GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv8(第4期)

 第1-3クール時のデータはこちら(またはこちら)。

技術Lv8/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇

■第6週「星の屑」終了後、42日目に技術8に移行(技術9まで先行開発可能状態)。
 ガンダムMarkⅡ……11200
 ネモ       ……7300
 メタスMS    ……6600※第4クール性能修正
 メタスMA(可変機)※第4クール性能修正
 エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第3クール時の記事はこちら

■第7週 エゥーゴ討伐作戦TMP褒章機
 1-10位……ジムⅡ☆
 1-30位……ガンダムMk-Ⅱe☆
 1-100位……リック・ディアス

8.ガンダムMarkⅡ

イメージ 1

 RX-179。ガンダムという象徴を求め開発された連邦主力機候補。
 GPシリーズ開発で外注した際、情報漏洩や無断運用などリスクが生じたため
 連邦グリプス工廠が開発を担当した。新技術ムーバブル・フレーム採用で「より人体に近い」柔軟さ
 整備性の高さ、軽量化など、基礎設計面から一新。強奪され技術が流出した事もあり
 以降のMS開発に多大な影響を与えた。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中46-51
 ハイパーバズーカ……命中42-42

グリプス世代機の代表格?
 搭載17以下の一般機として壁でも射撃でもトップ級の機体。
 回避・装甲・盾がバランスよく強力なので、四機編成部隊の低壁などに活躍する。

 反面で修理が高く、この機体を入れるくらいなら制限機を入れたほうがいい。という場面も。
 VP・総合ランキング狙いプレイヤーからはやや敬遠される機体。
 主に四機編成低壁として活躍する。

 グリプス移行直後から開発できるので野戦射撃機に最適。
 しかしVP的に考えると、修理の高さが非常に大きなネックとなる。
 以前なら壁としても有効だったものの、第3期アップデートで盾が弱体化した事で性能が低下し
 更に第4期アップデートでNPCの命中が底上げされた事で回避不足を露呈。
 最近は影が薄くなりつつある。

 VPなら修理が軽く回避・命中が高いディジェや鹵獲ペズン・ドワッジの方が壁にも射撃にも使いやすく
 修理を問わぬ任務射撃ならジオンから流出した制限機を投入したほうが戦い易いので
 主に低壁や間に合わせの機体としての立ち位置になりがち。

 射程2-4全般で高い命中率を持つので中距離(基本編成3番)などにも向くが
 搭載と修理が大きなネックになる。性能向上か修理軽減の性能修正アップデートに期待したい機体。

8.ネモ

イメージ 2

 MSA-003。ラテン語で「誰でもない」の……もとい汎用量産機。
 マークⅡ強奪で得たムーバブルフレーム技術(劇場版準拠の設定ではアナハイム製の類似技術)、
 ガンダリウム系装甲、ビーム兵器の標準化など本格的な「第二世代MS」の要件を満たした高性能量産機。
 ただ新技術投入により想定以上に高コスト機となってしまった為
 エゥーゴ解体後は生産が縮小された。

武装命中
 ビームライフル……命中45-50-45

■搭載14低壁
 性能的にはそのまんまジムⅡの搭載増加強化版。
 軽い搭載にそこそこの性能の回避・装甲・L盾を併せ持つ無難な性能。
 ただ第二世代MS扱いはゲーム内では看板倒れになっており、装甲も回避もジムⅡと殆ど変わらない。
 立ち位置も同じく低壁役となるので、低壁=部下壁の性能が低い本作では
 需要が小さい機体の代表格となっている。

 修理43MSなので、☆機を中距離射撃機にするのも強力と考えられるもののサーバ内に10機しかない。
 搭載の軽さ、距離2命中と修理43が魅力。

8.メタス/MS※第クール性能修正

イメージ 3

 編成時「変形」ボタンを押すことでMA形態で編成することが可能。

 MSA-005。次世代MS開発計画「Z計画」における可変実験機。
 スペックは決して高くないが、エゥーゴの戦力不足を補うべく実戦投入された。
 後に完成した「Z」と比べシンプルな可変機構を持ち、生産性とメンテナンス性で評価される。
 Zの量産計画が持ち上がった際には可変機構が参考にされた。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■移動2で中距離射撃向けに
 第4クールで性能が修正され回避・装甲が向上。
 制限機並みの回避になったものの、同時に移動2に修正されたのでVP壁には使いにくい。
 主に部下回避機動低壁に向くが、部下では回避が追いつかないので盾装備MSのほうが使い易い傾向。
 搭載は1点軽いものの、いろんな意味でジムキャノンⅡ(搭載16)と被る。

 修理43かつ移動2になったので中距離射撃向けに。
 ただ射程が3しかないので、結局は射程4持ち修理43移動2のジムキャノンⅡの方がいいかもしれない。
 修理43機体ながらVPでの採用は殆ど見られなかった。

 搭載の軽さと、弱狙いなど「切り込んでくる」敵の迎撃時に距離2で高命中を出せるのが魅力。

8.メタス/MA※第4クール性能修正

イメージ 4

 メタス(MS)を開発・購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 MSA-005。関節をロックして剛性を上げ、推進力を背部に集中した巡航形態。
 逆にMSでは「推進力を色々な方向に向けられる」方が白兵戦がしやすいが、その矛盾を解決できるのが
 可変機の特権だ。性能は低いものの多目的MSとして利用価値を持つ。
 
武装命中
 アームビームガン……命中47-52-47

■護衛フォメの修理43VP機
 宇宙機となり「宇宙」で地形補正を得られる(回避命中+3程度)。
 基礎回避は下がったものの移動が向上しているのでVPにはこちらのほうが使い易い。
 VP機に向く軽修理・高回避機だが、打たれ弱さから基本フォーメーションでは活用しにくい。

 しかし回避・修理に優れるのは間違いないので、装甲・火力が向上する一番機護衛フォーメーションと
 組み合わせる事で、高い戦果を出した部隊があったそうだ。
 主に第7週で活躍するものの扱いは難しい。