GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv3(第7期)

 第1-6クール時のデータはこちら

技術Lv3/北米降下作戦終了後に上昇

■開戦直後からゾックとザクレロ以外は先行開発可能。
 グフ            ……4400(☆5100)
 ゴッグ           ……4300(☆5000)
 ザクキャノン         ……4700(☆5400)
ザクレロ          ……14100(制限機)
※ゾック            ……14400(制限機)
 ヅダ             ……5700(☆6500)
 宇宙用高機動試験型ザク……4400(☆5100)

■第2オデッサ作戦TMP褒章機
 ゾック+、ザクレロ+

ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第6クール時のデータはこちら。

3.グフ

イメージ 1

イメージ 2

 MS-07B。大戦末期の白兵戦闘用MS。
 汎用性重視のザクⅡを見直し、地上戦と対MS戦に特化させた局地戦闘機
 その性能からエース達に愛されたが、汎用性に欠ける事から末期の公国軍首脳に敬遠された。

武装命中
 フィンガーバルカン…命中33-38
 ヒート・ロッド    …命中55-60

■VPの主力壁(盾)
 プロトグフより低搭載・低修理化し全般に性能低下。
 回避は向上しているため、修理低下と併せよりVPに適した機体になっている。
 第2週のVPにて、回避機動のドムと並び活躍した。

 一週目前半でも活躍するが期間が極端に短く、陸ザクほど修理が軽い訳でもなくやや微妙。
 アッガイが高修理化した事もあり、主に第2週で活躍する。

3.ゴッグ

イメージ 3

イメージ 4

 MSM-03。高水圧に対応した重装甲水陸機。
 より抜本的な「高深度水中戦闘」をこなせる機体としてツィマッド社により開発された。
 反応炉は水冷を取り入れ高出力化し、その設計は後にゲルググに活かされた。

武装命中
 メガ粒子砲……命中35-40

■さらにゴッグだ何ともないぜ
 やや特殊な移動2MS。第1-4クールを通して重用された。
 第5クールのカスタム編成導入により不要となり、最近では射撃機として活躍する。
 第7クールで高修理化し寿命は更に短くなってしまったが、性能は強化されNPCとして脅威が高まった。

 搭載15かつ射程3限定ながら、ジムスナイパー以上の威力命中頑健さ誇る事から
 通常~前線トライ部隊でも姿を見ることが出来る。

3.ザクキャノン

イメージ 5

イメージ 6

 MS-06K(試作段階ではMS-06J-12)。
 対空用に試作された砲撃機。設計中にガンキャノンの情報を得た事から支援砲撃機として見直された。
 ニュータイプと噂された「イアン・グレーデン」中尉らの機体として有名。

■推定命中
 ビッグガン……命中23-28
 キャノン砲……命中30-30

■ジオン版支援MS
 ジオン版ジムキャノンだったが、第7期で修正され高修理MSとなった。
 プロトグフより搭載1軽いが命中9点も高く威力も同点。移動2だが第1週公国射撃では最強レベルであり
 威力と命中だけなら技術6のドム・トローペン(リックⅡ)とほぼ同等の数字を持つ為
 MPが重点開発する姿も見られる。

 高修理化によりVP利用は殆どなくなったが、同時期の荒地競合の多さもあってMPに散見される他
 レベルアップ狙いで通常~前線移動する部隊にも姿を見ることが出来る。
 重修理機としては移動2がネック。

3.ザクレロ/制限機

イメージ 7

イメージ 8

 MA-04X。黎明期の試作モビルアーマー
 ビグロと競作されたが、メーカーの不手際による出力不足が判明し採用は見送られた。
 実験機はそのまま武装のテストヘッドに用いられたが、パイロットの独断出撃により全損している。

■推定命中
 拡散ビーム砲   ……命中40-45
 ミサイルランチャ…命中36-31

■レベル上げ向け
 第3期実装。プロトグフを上回る回避に制限機のタフネスを備えた宇宙用機体。
 盾は無いが装甲とHPが高く、地形補正と回避機動により回避性能もそれなりに高く遠射撃も持つ。
 遠射撃としては実弾がネックなものの、宇宙補正・射程・移動の利点でゾックにも劣らない。

 その性能から第2週でのレベルアップ狙いや、高難度任務部隊に愛用される。
 大規模に使えないのが最大の難点か。

■+機体
 第2週TMP機体。回避機動と地形補正でゲルググ初期生産型並みの回避と、無類の耐久性を誇る。
 射撃能力も「搭載16だけど、搭載17のビグロ並み」だが、実弾なのでそこはちょっと残念なところか。
 第3週ではリックドム☆を率いる部隊長としてVP上位に姿が見られた。

3.ゾック

イメージ 9

イメージ 10

 MSN-10。公国軍の最後期水中用MS。
 MAに至る過渡期の機体で、戦闘艦を個人用に縮小したような機能を持つ。
 本来は艦砲であるメガ粒子砲を内蔵し、その稼動と保護に特化した移動砲台的な機体。

■推定命中
 メガ粒子砲……命中31-36-35

■任務と大規模に欠かせない重火力機
 公国軍初の制限機にして、第2-3週の主力射撃機。
 射程は短いものの威力命中共に高く、火力・高HP重装甲を利して敵を踏み潰す駆逐機体。

 改訂を重ねた結果、プロトガンダムとの性能関係がほとんど逆転し
 更に高レベルパーツ普及と☆機解禁で「基礎値が高い」という制限機の強みがやや弱くなっているが
 安定した射撃性能と耐久性は相変わらずで、公国軍の主力として活躍し続ける。

■+機体
 第2週TMP褒章機として配布。
 グフカスタムの市販が始まっており、壁・射撃のコンビで見かけるようになる。
 射程は短いが攻撃能力はほぼビグロ同等にまで高められた。

3.ヅダ

イメージ 11

イメージ 12

 EMS-10.欠陥機EMS-04の改良機。
 連邦のMS生産開始に際し、「従来の公国機を遥かに上回る」機体として喧伝されたモビルスーツ
 しかし実態は制御に欠陥を抱え空中分解事故を起こしうる「EMS-04」そのものに過ぎず
 プロパガンダ用のゴーストファイターだったとされる。

武装命中(推定)
 ザク・マシンガン……命中32-37
 ザク・バズーカ……命中30-25

■宇宙VP主力機
 第1週後半限定で活躍するハイコストモビルスーツ
 プロトグフと同修理・同搭載を持ち、更に回避4点も上回る高回避を誇るモビルスーツ
 代わりに装甲が低く固定盾など耐久面が低い、VP的な機体。

 高修理ながらレベル次第では通常以上に耐えうる性能を持つのか
 第1週ではVPの上位2番手として活躍し、第3週でも通常VPの壁機体として姿が見られた。
 勿論MPやレベル上げでは以後も活用できる。

 射撃機としてはプロトグフより命中+4も高く、ザクキャノンとの命中差は-5低いに留まる。
 移動も考慮すれば第一週の任務射撃には最適なのかもしれない。
※しかし支援は集まりにくく、大規模にも使えない。

3.宇宙用高機動試験型ザク

イメージ 13

イメージ 14

 MS-06RD-4。大戦末期の実験機。
 諸説あるが、リックドム高機動型ザクⅡとの脚部比較実験機との説が有力。
 搭乗者の名前から「アイナザク」とも呼ばれる。

武装命中(推定)
 ザクマシンガン……命中33-38
 ザク・バズーカ……命中31-26

■宇宙における中級一般機
 低搭載低修理な分脆いが、回避と命中に長けた宇宙戦闘用モビルスーツ
 ヅダ実装後は影が薄くなったが、相変わらず宇宙でのレベル上げ部隊などに姿が見られる。
 修理はかかるが移動と命中に優れるので「対NPC」が厳しい当面の間は使いどころがあるらしい。

 以前はVPランキング上位にも良く見られたが今期はあまり見かけなくなった。