GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ネオ・ジオン軍 技術Lv12(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術レベル12/第10作戦 グリプス宙域攻防戦終了後に上昇

■第10週グリプスⅡ終了後(70日目)技術12に上昇。全機体通常開発可能となる。
 ガ・ゾウムMS   ……9900/11900
 ガ・ゾウムMA(可変)
キュベレイMk-Ⅱ……30000(制限機)
 ザクⅢ      ……11200/13400※第5クール性能修正

■第11週地球降下作戦TMP褒章機
 キュベレイMk-Ⅱ+

ネオ・ジオン技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時の記事はこちら

12.ガ・ゾウム

イメージ 1

イメージ 2

 AMX-008。ガザ系の最上位に属するモビルスーツ
 アクシズ主生産機であるガザCを念頭に、その戦術的な穴を埋めるべく開発された。
 開発に当たってはガザCの多目的性を「中途半端」と置き換え、MSとしての特性が重視・強調された。

武装命中(推定)
 ハイパー・ナックル・バスター……命中52-56
 ミサイル・ランチャー……命中47-47

■移動2修理43の最高峰
 移動2MS最後発に属する高性能機。
 それだけでは扱いに困るが、本機は可変すれば移動4になるので非常に扱い易い。
 カスタムフォーメーション導入により、このクラスの移動2MSは決して重要な機体ではなくなったが
 相変わらず他に類を見ない機体であることは間違いない。
 ゴッグ挙動持ち。

 第5クールでは壁にも射撃にも基本的にMA形態一択。

■非カスタムフォーメーションと好相性
 移動2は敵との接触が遅いので、距離2を最優先する中距離命中重視と相性がよく
 これがほぼ確実に含まれる非カスタム5機編成と相性がよい。
 カスタム流行により姿を見かけなくなった形態。

12.ガ・ゾウム(MA)

イメージ 3

イメージ 4

 AMX-008。ガ・ゾウムモビルアーマー形態。
 ガザC、Dとの最大の違いはクローアームを持たない事で、より機動性を重視した設計となっている。
 生産数は少なく、ガザ系の熟練者や隊長機向けに一部が配備された。
 
武装命中(推定)
 ハイパー・ナックル・バスター……命中52-57
 ミサイル・ランチャー……命中48-48

■修理43随一の機動力
 最後発の修理43搭載18MS。
 修理43ながら移動4と足が早いなど可変MAの特徴を有し、搭載も割合軽く扱い易い。
 射撃も実弾ながら*3射撃なので命中期待値が低くないなど高性能。
 第4クールでは連邦ジオン問わずVP必須となった。

 ☆機実装でジオンではより使いやすくなった一方、連邦では使用者が激減。
 それでも他に代替の機かない機体なので鹵獲機は重宝する。
 鹵獲したら溶かさず売却か倉庫行きにしたい機体。

12.キュベレイMk-Ⅱ

イメージ 5

イメージ 6

 AMX-004-2。ネオ・ジオン軍人工NT兵士「プル」に用意されたMS。
 先行機を改良したマイナーチェンジ機。NTの感応波を利用した無線兵器「ファンネル」を活かしつつ
 原型機「エルメス」にはなかった白兵格闘戦能力を付加したモビルスーツ

武装命中(推定)
 ビーム・ガン……命中56-61-16
 ファンネル  ……命中58-63-63-63

■回避機動タイプのハイエンド
 キュベレイの性能向上機。単なるマイナーチェンジと思われがちだが元のスペックが破格なため
 回避機動の制限機としては両陣営通して最高の回避性能を有する。
 タフさと相まって大規模で活躍する機体。
※S盾ZZと回避機動キュベレイⅡなら回避差は実に+9。
 実にギャンとガーベラほども違う(回避差10)。

 旧クールではVP壁にもなったが、第5クールでは軽修理化が進み姿を見かけなくなった。
 例えば量産キュベレイ☆(回避61)でもパーツ1個差で更に高回避化する。

ネオジオン戦役版ファンネル
 ファンネルは性能を底上げしつつ「距離4も明るい=命中維持」というお約束もしっかり守られており
 一般的な「距離4が暗い=命中低下」機体に対し、更に命中+5されるボーナス付き。
 連邦系制限機で最も高命中なフルアーマーZZ(ap14特殊武装ハイメガ)比でも
 命中+6と大幅に上回る(ボールとジムSCでさえ実効命中+10差)。
 威力もZのハイメガ同等に引き上げられた。

 通常武装も相変わらず射程3だが、射程3が「明るく」なった。
 同搭載のジ・Oと比較し「威力同等/距離3命中+6」。キュベレイと比較しても威力+2/命中+7に上昇。
 有効射程が「明るい」だけで命中+5される上、数字自体も底上げしているので
 パッと見からは想像できないほど性能が底上げされている。

■量産キュベレイ☆の脅威
 それでも第5クールでは量産キュベレイ☆実装により若干霞んだ。
 量産キュベレイ☆のファンネルは威力77*3命中60で、威力8命中3劣っているものの
 ☆はAPパーツ2個付けが可能なので、既存ではありえないファンネル連射が可能になっているからだ。

12.ザクⅢ

イメージ 7

イメージ 8

 AMX-011。アクシズが開発したザク系の最終型。
 連邦機「ハイザック」に奪われたザクの名を取り戻すべく開発された。
 思想としては「数」を担うガザCに対する、「質」を担う中核、主力機体としての役割を持つ。
 性能・バランス共に良好だったもののドーベン・ウルフと完成時期が被り、制式採用は見送られた。
 
武装命中(推定)
 ビーム・ライフレ……命中56-56
 ビーム・キャノン……命中53-53

■切り払い×の修理43射撃
 第5クールで搭載が向上し性能が全般にアップ。
 搭載はバウと同じになり、搭載19の最後発修理43ギラ・ドーガをも凌駕する性能を得た。
 本来なら技術後発の効率優位でギラドーガ優位だったもの、技術12機体ながら対等以上に修正された。

 例えばギラ・ドーガ☆の射撃は威力68*3命中56切払い○なので
 ザクⅢは威力+6命中-3切払い×と、威力で上回り切払い影響を受けないので命中でも伍する。
 純粋な射撃性能だけなら互角以上と言えないだろうか。
※ただしギラ・ドーガはap8威力174*1命中58という規格外の一発武器を有するので
 平均攻撃力ならギラドーガの方が上かもしれないし、機体自体のHPや搭載なども当然考慮されるので
 どちらが勝っているとも断言しがたい。

 搭載こそ高いものの充分終戦まで通用しそうな高性能射撃機で
 特に弱集中出現時は4-5機編成射撃として活躍している。