GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv7(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術Lv7/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇済み

■第6週「星の屑」終了後(42日目)、半額での開発が可能となる。
 ジムⅡ        ……5400/6500
 リック・ディアス……7200/8600※第5クール性能修正
※時代移行後は技術8扱いでスタート。

 エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時のデータはこちら

7.ジムⅡ

イメージ 1

イメージ 2

 RGM-79R。UC0087年頃の連邦軍主力機。
 大戦時(0079)主力機の改修モデルで、既存機を改修する事で製造可能だったとされる。
 旧式化に伴い主力機の座をハイザックに譲るが、後に本格改修を受けてRGM-86RジムⅢに転用された。
 カタログスペックは高く、新規生産機なら第二世代MS級の性能を有したとする説もある。

武装命中
 ビームライフル……命中45-50-45

■修理43の高回避盾装備機
 搭載13ながら旧世代制限機をも上回る回避を持つ盾スキル壁。
 主に軽搭載な四機編成低壁に使われるが、マークⅡ以上の回避と修理43を武器に一部VPにも活躍する。
 特に☆機市販と弱集中狙いが登場した第4クールでは更に見かける機会が増えた。

 改善されたとはいえ「部下低壁の評価が低い」のは相変わらずなので
 直結する形で機体自体の評価も低くなっている。

 射程3射撃としても高い命中を持つものの、威力はまさかのゴッグ並みなので採用例は少ない。

7.リック・ディアス

イメージ 3

イメージ 4

 RMS-099。アナハイムの次世代実験機。開発コード「γガンダム」。
 開発コードのγは使用された新素材ガンダリウムγとZ(ζ)計画一番機を示すγの二重の意味を持つ。
 反政府組織エゥーゴでの運用が計画されていた事から、政府から凍結処分を受けたGPシリーズのノウハウが
 密かに反映されており、当時としては極めて高い高機動戦闘能力を有するに至っている。

武装命中
 ビームピストル……命中47-52
 クレイバズーカ……命中45-45

エゥーゴ有する次世代修理43主力機
 第5クールで修理43にカテゴリが移り全般に性能がダウン(命中は向上)。
 クレイ・バズーカの距離3と4が両方「明るい=距離4で命中減衰しない」のが特徴で
 実弾武装ながら「距離4で命中45(SCは距離4で命中37」という高次元な命中を備えた優秀な射撃MS。
 修理43と基本搭載16を活かしてVPの主力機種となった。

 エゥーゴではスーパーガンダム(技術10搭載18)とジムⅢ(技術11搭載15)しか射程4修理43がなかったので
 穴を埋める存在として非常に重要な機体。一方ジムキャノンⅡは価値を大幅に減じた。
 ガンダムMk-Ⅲと共に既存陣営機を一掃する役割を担う。

■搭載16統一編成
 第5クールのエゥーゴでは「弱集中狙い」「強集中狙い」が同時出現する荒れ模様となり
 搭載を一律(或いは隊長のみ異なる)にした編成が流行。本機はその風潮にマッチした性能を持っており
 ノーマル☆機問わず活躍した。
グリプス世代搭載16修理43射程4が無いティターンズでは鹵獲機も活躍した。

 原作で活躍するもGNO的には使いにくく、第5クール目にして改訂され普及機になったという意味で
 ティターンズアッシマーとよく似た立ち位置の機体。