GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv5(第7期)

 第1-6クール時のデータはこちら

技術Lv5/第3 ヨーロッパ作戦終了後に上昇

■第2週オデッサ終了後(14日目)より、制限機3種以外は先行開発可能に。
エルメス       ……18800(制限機)
※ギャン        ……16100(制限機)
 ゲルググ       ……5600(☆6400)
 ゲルググ初期生産型……16100(制限機)
 ザクⅡ改       ……4800(☆5600)
 ハイゴッグ      ……5800(☆6700)
 リック・ドム      ……4800(☆5600)

■第4週チェンバロ作戦TMP褒章機
 エルメス+、ギャン+、ゲルググ初期生産型+

ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら。

5.エルメス

イメージ 1

イメージ 2

 MAN-08。最初期のNT専用MA。
 NT専用として脳波操縦に絞込む一方、姿勢制御にジャイロを組み込む等「軍事訓練を受けていない」
 搭乗者も想定している。NTの感応を兵器化し「ソロモンの亡霊」と呼ばれた。

武装命中 
 メガ粒子砲…命中33-33-42-37
 ビット    …命中47-51-51
※ビットは「射線軸に別ユニットが居ても攻撃可能」の特性アリ。

■破格の命中を誇る妖怪的MA
 NT覚醒パイロットが搭乗した場合は回避+3/先制+5補正。
 命中補正においてグリプス期にも匹敵する性能を持った怪物モビルアーマー
 VP以外のあらゆる用途において活躍する。

 +機、☆機実装後は通常武器性能で遅れをとるケースが増え
 かつての「射撃はNTパイロット一択」環境とも変わってしまったが
 距離4明・宇宙補正を受ける「ビット」は相変わらず異常な命中を誇っており多数のPCに愛用される。
※例:スナイパーⅡ実効命中38、ガンキャノン実効命中31、命中差7と切り払い○。
 宇宙でのビット実効命中54、スナイパーⅡ☆との命中差は16。

 強いのはあくまで特殊武器なので機体評価は人によって分かれるが
 特にPC戦のような「壁役の少ない」戦いでは、圧倒的とも言える射撃能力を発揮する。

■+機
 第4週TMP褒章機として配布。更に性能向上し「ビット」は宇宙補正込みならキュベレイにも匹敵する。
 配布数はごく少ないらしくランキングでも殆どその姿を見ることはないが
 特務兵に混ざっている事は何気に多い。

5.ギャン

イメージ 3

イメージ 4

 YMS-15。主力候補試作機。
 白兵戦能力に絞り込んだ対MS白兵戦用試作機。
 一説には砲撃用リックドムとのセットを前提にゲルググと第二次主力機候補を争ったとされるが
 単体の汎用性・拡張性を求めた首脳陣と方針が合致せず採用は見送られた。

武装命中
 ニードル・ミサイル……命中40-45

■格闘命中に優れた壁機体
 第3期実装。ゲルググ初期生産型と同じ位置付けを持つ壁特化機体。
 ゲルググとの役割が完全に被っているので趣味で選ばれる。

 ゲルググより装甲が高いが回避が低く、武器威力は低いが命中が11点も勝っている。
 回避を重視しゲルググを選ぶプレイヤーが多い傾向が見られるが、性能的には殆ど互角である。

■+機体
 第4週TMP配布。配布数が少ないらしく殆ど姿が見られない。
 ゲルググM-S型(第6週)の方が回避3高いので、それまで一週間MP壁を中心に活躍する。

5.ゲルググ

イメージ 5

イメージ 6

 MS-14A。公国軍の第二次主力機。
 ガンダム同等の携行武器を装備し最強の量産機と称された。
 しかし完成が遅く、熟練パイロットに乗り換え訓練を行う時間がとれず確たる戦果は残していない。

武装命中
 ビームライフル…命中35-40

■任務壁で活躍
 制限機を3機とも射撃に回す部隊などで活躍する。
 本来はビーム兵器が強みなのだが、ガンダムやジム同様に射程1-2に留められ壁特化になっている。
 その点でやっぱりジムと似たような性格を与えられた機体と言え。

 公国軍にはこの頃からビグロ、エルメスジオングといった強力な距離4ビーム制限機が揃うので
 制限機枠を全て後衛に回す部隊などに用いられる。
 回避は高いがそれ以外は修理相応。

 高回避ながら脆い本機は、高性能かつ超硬スチール装甲の一般機、という設定そのまんまとも言える。

5.ゲルググ初期生産型

イメージ 7

イメージ 8

 YMS-14(MS-14S)。
 製造ラインと製品の出来を確かめるべく本生産に先駆け製造された試作品。
 25機が建造されシャア少佐と「キマイラ」隊に全機が配備。エースの重点慣熟訓練に用いられた。

武装命中
 ビームライフル…命中40-45

■ギャン互換壁
 PCの好みで乗り分けられる第4週主力壁。
 修理が高いので、修理が関わらない用途を中心に用いられる。
 ギャンより回避1格闘威力10高く、装甲1格闘命中10点ほど低くなっている。

 設定上は「汎用性の高さ」「(宇宙)空間戦闘能力の高さ」が強みとなっているものの
 通常ビームライフル射程1-2ルール、宇宙用にする訳にもいかない等、ギャンとは一長一短の性能。
 回避自体はこちらが高いので、やや好まれる傾向があるようだ。

5.ザクⅡ改

イメージ 9

イメージ 10

 MS-06FZ。ザクⅡの最後期生産型。
 性能向上・操縦難度緩和・同世代機と操縦系・部品の共通化を図っている。
 逆に言えば在来の操縦系に慣れた熟練兵とはそりが合わず、新兵や後方部隊を中心に配備された。

武装命中
 マシンガン……命中34-39
 バズーカ  ……命中32-27
 シュツルム……命中37-32

■VPのベース射撃機
 第4クール実装。公国軍の修理36-43射程4での再後発機体。
 VPに欠かせない軽修理射撃だが性能はそこそこなので、NPC難度に合わせドムと混成して用いられる。

 旧クールでは修理の軽さからドム系を完全排除してしまったが
 ドム(リックドム)が修理44-51に軽量化された事もあり、編成上のなんらかの理由からか
 完全にザクⅡ改☆*4にせず、半々程度ドムとザク改を混成するのが第7期VPのスタンダードとなった。

 登場時は通常戦線で、続いてゲルググJ☆前線に移行し、やがてザクⅡ改前線VPへ移行する。

5.ハイ・ゴッグ

イメージ 11

イメージ 12

 MSM-03C。ゴッグの再設計機。
 水陸両用のコンセプトのみ継承し運動性と生産性を重視。
 原型機とはほぼ別物になり、コストダウンと共に軽快な運動性能を持つに至った。
 
■推定命中
 ビーム・カノン……命中39-44
 ハンドミサイル……命中40-40-35

■通常VPの主力機
 第4期実装。第3週通常VPの壁に活躍する高回避機体。
 第7期修正により修理+10され耐久性アップ、代わりに回避-1された。
 修理+10により前線組との差は縮まってしまったが、通常VP機としては相変わらず突出している。

 実装当時と比してプレイヤーのパーツが充実した分、壁としてはほぼ別物の使用感になっているが
 同様の理由から修理軽量化も進み、射撃機に用いられることもほぼなくなった。

5.リック・ドム

イメージ 13

イメージ 14

 MS-09R。ドムを改装した空間戦闘仕様。
 改装機ながらR型ザクを上回る総合性能を示し12月に暫定主力機となった。
 特にドムの生産施設を転用できることが大きく、地上から宇宙への転換を図る公国首脳に評価された。

武装命中
 ジャイアント・バズ……命中27-32-27

グリプス移行まで活躍
 ドムの完全宇宙互換機で性能的には全く同一。
 旧クールでは修理・性能が「低くもないが高くもない」中途半端な機体だったが
 第7期で修理44-51に改訂され、ドムと共にVP陣の射撃選択肢の一つとして活躍するようになった。

 ロールアウト当初は地上戦主体なので、前線VPに「トライする」部隊で活用される。
 翌週はゲルググJ配備に伴い一旦下がるが、部隊レベルアップに伴い5機編成前線VP機体として復権
 第6週のジオン体制終了までザクⅡ改と混成しつつ射撃に活躍した。