GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv11(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術Lv11/第9 作戦終了後に上昇

■第8週ホンコン終了後(56日目)、フルアーマー百式改を除き「先行開発」が可能となる。
 ジムⅢ       ……7700/9200
※フルアーマー百式改……26300(制限機)
 リック・ディアスⅡ……8700/10400

■第10週グリプスⅡ争奪戦TMP褒章機
 1-10位……フルアーマー百式改+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時の記事はこちら

11.ジムⅢ

イメージ 1

イメージ 2

 RGM-86R。ジムⅡを本格改良した後継主力機。
 ガンダムMk-Ⅱのノウハウを活かして推力とセンサーを強化すると共に
 機体の各部に追加武装ラッチを設け、面制圧攻撃や中距離支援など中距離戦を中心に運用された。

■推定命中
 ビーム・ライフル……命中48-53
 大型ミサイル   ……命中41-41.

リックディアスと被る
 搭載15、L盾、射程2-4命中の高さ、修理43が利点。
 回避と装甲もそれなりなので同一機統一の編成にも用いられるが、基本的に射撃役が担当。
 修理43の軽搭載な射撃機と無難な性能。

 ネックは弱集中に引っかかり易い事で、他機に比べあまりランクボードに姿は見られない。
 修理43射撃機で搭載が似通ったリック・ディアスが配備済みなのもマイナス要件。
 積極的に用いるというより搭載不足を補う機体なのだろうか。

 最後発機体の割にあまり売りとなる性能がなくイマイチ魅力に欠ける。
 メタス☆と揃えての搭載16統一編成などが強力だが、登場時期を考えるとやや寒いとも言える。

11.フルアーマー百式

イメージ 3

イメージ 6

 FA-100S。百式改をベースにしたフルアーマー機。
 機動性に優れた百式改をベースに、火力と装甲の強化を目的に開発された増加装備。
 特徴的な「炸裂ボルト」とは要するに散弾で、高機動化が進んだ同世代MSへの対策として考案された。
 またコクピット周辺にはサイコⅡ同様のリフレクター・パネルを防御装備として搭載している。
 
■推定命中
 ビームライフル……55-60
 ビーム・カノン……55-55
 パージ後はビームカノンと炸裂ボルトが消失し「クレイ・バズーカ(射程3-4実弾)」が追加される。

■FAシステム搭載
 被弾時に一定確率でパージし、搭載19のまま百式改の機体性能・武装に差し戻される。
 命中・回避など機体性能はノーマル百式改より若干上?

■近・中・遠全般対応の万能型
 同世代機としてはやや回避が低いものの「回避機動とFAシステム」の取り合わせが強力。
 難点は搭載19の軽さと、パージでパージで搭載18の百式改並みに性能ダウンする事。
 パージ機能は利点ではあるものの、額面スペックを発揮しにくいのが問題。
 特に射撃武器が消失してしまうのは非常に困る。

 搭載19とスーパーガンダム☆と同搭載なのが一番の利点で、最前線VP壁としても投入されている。
 回避機動パイロットがそのまま乗り込めるので昨今の回避機動全盛に良く似合っており
 壁としては使い勝手がいいが、低搭載相応のスペックでやや物足りない。

■射撃性能
 通常距離4切り払い×武装を持つので遠距離にも有効なものの
 機体搭載が低いので、ビーム・キャノンが補助武器並み(Zやキュベレイビームライフル同程度)で
 しかも高狙いで被弾したら実弾のクレイ・バズーカに成り下がってしまう。
 搭載が許すなら特殊武器持ちのZガンダムの方が有効。

 現連邦系制限機唯一の「切り払い×射程4の通常武器」持ちなもののスペックに難あり。
 どちらかというとパージを活かせる壁役向きだが、最後発機体の割に売りが弱く残念な印象が強い。

11.リック・ディアス

イメージ 4

イメージ 5

 MSA-099-2。ディアス改とも呼ばれる。
 第二世代MSのエポックメイキングであるリック・ディアスを、開発以後に起きた急激な技術革新に
 合わせて全面改装した改良機。外的のみならず反応炉も別物に換装して内外共に一新。
 量産性を考慮したシュツルムディアスに対しより実験機的な性格を持つ。

武装命中(推定)
 2連装メガビームガン……命中49-54-49

■S盾に悩む新型
 エゥーゴ最後発の一般機。
 やや搭載が高く相応のスペックを有するものの、S盾と射程3で壁にも射撃にも半端。
 エゥーゴの一般機としては最高の回避を有するものの回避以外が搭載と修理相応で物足りない。
 回避と修理が一番の利点。

 VP機としてスーパーガンダムとセットでの運用や
 サイコフレーム必須ながらリックディアス☆との17揃えに向く。
 類似性能を持つティターンズのバーザムより回避機動スキル分だけ回避に劣るが
 搭載・HP・装甲・S盾と全面的に堅牢になった事で、よりVP壁に適した性能になっているようだ。
 第9週のエゥーゴ前線VP組隊長壁機として活躍する。

 距離3射撃運用も含めVP的な可能性を秘めた機体だが
 他陣営の最終機であるバウンドドックやバウ、ズサと比べると性能的に地味なのは否めない。
 VPと総合以外では評価しにくい機体だろうか。

 機体設定を考慮すると修理43スーパーガンダム百式を凌駕するアクトザク並みに謎のMSで
 酷な言い方をするなら「1技術遅れて登場する劣化ガルスJ」というスペック。
 なにか別の機体と取り違えてでもしまったのだろうか。