GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv4(第7期)

 第1-6クール時のデータはこちら

技術Lv4/第2ユーラシア作戦終了後に上昇

■第1北米大規模後(7日目)より、ビグロとグフカスタムを除き先行開発可能に。
グフ・カスタム……14500(制限機)
 ザクⅡF2型   ……3800(☆4400)※第7クール新実装
 ズゴック   ……5100(☆5800)
 ドム     ……4700(☆5400)
※ビグロ    ……16000(制限機)

■第3週ヨーロッパTMP褒章機
 グフカスタム+、ビグロ+

ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時の記事はこちら。

4.グフ・カスタム

イメージ 1

イメージ 2

 MS-07B-3。グフの再設計機。
 原型ではコンセプトを絞り込み過ぎた為、武装を小型・オプション化して汎用性を高めている。
 更に軽量化されたが防弾性能は低下しており、熟練者の搭乗が望ましいとされた。 

武装命中(推定)
 ガトリング砲……命中39-44
 ヒートロッド……命中61-66

■搭載15級最強の壁制限機
 プロトグフ同様、ライバル機扱いのEz-08に合わせて修正された。
 結果「壁特化のカスタム」「射撃兼用のEz-08」の分、カスタムのほうが壁性能は圧倒的に上だったが
 現在は同程度に修正されやや割を食った感がある。

 搭載15壁としては相変わらず屈指の性能を誇るが「通常には高修理・前線には性能不足」なのか
 修理を問わない部隊を中心に活用される。

■+機体
 第3週TMP褒章機。エルメス発売期に配布されるため驚くほどランクボードに見られない。
 地上限定ならゲルググM-S型ばりのスペックを発揮するが、そもそも地上配備する部隊がごく少ない。
 第6週前にトリントン競合が行われ、第6週開始時のランクボードで辛うじて見られた。
 PC戦では見られるので、敵陣営の倉庫も覗けるようになると有りがたいのだが。

4.ザクⅡF2型

イメージ 3

イメージ 4

 MS-06F-2。ザクⅡF型の後期生産型。
 ザクⅡを「対MS戦闘用」に引き上げるべく設計を見直した後期生産型。
 新鋭機と並行生産されたが諸事情から「在庫」も多く、戦後も連邦・ジオン残党の両方で運用された。

武装命中(推定)
 ザクマシンガン……命中33-38
 ザク・バズーカ……命中31-26

■F型バージョンアップ
 第7期で実装されたF型の拡大版。
 傾向も同様で、「軽修理の射撃機」として一線で活躍する余地を残す。
 性能はほぼザクⅡ陸戦型同等で、汎用化と引き換えに搭載+1修理+3技術+2されている。

 初期は陸戦主体なので出番は無いようだが、4週目辺りからボブもびっくりの宇宙主体に移行するので
 ザクⅡ改と入れ替えつつVP部隊に混成されてゆくようになる。

4.ズゴック

イメージ 5

イメージ 6

 MSM-07。水陸両用機の傑作機。
 ザクⅡ並みの運動性と、水中行軍能力、水冷を活かしたメガ粒子砲の搭載など
 あらゆる性能で先行機を凌ぎ主力機となった。ただし生産コストと操縦性の悪さに課題を残している。

武装命中
 メガ粒子砲…命中38-43
 ミサイル  …命中33-28

■回避機動壁の雄
 第4期で強化修正され、第7クールで他水陸機同様に修理が引き上げられた。
 旧クールでは「軽修理」を武器に壁に射撃に用いられたが、本修正により壁運用が中心となっている。
 ほぼ同修理のドムと比べると優位点が少なく採用は少ないが
 第2週にてVP陣上位に姿が見受けられた。

4.ドム

イメージ 7

イメージ 8

 MS-09。陸戦用の次世代機。
 重力下でのMSの根本的な弱点「歩く」事による機体への負担、展開の遅さを解決すべく開発された。
 前線での評価は高く、大戦残2ヶ月という末期の機体ながら知名度は高い。

■命中
 ジャイアント・バズ……命中27-32-27

■公国軍の地上主力機
 旧クールから浮き沈みを繰り返してきた公国軍の重装甲一般機。
 第7期修正を受け「高回避重装甲」という特性が際立ち、高修理な点が目立ちにくくなった事から
 ザクⅡ陸戦型☆を率いる部隊長壁としてVP陣に愛用された。

 続く第3週でハイゴッグ☆が発売開始された後は射撃機として転用。
 今クールから軽修理化され、修理40-43のザク系との修理差が縮み扱いやすくなった。
 ノーマル、☆を混成しつつVP部隊の射撃として活躍した。

 また同時期の競合は何かと「荒地」が多く、荒地でも移動4行動できる事から任務屋にも利用された。

4.ビグロ

イメージ 9

イメージ 10

 MA-05。少数ながら正式採用されたモビルアーマー
 在来型宇宙戦闘機を大型化し、AMBACとメガ粒子砲を取り入れた一撃離脱戦闘機
 機体サイズから生産・運用しにくいものの、MSを遥かに上回る突撃力と火力で名を馳せた。
 
武装命中
 ミサイル  …命中32-37
 メガ粒子砲…命中41-36

■公国軍宇宙主力機
 回避機動・宇宙補正・重装甲による高い壁性能と
 ビームかつ移動4の使い勝手のいい射撃能力を兼ね備えた高性能なモビルアーマー

 旧クールでは「地上主体だから要らない」「ビットがないから要らない」等言われた事もあったが
 クール更新改訂を重ね、レベル上げ部隊と任務部隊の主力にまで昇格した。
 攻撃範囲、遠攻撃性能が高く、宇宙配備する部隊が増えつつある。

■+機体
 第3週TMP褒章機。エルメス同時期の宇宙移行期に配布される。
 エルメス以上の通常武装と移動4を持つ事を評価されてか任務部隊に数多く姿が見られる。
 もちろんビットには及ぶべくも無いが、その速攻性を評価されているようだ。