GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ネオ・ジオン軍 技術Lv12(第6期)

 第1-5クール時のデータはこちら

技術レベル12/第10作戦 グリプス宙域攻防戦終了後に上昇

■第10週グリプスⅡ終了後(70日目)技術12に上昇。全機体通常開発可能となる。
 ガ・ゾウムMS   ……搭載18、9800/11300
 ガ・ゾウムMA(可変)
キュベレイMk-Ⅱ……搭載21、28100(制限機)
 ザクⅢ      ……搭載20、11000/12700

■第11週地球降下作戦TMP褒章機
 キュベレイMk-Ⅱ+

ネオ・ジオン技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第5クール時の記事はこちら

12.ガ・ゾウム

イメージ 1

イメージ 2

 AMX-008。ガザ系最後発のモビルスーツ
 MSとしての機能を重視し、ガザ系の運動性能・取り回しを徹底改修して再設計されている。
 もはや「ガザ系流用の新型機」と呼んだ方がよい程に一新され、小隊長クラスを中心に配備された。

武装命中(推定)
 ハイパー・ナックル・バスター……命中52-56
 ミサイル・ランチャー……命中47-47

■移動2修理36の最高峰
 移動2MS最後発に属する高性能機。
 それだけでは扱いにくいが、可変すれば移動4になるので扱う上での困難はない。
 カスタムフォーメーション導入により、このクラスの移動2MSは決して重要な機体ではなくなったが
 相変わらず他に類を見ない機体であることは間違いない。

■非カスタムフォーメーションと好相性
 移動2は敵との接触が遅いので、距離2を最優先する中距離命中重視と相性がよく
 これがほぼ確実に含まれる非カスタム5機編成と相性がよい。一時は両陣営必須機体として君臨したが
 カスタム編成の実装、流行により姿を見かけなくなった。

12.ガ・ゾウム(MA)

イメージ 3

イメージ 4

 AMX-008。ガ・ゾウムモビルアーマー形態。
 ガザCやDと違いクローアームを持たず、宇宙戦闘艇に近い構成となった。
 ちなみに兄弟機のガザEはMA形態が重視され、大気圏内用サブフライトシステムとして機能する。
 
武装命中(推定)
 ハイパー・ナックル・バスター……命中52-57
 ミサイル・ランチャー……命中48-48

■修理36随一の機動力
 最後発の修理36搭載18MS。
 修理36ながら移動4かつ足が早いなど可変MAの特徴を有し、搭載も割合軽く扱い易い。
 射撃も実弾ながら*3射撃なので命中期待値が低くなく、軽修理ながらガブスレイ級の性能を持つ。

 基本的に連邦の百式量産より射撃性能に優れ、☆機が市販となった第5期は需要が減ったが
 第6期改定で「☆とノーマルで修理7差」が適用され再び両軍必須となった。
 第3期実装以来、3・4・6期と連邦プレイヤーを悩ませ続ける。

12.キュベレイMk-Ⅱ

イメージ 5

イメージ 6

 AMX-004-2。マイナーチェンジされたキュベレイの2号機。
 腕部サーベルの形状変更など、マイナーチェンジに留まっている。
 続く3号機(プルツー専用機)では、サイコ・ガンダムに近い簡易遠隔操作機能も付与された。

武装命中(推定)
 ビーム・ガン……命中56-61-16
 ファンネル  ……命中58-63-63-63

■搭載21のハイエンド
 改良型キュベレイ。と言っても元スペックが破格な上に地味かつ強力な修正が実施されており
 ジ・Oを上回る壁性能と、ZのAPメガランチャーを完全上位互換する新ファンネルを持ち
 本作の市販搭載21では最強クラスに位置する性能を与えられた。
※S盾ZZと回避機動キュベレイⅡでは回避差は実に+9。
 実にギャンとガーベラほども違う(回避差10)。

 通常武装も驚異的で「性能をアップさせつつ」「距離3を明表示へ(暗表示より命中+5)」と
 陰に日向に性能が向上し、キュベレイⅠのファンネル(命中61明)と同命中に。
 命中だけなら常時ファンネル連射にも等しい数値を得た。

 射程4かつパーツ2個装着でより高い最大値を引き出せる量産キュベレイ☆に対し
 こちらは基本値が高くより安定した性能を持つ。

■+機体
 第11週終了後配布。Rジャジャ+回避71に基礎値は劣るも、NT補正で同等級回避。
 HPや装甲でも上回ることから信頼性の高い回避機動壁として重用され、第12週の大規模で活躍した。
 射撃としても抜群ながら、同時期にサザビー級に評価されるヤクト・ドーガ☆がいるので
 主に壁として用いられていたようだ。 

12.ザクⅢ

イメージ 7

イメージ 8

 AMX-011。アクシズが開発したザク系の最終型。
 連邦のハイザックに刺激を受け「正当なザクの後継機」として誕生。
 汎用性に優れるも高出力・高性能化傾向にあり、「数」のガザ系を率いる「質」の主力と目されたが
 より火力・推力に勝るドーベン・ウルフにその座を奪われ、制式採用は見送られた。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフレ……命中56-56
 ビーム・キャノン……命中53-53

■切り払い×の修理36射撃
 第5期で性能改定され、ガ・ゾウムとは異なる方向性で最終週まで通じる機体になった。
 オーソドックスな修理36で切り払い×距離4が最大の特徴。最軽量修理ながら安定した命中を持ち
 ギラ・ドーガ☆(搭載20)やZプラスC型☆(搭載21)を弱壁にできる搭載も手伝い
 VP部隊が終戦まで愛用した。

 ギラ・ドーガ☆の射撃は威力68*3命中56切払い○なので
 ザクⅢは威力+6命中-3切払い×と、威力で上回り切払い影響を受けないので命中でも伍する。
 純粋な射撃性能だけなら互角以上として高い評価を得た。

■鹵獲機も人気
 連邦でも「ジェガン☆(搭載20)を弱壁に出来る」「切り払い×の距離4持ち」として
 強集中・弱集中問わずVPに終戦まで愛用された。しかし鹵獲解禁当初は搭載の高さから普及しにくく
 MPプレイヤーに「ハズレ鹵獲機」と断じられるケースもあった。