GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv8(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術Lv8/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇

■第6週「星の屑」終了後(42日目)、通常開発が可能となる。
 ガンダムMarkⅡ……9400/11300
 ネモ       ……6100/7300
 メタスMS     ……6600/7900
 メタスMA(可変)
 エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時の記事はこちら

■第7週 エゥーゴ討伐作戦TMP褒章機
 1-10位……ガンダムMk-Ⅱ+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

8.ガンダムMarkⅡ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 9

 RX-179。ガンダムという象徴を求め開発された連邦主力機候補。
 連邦軍グリプス工廠が開発を担当。政治的に有力なティターンズが主導した事もあり
 同じくソロモン工廠が担当するヘイズルタイプと違い、完全な新規設計機として設計・建造された。
 特にムーバブル・フレームの評価が高く、次世代MS開発に多大な影響を与えた。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中46-51
 ハイパーバズーカ……命中42-42

グリプス世代の代表格だった名機
 搭載17以下の一般機として壁でも射撃でも高いバランスを持つ。
 修理が高いものの回避・装甲・盾がバランスよく強力なので、四機編成部隊の低壁などに活躍する。
 時代移行直後から生産可能なのが一番の利点。

 修理面でVPと総合には敬遠されるものの第1-4クールを通して評価が高く
 鹵獲機を含めランキングに多数が並んでいたが、第5クールでの☆機市販とガンダムMk-Ⅲ登場により
 些か価値を減じてしまったようだ。

 実弾射撃故に評価が低く、また回避が低く盾付きと修理を払ってまでVP壁に投入するにも難しく
 いずれに使うにもやや性能が半端。性能改訂が待たれる。

8.ネモ

イメージ 3

イメージ 4

 MSA-003。ラテン語で「誰でもない」の……もとい汎用量産機。
 ジム系MSを参考に、社内の次世代機開発計画のノウハウと強奪したMk-Ⅱの設計を取り入れた量産機。
 本格的な第二世代MSの要件を満たしており、エゥーゴ主力機として高い基本性能を有する。
 ただ火力不足が指摘されており、以後はそちらの改良が進められた。

武装命中
 ビームライフル……命中45-50-45

■搭載14低壁
 性能的にはそのまんまジムⅡの搭載増加強化版。
 軽い搭載にそこそこの性能の回避・装甲・L盾を併せ持つ無難な性能。
 第二世代MS扱いはゲーム内では看板倒れになっており、装甲も回避もジムⅡと殆ど変わらない。
 遠射撃性能も低く、ジムⅡ、ガンダムMk-Ⅱと共に主に低壁に用いられる。

 修理が低く回避が高いので☆機が活躍するかとも考えられたが
 基礎回避55+地形補正+回避機動のメタスMAが相手とあっては流石に分が悪く採用例は少ない。
 これといった売りが弱く、ジムⅡ共々に枠が勿体無い機体。

■バリエーション・後継機
 主力機らしく、オプションパーツ装備型のネモ・カノンや発展型のネモ改、高機動型、Ⅱ、Ⅲ等等
 オプション装備型から新規設計型まで多数の派生機が存在する。
 特にネモⅢはGNO3の開発画面に名を連ねていた事で有名。

8.メタス/MS

イメージ 5

イメージ 6

 編成時「変形」ボタンを押すことでMA形態で編成することが可能。

 MSA-005。次世代MS開発計画「Z計画」における可変実験機。
 可変機構の実験機でありスペックは高くないが、エゥーゴの戦力不足を補うべく投入された。
 後に完成した「Z」と比べシンプルな可変機構を持ち、生産性とメンテナンス性で高い評価を得た。
 Zの量産計画が持ち上がった際には可変機構が参考にされている。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■抜群の回避を有する修理43壁
 第4クールで性能が修正され回避・装甲が向上。
 回避は制限機並みなので一部VPで使われるが、移動2を嫌って主にMA形態で多用される。
 MS形態の場合、比較的部下低壁向き。

8.メタス/MA

イメージ 7

イメージ 8

 メタス(MS)を開発・購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 MSA-005。関節をロックして剛性を上げ、推進力を背部に集中した巡航形態。
 逆に「推進力を色々な方向に向けられる」方が白兵戦がしやすく、その矛盾を解消すべく試作された。
 性能は低いものの多目的MSとして評価されZ計画の上で参考とされた。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■護衛フォメの修理43VP機
 宇宙機となり「宇宙」で地形補正を得られる(回避命中+3程度)。
 第4クールではフォーメーションとの組み合わせが良好な事から終盤VP必須機種に昇格したものの
 その点は第5クールではNPC側の調整とカスタム編成導入により
 そのままでは使えなくなってしまったようだ。

 第5クールでは☆機が市販化され、VP隊長機として活躍。
 基礎回避55、地形補正、回避機動に移動4とVP的な利点が多く装甲も標準並みと非常に有望で
 第7週後半の上位VP必須機種として活躍した。
※続く第8週では修理43スーパーガンダム☆*4編成が台頭し上位を奪われた。