GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv6(第5期)

 第1-4クール時のデータはこちら

技術Lv6/第4 チェンバロ作戦終了後に上昇

■第3週ジャブロー終了後(21日目)より、ジオングを除き「先行開発」可能に。
 ゲルググJ    ……7700(9200)
 ケンプファー   ……9100(10900)
ジオング     ……22500(制限機)
 ドム・トローペン……6800(8200)
 リック・ドムⅡ ……7200(8600)

■第5週星一号作戦TMP褒章機
 ジオング+

ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第4クール時の記事はこちら。

6.ゲルググJ

イメージ 1

イメージ 2

 MS-14JG。イェーガーと呼称される精密射撃戦MS。
 ゲルググを再設計した後期生産型に属し、特に指揮官級の搭乗を想定している。
 高出力ジェネレータや高度化した火器管制システム、制御用スラスター増など事実上の新設計機。

■推定命中
 Bスポットガン……命中36-41
 Bマシンガン  ……命中45-40

■全領域で活躍する主力MS
 第4クールで実装された高修理高命中ビーム装備一般機。
 修理58ながら、回避・装甲がバランスよく高く、回避機動タイプな事も手伝い高い壁性能を有する。
 VPの壁機体としても高く評価されている。

 勿論射撃機としても抜群の命中を有し
 両陣営通しても第6週までの一般機では距離4命中が最も高く、VPMP問わず愛用された。

 修理58と比較的修理が軽い割に壁・射撃どちらにも有効なので
 第5クールでの4機編成VP再解禁と、同じく一新された敵NPCに対抗する主力機体となった。
 本機オンリーの四機編成で一時ランキングを埋め尽くした事も。

6.ケンプファー

イメージ 3

イメージ 4

 MS-18E。大戦末期に開発されたE=強襲型MS。
 火力・加速・前面装甲に特化し「単機での敵防衛線突破・拠点攻略」をコンセプトとする。
 その余りに高い目標設定から、前面以外の防弾機能の切捨て等、設計段階で「目標攻略のみを目的とし
 出撃した機体・搭乗者の帰還はほぼ想定しない」程に機能が絞り込まれている。

■推定命中
 ショット・ガン     ……命中37-42
 ジャイアントバズ   ……命中35-30
 シュツルムファウスト……命中40-35

■回避機動壁
 ゲルググJに若干回避が劣るものの、同世代一般機トップクラス回避+回避機動で抜群の回避を持ち
 HPと装甲が高く修理も70を切る有望な壁MS。

 搭載差やHPの高さもあってか、第4週前半では四機編成の隊長壁機として一世を風靡。
 週後半は敵の「狙い」が変わったのかゲルググJやリックドムⅡにその座を譲り姿を消したが
 搭載の向上から第6週前半の5機編成隊長壁として再び活躍した。

■「当たるハイパーハンマー」持ち
 射撃機としても一年戦争時の実弾一般機ではトップクラスで
 パワード・ジム(搭載+1/威力+6/命中+3)を凌駕し、更にシュツルムファウストを搭載する。
 シュツルムは*1実弾なので評価は人によって分かれるものの、命中補正はジムSCほぼ同値とかなり高く
 威力はハイパーハンマーにも相当するので侮れない(☆ならハンマーを上回る)。

 移動4の利点も持つので、任務やレベル上げ目的の射撃機としても有望なようだ。
 特にNPCが使用する事も大きな脅威となる。

6.ジオング(第5週TMP褒章機)

イメージ 5

イメージ 6

 MSN-02。ジオン公国の名を冠すMS。シャア・アズナブル大佐が搭乗した。
 NT専用機化したエルメスに対し、本機では複数の一般兵を同時搭乗可能なようにサブコクピットを増設
 有線サイコミュ兵器を装備させる等、NT対応を「ブラウ・ブロ」レベルに一旦差し戻し
 安定した戦果を発揮できるようあらゆる技術が投入された。

武装命中
 頭部メガ粒子砲……命中43-48
 腰部メガ粒子砲……命中43-38
 有線メガ粒子砲……命中50-50-50
※有線メガ砲は、法則上「近」「中」距離のみで使用(もしくは距離4攻撃不能の際のみ)。
※有線メガ砲は「射線軸に別ユニットが居ても攻撃可能」の特性アリ。

■やや影が薄い公国旗機
 NT対応機なので、覚醒NTが搭乗した場合は回避+3/先制+5.
 また宇宙機なので、地形「宇宙」では回避/命中の最終値に+3の補正が得られると思われます。

 盾がなく回避機動(回避+5?)の恩恵を受けられるので同時期最高位の回避を発揮。
 極めて高いHPと最強クラスの装甲を兼ね備えるなど基本性能は高いものの
 盾や格闘武器が無いせいか、ギャンやエルメスの陰に隠れがち。

■通常武装エルメスに勝る
 特殊武装が近・中専門となっているので「遠距離」では特殊武装が使えません。
 その為エルメスに人気では劣りますが、移動の長さと通常武器の強力さから一部任務erに高評価。
 任務が短時間で終わり易い部隊でこそ活きるタイプの射撃機体。

6.ドム・トローペン

イメージ 7

イメージ 8

 MS-09F/TROP。フルモデルチェンジされた熱帯・砂漠戦闘用MS。
 統合整備計画後、性能向上と派生機開発を意識しユニット化を進めたMS-09F型がベース。
 熱帯、特に砂漠地帯対応を主眼に装備を施し、武装も速射性の高いラケーテン・バズへ変更している。

武装命中
 マシンガン  ……命中36-41
 ラケーテンB……命中34-29

■陸戦VP
 そのままドム上位互換性能を持つ陸戦機。
 リックドムⅡの互換機で距離2武器が異なる他、シュツルムファウストを持たない。
 以前は射撃だったが、修理43の5機編成射撃にザクⅡ改、四機向けにビーム持ちのゲルググJが登場し
 射撃としてはやや立場が弱くなった。

 壁にも射撃にも高い基礎性能を有するが、リックドムⅡが活躍する一方でやや影が薄い。

7.リック・ドム

イメージ 9

イメージ 10

 MS-09R-2。最新鋭機リックドムを統合整備計画でフルモデルチェンジしたMS。
 トローペンのベースとなったF型とはまた異なり、ゲルググの技術を流用している。
 外装の整理と共に追加燃料タンクを標準装備可能とし、作戦行動時間の延長を図っている。

武装命中
 拡散ビーム       ……命中38-43
 ジャイアント・バズ  ……命中34-29
 シュツルムファウスト……命中39-34

■VP御用達
 ドムトローペンの宇宙互換機。
 シュツルムと移動4の利点が強みだが、ブ厚い装甲と比較的高い回避で壁としても活躍。
 第4週後半でゲルググJと共に上位にズラリと並んだ事で印象的(この場合は隊長壁で弱集中対応か)。

 また、チェックを怠ったので推測となりますが、続く第5週後半ではまた異なる使い方で採用。
 第5週後半の機編成ではリックドムⅡかゲルググJが1機並んでいた模様。

 続く第6週は機体ラインナップは5週目と変わりませんので
 同様にVPランク編成で見られましたが、上位では抜いて修理43以下に絞られていたようです。