・ガン     ……命中37-42
 ジャイアントバズ   ……命中35-30
 シュツルムファウスト……命中40-35

■長移動射撃機
 一年戦争期最強の実弾一般機。
 高い攻撃力と移動を活かして任務射撃に用いられる。
 またHP装甲・挙動でゲルググJに勝り、強集中や高狙い*2の対応力が高いので一部で壁に用いられる。

 射撃としてもビーム射撃の一般機、制限機が豊富なジオンでは余り多用されることは無いが
 MPランキングでは比較的その姿を見ることが出来る。

 特に怖いのはNPC機で、シュツルムファウスト一発で100ダメージ超をあっさりと叩き出し
 命中値も(実弾射撃では)最高ランクな事もあって無視できない存在となっている。
 *1と実弾の不安定さからPCに敬遠されるシュツルムファウスト
 単なる命中数値だけならスナイパー系にも見劣りしない為、連射されるとかなり洒落にならない。

6.ジオング

イメージ 5

イメージ 6

 MSN-02。ジオン公国の名を冠すMS。
 公国の威信をかけた機体であり、ガンダムの7倍近い大出力と圧倒的な火力を有する。
 機体と武装サイコミュ制御され、大型ながらもモビルスーツらしい精密な攻撃と機動を可能とした。

武装命中
 頭部メガ粒子砲……命中43-48
 腰部メガ粒子砲……命中43-38
 有線メガ粒子砲……命中50-50-50
※有線メガ砲は、法則上「近」「中」距離のみで使用(もしくは距離4攻撃不能の際のみ)。
※有線メガ砲は「射線軸に別ユニットが居ても攻撃可能」の特性アリ。

■やや出番が増えた公国旗機
 覚醒NTが搭乗した場合は回避+3/先制+5.
 回避機動・宇宙地形補正も得られるので、単なる回避値だけならアレックスにも劣らない数値を持ち
 大規模任務では比較的姿を見かけることが多く、最前線突貫部隊にも見られる。

 射撃としてはエルメスの影に隠れがちだったが、採用は増加しつつある。
 それは3期目からエルメスが「ビット」が必要AP+1された為もあるし、速攻性重視の傾向が進んで
 移動が長く、通常武器が強いという性能が重視されるようになった為だろうか。

■+機体(GT任務)
 第5週TMPで1-10、1-30,1-100位に計140機配布。
 第7期の第6週では「GT任務」でも配布された。技術6制限機が他に無いのでやたら配布されたようだ。

 ヴァル・ヴァロ以上の数値を持つが、ビームコートを持たないので壁採用は少ない。
 搭載こそ高いが遠射撃性能ではヴァルヴァロを若干上回るので、6~8週目で射撃を中心に用いられた。

6.ドム・トローペン

イメージ 7

イメージ 8

 MS-09F/TROP。MS-09の熱帯・砂漠戦闘仕様。
 統合整備計画で生まれたF型をベースに、熱帯戦オプションに換装した機体。
 ちなみにラケーテンはドイツ語で「ロケット」の意味を持つ。

武装命中
 マシンガン    ……命中36-41
 ラケーテンバズ……命中34-29

■幻の陸戦機
 設定通りドムの上位機として活躍する陸戦機。
 しかし第7期ではドムが軽修理化され、ドム比で修理7も重くなってしまった。
 それでもリックⅡは宇宙用・上位互換として活用されるものの、第7期では宇宙重視が進んだため
 地上用の本機はランキングでは全く見られなかった。
※続く第7週では(リゲルグ実装により)伝統のペズン・ドワッジも完全にランキングから消えるなど
 宇宙一辺倒の傾向が特に強い。

 基本リックⅡと同性能だが「水辺で性能ダウン」「シュツルムなし」がマイナスポイント。

7.リック・ドム

イメージ 9

イメージ 10

 MS-09R-2。統合整備計画規格の再設計機。
 同時期機体と操縦系・内部部品の規格を統一し、更にゲルググのノウハウを投下している。
 量産時期がゲルググと重なった為、実戦配備数はごく少ない。

武装命中
 拡散ビーム       ……命中38-43
 ジャイアント・バズ  ……命中34-29
 シュツルムファウスト……命中39-34

■VPで活用される
 ドムトローペンを宇宙互換しシュツルムを装備した機体。
 ゲルググJと同修理、修理と搭載が中庸なので、主にVPや総合での5機編成射撃に用いられる。
 ほぼトローペン同性能になっているが、VPと総合ではほぼこちら一択となっていた。
宇宙機は性能ダウンする地形が実質存在しないせいだろうか。

 第7期では弱集中が消えた為、壁を担うことは無くなった。
 今期からリックドム比で修理7重くなっているので、修理を絞り込むにつれて消えてゆくものの
 搭載が軽く編成しやすい利点を活かし5機編成で姿を見ることが出来る。

特殊.高機動型ゲルググ/JR

イメージ 11

 MS-14Bのカスタムチューン機。
 背部パックを交換した高機動戦仕様(B型)をジョニー・ライデン佐用にカスタム化した機体。
 公国軍のエース部隊「キマイラ」隊長機としてア・バオア・クー防空戦に参加し、未帰還となった。

■推定命中
 ビーム・ライフル   ……命中50-50
 ロケットランチャー……命中41-36

■GP級の性能を有するレア制限機
 第7期「第二次新兵歓迎キャンペーン」にて、新規全員と既存部隊一部に配布された。
 HPと装甲は搭載19のGP系MSに匹敵し、宇宙補正・回避機動でこれまたGP系に劣らない回避を発揮する。
 第5週における「回避」最強の壁として活躍した。
 +機相当なので搭載比の性能は非常に高い。

 既存部隊にとっては「2日間限定で発生するレア任務の成功時に稀に貰える」レアな機体である上
 他に同一性能機体、代替機体が存在しなかった為に相当数が参加したと見られており
 同時期競合ではジオンが全勝している(任務リスト更新で競合を回す為)。

■第5週で活躍
 実弾ながら命中値はスナイパーⅡとほぼ互角、長移動なので射撃にも見られた。
 第5週の総合・MP、大規模予選など、修理が関わらない分野で活躍。
 大規模最終戦にもゾロゾロと出撃している。

 搭載17としては強力・好評で、続く第6週でヴァル・ヴァロの市販が開始した後も姿が見られるが
 ビーム兵器飛び交う大規模戦ではヴァル・ヴァロ壁ばかりだったようだ。