GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv10(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術Lv10/第8作戦終了後に上昇

■第7週ジャブロー降下終了後(49日目)、Zガンダム百式改以外は先行開発可能となる。
Zガンダム      ……26900(制限機)
ウェイブライダー(可変)
 スーパーガンダム……9800/11800
百式改        ……23000(制限機)
エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時の記事はこちら

■第9週アフリカ反攻作戦TMP褒章機
 1-10位……Zガンダム+
 1-30位……百式改+
 1-100位……Zガンダム+

10.Zガンダム

イメージ 1

イメージ 2

 MSZ-006。エゥーゴのオーダーでアナハイム社が開発した第三世代MS。
 次世代機計画「Z計画」を代表する機体の一つで、MSとしては破格の行動半径が特徴。
 MSとしても軽量な機体にMA級の反応炉を搭載し常軌を逸するレベルの出力対質量比を持つ。
 極めてピーキーな操縦バランスながら、傑出した性能と制御能力でグリプス戦役最高傑作と評された。

■推定武装命中
 ビーム・ライフル    ……命中52-57-52
 ハイ・メガランチャー……命中55-55-50

エゥーゴのフラッグシップ
 NT対応なので、NT覚醒搭乗で最終回避+3/先制+5となる。
 HP、回避、装甲、盾装甲、先制など、総合性能が極めて高い旗機。
 技術7以降の主力機「GP-01(平地)」比で、HP+24/回避+4/盾装甲+1/移動-1と遥かに凌駕する。
 可変で格闘装備と盾を失うので、壁MS、射撃はWR形態が基本。
 特に射撃面が充実しているのが嬉しい。

 MPと総合の壁に射撃に大活躍し、3機積みも多数が見られる。
 一方第5期エゥーゴは最前線難度が非常に高く、今期のVP機としての評価はイマイチだったようだ。

10.ウェイブライダー(Zガンダム/MA/制限機)

イメージ 3

イメージ 4

■基本開発×
 Zガンダム(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 MSZ-006。Zの巡航形態。
 推進器を背部に集中させた高速移動形態。
 単純な推力では後発の機体に劣るものの小回りの良さが良好で、汎用戦闘機としての性格も有する。

武装命中
 ビームガン      ……命中59-54
 ビームライフル  ……命中54-59-54
 ハイメガランチャ……命中57-57-52

■移動:万能
 珍しい「万能」移動かつ移動4の飛行形態。
 万能とは、基本的に「どの地形でも性能低下しない(暗礁宙域のみ性能低下)」という利点を持ち
 スペックアップ効果こそないがスペックダウンも殆ど起こさない。
 汎用の上位互換にあたる。

 第4クールで性能修正され「移動+1/先制+5/回避-3」となった。
 MS形態比で回避3下がる上、回避↑修正も得られないので回避機動機としてはやや微妙に。
 サーベルを持たないので切り払いもせず壁運用時の命中も低い。

 射撃機には「万能移動4」が大きな武器に。
 通常武器射程が短いのがネックだが、移動能力でカバーできるので射撃機として非常に優秀。
 通常・特殊共に距離3-4が暗く命中補正がやや低いのが残念。

 特に大規模任務やPC戦で遭遇する「キュベレイ」は額面の差を含め特殊武器命中で9点も劣るので
 盾と回避機動の差も手伝って命中・回避に苦労する事になる。

10.スーパーガンダム

イメージ 5

イメージ 6

 RX-178+FXA-05D。Gディフェンサーを装備したマークⅡ増加装備形態。
 ガンダムMk-Ⅱはスペック的によくまとまっていたものの、突出した機能を持たない機体だったので
 その性能を引き出し、更に簡易可変で第三世代機の運用性を与えるべく開発された。
 ある意味で「再利用可能BWS(リ・ガズィ外装)」とも言える装備。

武装命中
 ロング・ライフル……命中44-49-44
 ミサイル・ポッド……命中47-47-42

グリプス期ベストセラー射撃機
 修理43MSかつ搭載18、切り払い×通常武器持ちの極めて扱い易い量産射撃機。
 高修理ながらビーム一般機にガンダムMk-Ⅲが配備され、勝率重視PCにはやや縁が遠くなったものの
 修理の軽さと優れた性能でVPと総合狙いに相変わらず重要な機体。
 ゴッグ挙動持ち。
 
 回避はソコソコ止まりなものの頑丈・回避機動・修理43と要件豊富。
 特に第5期エゥーゴは強集中と弱集中が同時出現する等、同一機種を揃えた編成が有効になったので
 攻防に優れたスーパーガンダム☆で統一した4機編成がVPで大活躍したようだ。

 また、搭載16以上の修理43距離4射撃機を持たないティターンズでは編成上有望なので鹵獲機が貴重。
 一方アクシズでは第5期に修理43移動4パーツ2のズサ☆(搭載18)が実装されたので
 相場が大幅に下落したようだ。

スパガンとSガン
 スーパーガンダムなだけに略すとSガンダムになるが、第5クールでSガンダムが実装された為
 以後はトレードでネタになるのではないかと予想されるから困ったもの。
 ちなみにあちらはS=スペリオル(上位、高次)の意味を持つ。

10.百式

イメージ 7

イメージ 8

 MSR-100S百式をベースにした宇宙高機動戦闘用MS。
 グリプス戦役時にアナハイムが打ち出した「時代の推移にあわせた既存機種強化」計画に基く。
 Zガンダム等を参考に、機動性に優れた百式の機動性・運動性能を向上させた他
 新武装の追加も企図してオプションラッチを多数設置している。

■推定命中
 ビームライフル……命中54-59
 クレイバズーカ……命中52-52

■回避機動の雄
 盾スキルのZガンダムに対する回避機動スキル向け制限機。
 回避機動スキルを活かせるのが利点。ただ搭載が低く性能も応分に抑え目。
 射撃性能もイマイチなので、出来ればZを射撃に使えるように搭載を1点上げて欲しいところ。
 装甲がやたら薄い事を含めて性能改訂が待たれる。

 特に第5クールでは☆機が実装されたが、☆機はパーツ2個分で高回避なので
 制限機の利点である装甲が薄い百式系はなおさら使い勝手が悪く感じてしまうかもしれない。
 回避機動としてZと双璧をなす機体ながら搭載相応に性能が低く、総合的に物足りないのかやや不人気。

■対iフィールド
 射撃機としては実弾がネックで、搭載合わせ的な印象が強い。
 ただ第9週作戦競合と第10週作戦前競合では敵NPCiフィールド搭載のサイコ・ガンダムが出るので
 ピンポイントに射撃機として有望。

 百式及びフルアーマー百式改共々に性能修正が待たれる。