GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エゥーゴ 技術Lv7(第4期)

 第1-3クール時のデータはこちら(またはこちら)。

技術Lv7/第6 デラーズ紛争終了後に技術8に上昇済み

※第6週星の屑終了後(42日目)に技術8に上昇。半額での開発が可能となる。
 ジムⅡ       ……5400
 リック・ディアス……8100
 エゥーゴ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第3クール時のデータはこちら

7.ジムⅡ

イメージ 1

 RGM-79R。大戦時モデルの改修機でグリプス期の連邦軍主力機。
 旧主力モデル改修で製造できる上、生産ラインや運用データの転用など運用上の利点が多く
 かつては高級機用だったビームライフルも一般化された。旧式化に伴い主力機の座をハイザックに譲るが
 後に本格的な改修を受け、RGM-86RジムⅢとして主力機の座に返り咲く事となる。

武装命中
 ビームライフル……命中45-50-45

■修理43の高回避盾装備機
 搭載13ながら旧世代制限機をも上回る回避を持つ盾スキル壁。回避だけならマークⅡをも凌駕する。
 修理43という気安さもあり、野戦5機編成が優遇された第3クールでは採用が増えたが
 HPの致命的な低さから「搭載あわせの機体」という印象が強く
 その姿を見かける事は少ない。

 とにかく「部下低壁の評価が低い」事が直結しており
 機体自体の評価も低くなっている。

 また☆機もサーバ内に10機しか存在しないのでこれまた見かけない。
 PCでの採用数があまりにも少ない機体だが、その割に第4クールでの性能修正もされていない辺り
 おざなりな存在。ぜひ来期の修正に期待したい。

■射撃機というよりNPC
 射撃武装は高命中だが威力がゴッグ並み。
 射程の短さも手伝ってPCの射撃機に適しているとは言いがたく採用は少ない。主にNPCとして活躍。

7.リック・ディアス

イメージ 2

 RMS-099。アナハイム製次世代実験機。開発コード「γガンダム」。
 クワトロがもたらした新世代ガンダリウム(一年戦争ガンダムに使われたルナ・チタニウム)を使用。
 厳密には要件を満たしていないが「初の第二世代型MS」と称される転換期的な機体となった。
 コストは高いが完成度も高く評価され、少数が量産配備されている。

武装命中
 ビームピストル……命中47-52
 クレイバズーカ……命中43-43

■新世代な命中を誇る中距離攻撃機
 クレイ・バズーカの距離3と4が両方「明るい=距離4で命中減衰しない」のが特徴。
 実弾武装ながら「距離4で命中43(SCは距離4で命中37」という高次元な命中を備えた優秀な射撃MS。
 距離1-2もビーム兵器なので、中~遠距離どちらにも優れた搭載16射撃機となる。
 ネックは「修理の割に性能がそこそこ」なところで
 ペズンドワッジやキャノンⅡが優先されがち。

 壁にはやや回避不足気味なものの、装甲に優れた回避機動機なので☆機がVP壁に活躍。
 と言っても性能的にはノーマルペズンにすら遅れを取りかねない程度なので、汎用と高HPが武器。
 Zガンダムと言えば必ず顔を出す名機であるし、ぜひ第5期で強化修正して欲しい機体。

 使いどころからして、現状ノーマル機は劣化ペズンに近い評価になりがち。
 設定上はガンダム、ドムの流れを組む設計と次世代装甲を持ちながら、回避装甲両方で旧世代ペズンより
 低く設定されているのだから笑うしかない。アクトザクに回避で負ける百式といい
 アレな設定になっている機体の代表格。