GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv9(第6期)

 第1-5クール時のデータはこちら

技術Lv9/第7 グリプス作戦終了後に上昇

■第6週「星の屑」終了後(42日目)、百式以外は先行開発が可能となる。
 ガンダムMk-Ⅲ……搭載19-20、9700/11200
 ディジェ  ……搭載17-18、8300/9500
百式   ……搭載17、19600(制限機)


■第8週地上掃討作戦TMP褒章機
 1-10位……百式+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

9.ガンダムMk-Ⅲ

イメージ 1

イメージ 2

 形式番号MSF-007。同名機の代表として知られる機体。
 強奪したMk-Ⅱを研究し、性能と量産性の向上両立を図った次世代モビルスーツの雛形。
 進行中のZ計画のノウハウを反映し、AMBACと推進器を兼ねるバインダー等AE社らしい特徴が見られる他
 ZZやSガンダムで採用される背部ビーム砲も装備している。

■推定命中
 ビーム・ライフル  ……命中47-52
 連装ビームキャノン……命中47-42

■遠近両用のエゥーゴ主力機
 一般機ながら☆なら制限機GP-01に匹敵するHP回避装甲を有し、射撃面においても優れた主力機。
 ランキング狙いを意識するにせよしないにせよまず作っておいて損はなく
 ランキングを意識しないなら第9週終了まで主力として使えるので
 最優先で確保しておきたい。
※第10週宇宙週では文句なしにZプラスC型が上位互換となる。
 
 制限機のGP-01(搭載19HP276回避56装甲28地上/宇宙)に近い性能を持ち
 地形補正こそ得られず装甲も低いものの、☆機市販も手伝って多数が壁に採用していたようだ。
 突き詰めていくにはやや高い修理がネックになる。

■ビーム・キャノン
 性能だけならティターンズハンブラビアクシズのバウに伍する「遠射撃切り払い×高搭載機」。
 ロールアウトが早く搭載も軽いので性能もそれなりになっているものの
 逆に言えば扱い易く長寿命。搭載80で四機編成を組む事が出来る。
 前主力機スナイパーⅡ☆比で威力+9命中+4も向上する。

 旧連邦制限機どころではなく、☆機なら旧ジオン系のエルメスヴァル・ヴァロともタメ張る性能。
 地形補正を除けばヴァル・ヴァロと同等の命中を持ち、威力的にも制限機に匹敵する。
ヴァルヴァロ威力75*3距離4命中42宇宙補正。

9.ディジェ

イメージ 3

イメージ 4

 MSK-008。カラバが用意したワンオフ機。
 地上戦用に調整すると共に外装換装したので外観は全く異なるが、基本的にリックディアスそのもの。
 その意図は様々に取り沙汰されるが、アムロ・レイの乗機としてグリプス戦役で活躍した。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中47-52
 クレイ・バズーカ……命中45-45

■最前線で多用される
 壁としての性能はそこそこながら修理もそこそこ。
 パッと見はマークⅡ比で「回避+2/HP-9/装甲-1/盾装甲±0/S盾」など回避以外は全般に劣るが
 修理14も軽く、更に平地なら地形補正によりマークⅡ比で回避+5/遠命中+6など
 S盾以外は全般に優れた性能を有する搭載17地上戦MS。

 基本的に不要な機体だが、VPとしてレベルアップを図るなら候補として考慮した機体。
 修理そこそこの射撃能力に期待できる他、部隊によっては第8週辺りからは最前線壁として通用する。
 ただ十分なレベルと貴重なパーツが必須となるので門は非常に狭い。

9.百式

イメージ 5

イメージ 6

 MSN-00100。Z計画実験機「デルタ・ガンダム」が原型。
 推進器を内蔵、自在可動で機体重心を操るフレキシブル・バインダーを有する。
 ビーム兵器一般化での「被弾、即撃墜」に対し、徹底的な機動性向上を図って対応した高機動戦機体。
 搭乗者に恵まれたこともあり、実験機ながら第2世代MSの頂点とも称された。
 
武装命中
 ビーム・ライフル……命中53-58
 クレイ・バズーカ……命中49-49

■割に合わない脆さがネック
 制限機の割に軽修理、かつ回避に優れたVP的な機種。
 問題は「装甲24」と一般機並みに脆い事で、修理的に「最前線でないと元が取れない」割に
 脆弱で「最前線にはやや厳しい」傾向なのか、☆機市販で回避アドバンテージも下がった事もあり
 大規模以外ではあまり見かけなくなった。

■VP上から採用か
 VP上から回避機動スキルをセットしている隊長が多いので大規模予選では割と見かける。
 第6期では、第5期のように「強集中・弱集中同時に出現」するケースはさすがに無くなったらしいので
 個人的にはVP的に活躍する余地はあるような気もするが、上位には見られなかった。

 搭載17修理119と考えれば十分高性能な部類だと考えられるが
 同搭載同技術に、回避62+NT3、装甲27のアクトザクがいると思うとやはり少々物足りないのだろうか。

百式+
 第8週TMP褒章機として1-10、1-30、1-100位に配布された。
 回避+4と大幅に向上し、最前線に余裕をもって対応できる性能となった。
 しかし同期に修理52のZプラス☆が実装され、修理とHP上の問題か現時点でのVP対応は微妙。
 弱集中に関しても、Zプラスの上を行くならサイコフレーム必須ではないだろうか。