GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

連邦軍 技術Lv2(第6期)

 第1-5クール時のデータはこちら

技術Lv2/開戦時

■開戦時(1日目)から全機通常開発可能。
 ガンキャノン  …5600/☆6500(1500/550)
 ガンタンク    …4100/☆4700(1350/500)
 ボール      …2100/☆2400(900/300)
 陸戦型ガンダム …5400/☆6200(1150/400)
 陸戦型ジム    ……4200/☆4800(1050/350)

■第1作戦(北米)褒章機
 TMP1-10位……陸戦型ガンダム+(制限機扱い)
 TMP1-30位……陸戦型ガンダム+(制限機扱い)
 TMP1-100位……ガンキャノン+(制限機扱い)

連邦軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第5クール時の本記事はこちら。

2.ガンキャノン

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 開発基本:1500
 改良基本:550
 61式戦車開発済みのため開発改良基本-10%
 本機開発済みの場合、3ジムキャノン開発改良時に基本25%off。
 第1週終了後、TMP褒章機として+機が配布される。

 形式番号RX-77-2。V作戦における中距離支援用MS。
 粒子下での有視界戦闘を意識し白兵戦用のガンダムと並行して開発された。
 白兵戦集団のやや後方で運用し、ガンタンク以上に精密な支援砲撃を行うべく設計された。
 反面で射撃時にやや無防備となるので、ガンダム同等の装甲で機体本体に更なる重装甲化を施している。

■武器命中(推定)
 ビームライフル……命中32-37(+機は命中45-45)
 キャノン砲   ……命中30-25(+機は命中38-33)

■開戦時の最強射撃機
 優秀な中距離、遠距離射撃武器を装備した高搭載射撃機。
 開発費と修理が非常に高いが、相応の性能からMPと総合向けで人気の機体となる。
 命中率ではジムスナイパーに大きく劣るものの相応に高い攻撃力を有するので後方やB以下で優秀。
 通常以上では命中率の確保に苦戦する。

 第1週終了後に解禁されるGファイターに命中4と移動で劣るが
 Gファイターにそれほどの価値を見出さないなら、そのままガンキャノンでも充分に実用に耐え得る。
 第2週終了後に解禁される「ジムSC、ジムスナイパーⅡ」まで有用な機体。
※通常戦線ではGファイターの方が使い勝手が上。

 壁・射撃兼任な陸ガンほどの重要性はないものの、平地で「威力+5/命中-2」と上位互換に相当。
 ☆なら更に命中が1伸びるオマケ付きなので作るなら☆まで作ってしまいたい。

■+版は「小型FAガンダム」級
 第1週TMP1-100位チームに配布。
 回避機動壁としてプロトガンダムに近い壁性能を有する。
 ただし回避機動込みでも回避+2程度しか違わないので、盾がないぶん通常戦線では厳しい。
 HPと装甲の厚さ、搭載17な点などが利点。

 遠射撃性能は「フルアーマーガンダム比で搭載-1威力-2命中-1」と匹敵するレベル。
 市販品なら技術6にも相当する性能を持ち、実弾である点を差し引いても破格の戦闘能力を有するが
 それでも「実弾」の一点で評価は大きく差し引かれてしまう。

2.ガンタンク

イメージ 4

イメージ 5

■開発基本:1350
 改良基本:500
 本機を開発済みの場合、4.Gファイター開発改良時に基本P-10%

 RX-75。V作戦で試作された連邦軍初のRXモビルスーツ
 次期候補として開発中だった試作車輌「RTX-44」をベースにした事で短期間で完成した。
 見ての通りMSとは言いがたい機体なものの、遠距離射撃という点においては一年戦争機体でも群を抜き
 かのアムロ・レイ搭乗に際しては単機で鉱山基地を活動不能に陥れたという逸話も残している。

■推定命中
 ボップ・ミサイル……命中30-35
 キャノン砲     ……命中30-25

■時代に取り残された移動2重修理機
 搭載の割に高い射撃性能と開発費の安さが利点。
 5機編成時の中距離(3番機)向け。

 四機編成向けの高修理機でもあるが、移動能力が低く射撃性能もそこそこ。
 野戦に用いるには修理がネックとなり、修理を乗り越える射撃性能も期待できないなど利点が弱く
 補給・開発に困る時期の機体としてはセールスポイントが極端に低くなっている。
 ジム共々「開戦時から開発済み」にしてもいいくらいの不人気さで
 TV原作に登場した機体ながら極端に人気が無い残念なMS。

 その割に新規作成部隊の初期配置や任務支援NPCに含まれるなど
 運営は積極的に使用しているのだからよくわからない。

2.ボール

イメージ 6

イメージ 7

■開発基本:900
 改良基本:300
 開戦時から開発改良基本-25%適用済み。

 RB-79。支援砲撃機として開発された簡易機動兵器。
 先行機の果果しくないデータから、対MS白兵戦をジム部隊に任せる事を前提に集団砲撃に徹する。
 その外観から現場では「棺桶」等と称されたものの、後のガザCやジムⅢに見られたように
 砲撃重視の機体を大量生産する手法自体は有効なものとして評価されたようだ。

■推定命中
 キャノン砲…命中20-20-29-24

■ザクⅠ上位互換機体?
 先行量産型ボールと同様、第5期で射程1武器が追加。
 宇宙版のやや頑丈な戦車と言った特徴を持ち、上位互換機種として扱われる。
 残念ながらゴッグの特性は持たない。

 その特徴は先行機と同様で、低先制、低搭載(低HP)など壁的な運用が期待される。
 カスタム編成にも適した囮機体として終戦間際まで活躍した。

 性能上は「同搭載、移動2」など多くの点でザクⅠの互換機体。
 ☆同士を比較すると、基本性能は「HP+24装甲-1先制-2回避-13地形補正」など甲乙付けがたいが
 ザクⅠは地上で使える上に回避が若干高く、ボールは修理が3も安い。
 その為かジオンでもボールが重宝される傾向があるようだ。

2.陸戦型ガンダム

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

■基本開発:1150。
 基本改良:400
 開戦時から1035で開発可能。
 開発済みなら3.プロトタイプガンダム開発時に基本ポイント-10%。4.Ez08開発時に基本P-25%

 RX-79[G]。本生産に先駆けて配備されたモビルスーツ
 モビルスーツの早期配備を望む声の高まりから、データ取りをかねて半実験機として少数配備された。
 既に完成済みの試作機「ガンダム」を地上専用に機能限定してコストダウンした機体であり
 装甲材や頭部形状など、構造的にも外観面でもガンダムに近い。

武装命中
 マシンガン      …命中31-36
 ロケットランチャー…命中29-24

■最優先開発機体
 ☆含め、連邦側の最優先開発対象機体。
 開発1035と破格の高値なものの、壁・射撃どちらでもハイレベルなので使い潰せる。
 第6クールで開発改良費が減額され☆機まで作ってしまう人が増え、ノーマル取引値は減額中。

 やや修理が高いので、VPなら寒冷ジム☆等への乗換えが必要となるものの
 順位を気にしないなら第1週は本機を☆まで作ってしまえばそれだけで野戦も任務も上位でこなせる。
 第1週で解禁される技術1-3の機体では間違いなく最も重要なモビルスーツ
 順位に拘るのでなければ第2週終了まで通用する。

■+版はG-3級(ただしS盾)
 第1週のTMP褒賞として1-10位と1-30位に計40機が配布。
 回避やHPなど基本的な数値だけなら、平地限定でG-3ガンダムに迫るハイレベルな性能を有する。
 G-3比は「搭載-1HP+18装甲-2回避-1」等で、同時期市販のプロトガンダムを凌駕する。

 問題は「装甲-2とS盾」で耐久性が大きく下がる事。特に同時期は回避が厳しいので大きく響く。
 特にS盾の半端さが大きく評価を損なっていると言えるだろう。

2.陸戦型ジム

イメージ 11

イメージ 12

■開発基本:1050
 改良基本:350
 本機開発済みなら3ジムスナイパー開発時に基本-25%。及び3ジム寒冷地の基本ポイント-10%。

 RGM-79[G]。連邦軍が大戦時に少数配備したMS。
 陸戦型ガンダムの生産終了に伴い、その生産ラインを流用すべく開発された。
 開発に当たってはジャブローで設計進行中の「ジム」の設計を取り入れてコストダウンを図っているが
 設計の大幅改変がないぶん性能とコストが高く、ジムの完成に伴い生産終了した。

武装命中推定
 マシンガン……命中31-36
 ランチャー……命中29-24

■小さな陸戦型ガンダム
 陸戦型ガンダムの小型版とも呼ぶべき機体。
 搭載が2点軽い分、あらゆるスペックが陸戦型ガンダムより一回り低い万能型MS。
 同様に壁にも射撃にも使えるがスペックはやや低く、尉官や五機編成向けの機体となっている。
 弱狙い対策も含め優秀な機体で、戦車などの「数合わせ」なしで編成できるのが利点。

 問題はスペック自体が陸ガンに劣る事と、開発・修理の高さ。
 決して使えない機体ではないものの開発費が厳しい時期の登場なので影が薄い。
 ただ開発者が少ない上に元値が安いので、マーケットで売り抜ける場合は利鞘がやや大きくなる事も?