GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv11(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術Lv11/第9 作戦終了後に上昇

■第8週ホンコン終了後(56日目)、ジ・Oを除き先行開発が可能となる。
※ジ・O       ……28000(開発2650/制限機)
 バウンド・ドック……13300/160000(開発2050/改良1075)。
 バウンド・ドックMA

■第10週グリプスⅡ争奪戦TMP褒章機
 1-10位……ジ・O+
 1-30位……同上
 1-100位……同上

ティターンズ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時の記事はこちら

11.ジ・O

イメージ 1

イメージ 6

■基本開発:2650
 9.メッサーラを開発済みなら開発基本P-25%
 または10.ハンブラビを開発済みの場合、開発基本P-10%(両機開発済みなら-35%)。

 PMX-003。パプテマス・シロッコが自らの専用機として開発したハンドメイド機。
 全身に大出力スラスターであらゆる方向に対し高い推力を示す機動性の高さが特徴。
 操縦者の意図に瞬敏かつ明確に応える事を重視し、宇宙白兵戦において無類の強さを発揮する。

武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中55-60-55

■連邦系回避機動制限の最高峰
 覚醒済みNTが搭乗した場合「回避+3/先制+5」。
 回避67+回避機動スキルにより、制限機ではグリプス戦役時最高の回避を発揮する。
 GP-01(平地回避59)比で回避+8αにも達する回避が魅力で、かつHPや搭載が高く安定感がある。
 ノーマル機でも最大回避76を発揮する(バウンドドックMA☆は最大77+宇宙補正)。

 第4クールでは第10週最前線VP壁として大きな活躍をしたが、☆機市販となった第5期は期待薄?
 ただ第10週はNPC編成が厄介になるかもしれず、可能性も捨てきれない。

 射撃面では威力と射程に乏しく魅力に欠くが命中だけは段違いに高いので、特に対PCに期待できる。

11.バウンド・ドックMS

イメージ 2

イメージ 3

■基本開発:2050
 基本改良:1075
 技術9ギャプランを開発済みの場合、必要ポイント-25%。

 NRX-055。NT研究所で開発された頭頂高27.3mにも及ぶ大型可変MA(TMA)。
 ムーバブル・フレームを採用し、一撃離脱戦MA形態と近接戦向けMS形態の二形態へ可変する。
 モビルアーマーによる高速一撃離脱戦は非常に高速な分だけ「外れた」場合の再攻撃が困難だった為
 本機ではNTの感応力を利用し命中向上を図ったものと考えられる。
 
武装命中(推定)
 ビーム・ライフル……命中51-56-51
 拡散メガ粒子砲  ……命中54-54-49

■NT用一般壁
 NT搭乗時は回避+3/先制+5。
 修理63・搭載21と重いが下手な制限機より高い「回避63」を誇る一般機。
 第4クールでは9週目に前線VP壁として活躍し、第11週で☆機が最前線VP壁に活躍した。
 MS形態は盾Sの為「回避しないし盾発動率も低い」と中途半端なので、壁としての評価はイマイチ。
 主にMA壁として活躍するなど、アップデートで性能が低下した代表例。

■射撃性能
 G-3がそうだったように、NT対応機だがビットやファンネルなど対応武器を持たないので
 射撃性能は他機と変わらない上に通常武器は威力が搭載17並みに低い。

 特筆すべきは特殊武器で、搭載+1とはいえ平地ならハンブラビ比で威力+1/命中+4となる。
 特にAP+2パーツ持ちなら垂涎の一言。ただ特殊で威力+1/命中+4差なのだから
 パーツ次第ではハンブラビ優位かもしれないし搭載21がネック。

11.バウンド・ドックMA

イメージ 4

イメージ 5

■基本開発:×
 バウンド・ドックMSを開発・購入後、「変形」させる事で編入可能。

 NRX-055。ビグロ同様に一撃離脱戦闘形態として機能する。
 本機には可変機構上から下部装甲に欠損がある事でも有名だが、これは本機が未完成な状態だからだ
 とする俗説も存在する。その完成機「アモン・ドッグ」は当時のエゥーゴパイロットの手記に
 その姿が認められ、今も細々と残骸と記録の探索が続けられているという。

■推定命中
 ビーム・ライフル……命中51-56-51
 拡散メガ粒子砲  ……命中54-54-49

■移動アップ&地形適応
 可変する事で宇宙適応機となり移動も上昇。
 回避機動といい移動4といい、壁として非常に有望な形態。
 ハンブラビより基礎回避が1下がるものの、NT補正をデフォルトで持つのは大きな強み。
 反面、ハンブラビよりHPが低く格闘攻撃能力も低い。

 またロールアウト時の第9週宇宙は全13週で唯一「重力圏」がある。
 月面=重力圏は「宇宙機にとっての水辺」であり、宇宙機にとって唯一の性能ダウン地形。
 その為ちょっとばかり安定性に欠ける面があるのがネック。
 重力圏の遭遇率は40%とかなり高い。

 普通に壁に使うならバイアランの方が安定するかもしれない。
 最前線VP向けの壁機体。

■射撃形態
 任務なら常に宇宙地形なので、MS形態でも射撃形態でも常に補正を得る事ができる。
 通常武装ギャプラン並みだが、特殊武装は宇宙ならハンブラビ比で威力+1/命中+7と跳ね上がる。
 搭載21と距離4が暗いのは残念だが、一般機ながらエルメスに匹敵する命中と火力を持ち
 頼れる射撃機として活躍してくれるが搭載が非常に高いのがネック。