GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv8(第6期)

 第1-5クール時のデータはこちら

技術Lv8/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇

■第6週「星の屑」終了後(42日目)、通常開発が可能となる。
 ガンダムMarkⅡ……搭載17-18、8500/9700
 ネモ       ……搭載14-15、5300/6100
 メタスMS     ……搭載15-16、5900/6800
 メタスMA(可変)
 エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第5クール時の記事はこちら

■第7週 エゥーゴ討伐作戦TMP褒章機
 1-10位……ガンダムMk-Ⅱ+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

8.ガンダムMarkⅡ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 RX-179。ティターンズが開発した連邦主力機候補。
 連邦軍グリプス工廠が開発を担当し、RX-78のコンセプトを継いで設計された。
 以後華々しくも恐竜的進化を遂げてゆく0087年代機に比してシンプルな機体であり
 旧型扱いされる事もあったが、MS本来の白兵戦闘力に長けた事で終戦まで戦い抜いてゆく事となる。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中46-51
 ハイパーバズーカ……命中42-42

グリプス世代の代表格だった名機
 搭載17以下の一般機として壁でも射撃でも高いバランスを持つ。
 修理が高いものの回避・装甲・盾がバランスよく強力なので、四機編成部隊の低壁などに活躍する他
 時代移行直後ではトップレベルの射撃機なので多数が生産される。
 時代移行直後から生産可能なのが一番の利点かもしれない。

 性能的に技術9先行機のガンダムMk-Ⅲに敵わず「完成までの場つなぎ」的な評価。
 壁としては回避と修理、射撃機としては「実弾」扱いなのがネックで、軽修理を突き詰める前線VPでも
 性能重視の最前線VPやMPでもイマイチ使いどころに欠ける。
 性能的に中途半端で改訂が待たれる。

■第7週TMP褒章機
 +版が1-10、1-30、1-100位全チームに配布。
 原型比で搭載+1稼動+2修理+75、HP+83装甲+4先制+3回避+8など制限機相当にバージョンアップ。
 壁性能限定で「GP-01+やZに劣るも匹敵するレベル」で、搭載18と性能比が良好。
 修理は高いが、最前線での強集中・弱集中どちらにも対応しやすい。
 VPになるかはともかく最悪でも経験値稼ぎは狙える。

8.ネモ

イメージ 4

イメージ 5

 MSA-003。ジムを参考に開発されたエゥーゴ主力の第2世代機。
 Z計画を反映した普及機で、GM系らしい設計上の余裕か多数のバリエーションを生んだが
 第2世代要件によりジムⅢ程のコストパフォーマンスは得られず、エゥーゴ解体後は生産を終了した。

武装命中
 ビームライフル……命中45-50-45

■ジムⅡ上位互換
 性能的にはほぼジムⅡの搭載増加強化版。
 軽い搭載にそこそこの性能の回避・装甲・L盾を併せ持つ無難な性能。
 第二世代MS扱いはゲーム内では看板倒れになっており、装甲も回避もジムⅡと殆ど変わらない。
 遠射撃性能も低く、ジムⅡ、ガンダムMk-Ⅱと共に主に低壁に用いられる。
 弱集中対応壁になりうるが、メタスほどの戦果は狙えそうにない。

 これといった売りが弱い不人気機種で、その傾向は1クール目からずっと続いている。
 射程を4に伸ばすなどテコ入れをしても良いと思うが。初代ジム共々放置されっぱなしの不遇の機体。

8.メタス/MS

イメージ 6

イメージ 7

 編成時「変形」ボタンを押すことでMA形態で編成することが可能。

 MSA-005。次世代MS開発計画「Z計画」における可変機構実験機。
 機構実験機として開発に供された後、エゥーゴの戦力不足を補うべく実戦に投入された。
 巡航能力に優れ多目的に使えたことで現場では重宝されたが、機体性能自体は同世代の水準を下回る。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■抜群の回避を有するVP主力壁
 第4期で性能修正され、第5期の☆市販修正で実用機に昇格した。
 ハンブラビ級(回避58)を上回る回避と修理43を活かし、部隊長壁としてVP部隊の中核となる。
 MS形態は移動2なので普通はMA採用率が高いが、第6期ではMS壁も流行した。

 メタス☆壁(搭載16)とリックディアスノーマル*4で組むのが第7週前線組のセオリー。

8.メタス/MA

イメージ 8

イメージ 9

 メタス(MS)を開発・購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 MSA-005。各部をロックし推力を背部に集約した巡航形態。
 利点は直線推力・速力が向上する事で、単体で前線に移動するだけの「展開能力」に優れる。
 可変機構の生産・整備性は良好で、Z量産に際してZ-MS形態のフレームと本可変構造が参考にされた。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■前線VPの主力壁
 回避低下、しかし地形「宇宙」で地形補正を得られる(最終回避命中+3程度)。
 移動が長く「敵NPCと隣接しやすい」事から扱い易く、MS形態以上に普及しているVP御用達の形態。
 いまだ最前線が厳しい第7週で。前線VP主力壁として活躍する。

 耐久面は不安ながら、解禁機体では最も回避が高く修理が軽いのでVP向き。
 VP総合を無視するなら本機自体も無視して構わない。