GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

新生ドライセンの脅威 52日目

エゥーゴが宇宙脱出を図っている模様。各基地は警戒されたし

 第8作戦:地上掃討作戦
 侵攻側 :地球連邦軍(ティターンズ&ジオン共和国)
 作戦結果:
 作戦地域:北米/地球衛星軌道
 日時  :51日目~56日目(12/7~12/12)

 大規模任務「ニューホンコンの戦いver4」
 フォウin専用サイコガンダム(2回行動)、カミーユin専用ガンダムMk-Ⅱ(2回行動)

■競合
 作戦前……ケネディ基地襲撃任務/エゥーゴ勝利
 作戦中……ヒッコリィ基地襲撃任務/
※作戦の流れについてはこちら.http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/61275943.html
イメージ 1

 ヒッコリー基地任務展開中。後方のHLV撃破で終了するので割と展開が早くティターンズ優勢。
 反面、敵全滅終了しなかった場合(シャトル優先撃破)、訓練ポイントが1点減るのが難点。
 敵全滅時は+1ボーナスが入りますので。

■作戦開始から2日経過
 ティターンズVP上位30名にやや修理が重い方が何名かいらっしゃいますが最前線なんだろうか。
 ジオン上位のペズン☆組も、以前なら最前線コース級の性能ですから移動している可能性も残ります。
 エゥーゴは並みペズンかスーパーなガンダムですから前線確定でしょう。

 ティターンズVP上位では某3アカ准将氏の2アカが総合に移行し順位低下。
 もっとも前回、この後ブーメランの如く戻ってきましたので予断を許しません。
 F准将アカは1位狙いの位置なのでキープでしょうか。

 宇宙ハンブラビMA+ハイザックカスタムで稼ぐ人
 宇宙ハンブラビMA+ボールで稼ぐ人
 宇宙ハンブラビMA+ジムキャノン系の低壁で稼ぐ人。
 地上ハンブラビMS+ゴッグる人

 大体こんな感じですが、ボール需要はかなり下がっているようです。
 部隊搭載的に余りすぎる感がある事と、対攻撃シフトで無駄被弾しやすいせいでしょうか。
イメージ 2

■このドライセンが凄い
 今期修正項目に入っていたドライセンですが、ご覧の通りの高性能修正。
 装甲28の制限機同等装甲に、修理65搭載20MSハンブラビと同値の高回避を備えた修理43MSに。
 HPが低下していますがそれを上回る価値はあると思います。
 第3クールでも☆機が必須レベルだった名機ですが
 ノーマルでも充分な高性能機に昇格。

 特殊武器トライブレードも、極端な趣味武器から実用的な射撃武器に大幅な仕様変更が実施され
 距離3射撃MSながら実用レベルの射撃機に生まれ変わりました。

 前週にて「一般機壁でペズン・ドワッジが頭抜けた性能になっている」と評しましたが
 ドライセンを更に高性能化させて対応するなら他陣営にもそういう修正ください。
 スーパーガンダムは回避低下、ティタは修理43が搭載16止まりで難儀なのに。

 新実装されたガルスJも搭載17回避機動で回避・装甲・HP・搭載が全て高バランスになっており
 状況、或いは☆機に期待がかかる性能になっていますし修理43が充実しすぎ。
 修理43で修理65ハンブラビに匹敵するバウなんてのもありますし。

 それはそれとしてガルスJドライセンHGUCにならないものだろうか。
 いやその前にジムⅡⅢの主力機コンビが先ですよね。

 すごいといえばウルトラジャンプで連載中の「ユンボル(武井宏之著)」の一巻を購入しましたが
 やっぱり面白い。相変わらず妙にテンション高くてズッこけます。なにせ冒頭からして「G50サミット」。
 重機の名前「バケットホイールエクスカベータ!」って一発で判る国家主席の人とか
 サラッと「光速道路」とかセンスが変。
 いいね!

ユンボル
 突如世界サミットに姿を見せた謎の男ゲンバー・ダイオード
 彼は乱れきった世界を一旦更地に変え新たな世界を築く「世界工事」スクラップ&ビルドを宣言。
 ここに世界同時多発工事が着工を開始。世界はまさに更地と化した……。

 もうツッコミどころ満載。
 それを堂々とやらかすのが素敵。

■プラモ化……
 作者が元仏ゾーンシャーマンキングの人なので、ロボット重機「アースムーバー(EM)」も格好良すぎ。
 前作に出てきたEM、ショベリウスⅢ世やビッガムも出てくるのだろうか。
 ぜひアニメになってそんでプラモになって欲しいものです。
 むしろプラモになって欲しいものです。

 以前週刊ジャンプで連載されて短期終了した作品を、リメイクした作品なんだそうですが
 そちらも完全版(安全版)として全2巻で少し前に再刊行されています。
 ちなみに私はこちらで知りました。

 週刊版と基本的に同じようですが、ファンタジー世界ベースから現代世界ベースに仕様変更され
 世界観に入り込みやすくなっているようです。2巻が楽しみ。

■参考:読みきり版でのモノローグより
 むかしむかし ゴチャゴチャになった世界を解体し更地に変えてしまった
 頭のおかしい王様がおりました。そしてそれに対抗するため、頭の形がおかしい博士は
 世界を再建させる11体の工事戦士を生み出します――

 頭の形がおかしい博士。っていう設定もどうかと思いますがホントにおかしいから可笑しい。
 続いていわゆる悪の要塞「ギガプラント」の解説文を抜粋。
 全編このノリです。

■移動要塞ギガプラント
 本編にチラッとだけ登場しているゲンバー大王の働く城。
 コレ一台で生活は勿論の事、石油等の精製から掘削、道路の舗装までなんでもこなす。
 まさに現場主義を具現化した姿だが、これが通った後には道しか残らないという恐ろしい一面も。