GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ティターンズ 技術Lv10(第4期)

 第1-3クール時のデータはこちら(またはこちら)。

技術Lv10/第8 作戦終了後に上昇

■第7週ジャブロー終了後(49日目)、バイアランを除き先行開発が可能となる。
 バーザム  …7800(1750)
 バイアラン …24500(2600/制限機)
 ハンブラビ …12100(2050)→11.ジ・O
 ハンブラビMA(可変)
ティターンズ技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第3クール時の記事はこちら

■第9週カラバ反攻作戦TMP褒章機
 TMP1-10位……ガブスレイ☆
 TMP1-30位……ハンブラビ
 TMP1-100位……バーザム☆※ガブスレイ☆は第8週に続き配布二回目。

10.バーザム※第4クール性能修正

イメージ 1

■基本開発:1750
 8.ガンダムMk-Ⅱを開発済みの場合、必要P-437.

 RMS-154。ガンダムMk-Ⅱ開発時のノウハウを用いた量産機。
 Mk-Ⅱの弱点だったフレームの脆弱さを構造の合理化とガンダリウム採用で解決。
 外観でもMk-Ⅱの象徴性を排し、ムき出しの大型スラスターなど性能・生産性重視で設計されている。
 第二世代MS要件を満たしつつ生産コスト低減と在来兵装互換も進めた、運用性の高いMS。

武装命中
 ビーム・ライフル……命中49-54-49

■新世代修理43壁
 第4クールにて性能修正。前期比「HP-13/回避+3」。
 第1-3クールでは主に任務部隊壁と低壁、そしてVP部隊の3番機修理43射撃として活躍した。

 修正により、回避61+回避機動5と同世代ティターンズ最大回避を誇る壁MS。
 ギャプランMS回避60盾、同MA回避59+回避機動、ハンブラビMS回避58+回避機動、同MA56+回避機動+地形
 以上のように回避性能で勝る上、修理43&☆化可能などの強みを持つが
 搭載16と修理43からくる脆さが最大の難点。
 数%の被弾で致命傷に至る。

 前線高戦果VPが期待でき、実際、第3期第8週では前線で同時期最前線に勝る戦果を叩き出した。
 しかし育成が遅れるリスクから火曜20時には同PCもハンブラビ最前線に移行。
 上位ほぼ全員が最前線に移行した事からその戦果は未知数となった。
 さて第4クールはどうなるだろうか。

 とりあえず作戦開始一日目(強弱弱狙い)時点では、前線>最前線がほぼ確定。
 その上で「ハンブラビ前線組」に遅れを取っているようだ。
 個人的には搭載16と脆さがキツいが、まだ先は長い。

■射撃機体
 修理43射撃の必要性から第3クール以後にVP射撃機として一部で活躍。
 射程が3しかないので、4-5番など遠距離にあてると無駄に被弾して使いにくく
 主に部隊3番機の中距離機として活躍した。ただ射程の短さがネックで敵に届かなかったり
 移動3(移動2)ゆえに突出して無駄被弾する場面も。戦果が安定してきてから活躍する機体だろうか?

 過去1-3クールと違い確実に脚光が当たっている機体だがもう一つ厳しい。
 アクシズ技術10MS(修理43搭載17ガルスJ、同19ドライセン)のようにもう一回り上の強さが欲しいが
 俺たちの戦いはこれからだ! バーザム先生の活躍にご期待ください!
※かなり本気です。

10.バイアラン※第4クール実装

イメージ 2

■基本開発:2600
 9.ギャプランを開発済みの場合、必要P10%off.

 RX-160。非可変での飛行能力獲得を目指した高推力実験機。
 MSのまま大出力スラスターで飛翔し、三次元での白兵戦闘を可能とする。
 可変機の複雑な構造を必要としないのが利点。スラスター推進を主制御とする面から
 大気圏内用というより宇宙用MSに近く、推進器の換装によりそのまま宇宙用MSとして運用が可能。
 調整中にジェリド中尉に徴発され彼の専用機となった。実験機の域を出ないがMS史上では重要な機体。

武装命中
 メガ粒子砲……54-59-54

■万能移動4の高機動MS
 第4クールにて実装された「万能移動4の小型ジ・O」。
 非NT機であるものの、流石にZ・キュベレイと同世代機なだけに同レベルの基礎回避を有する。
 これら二機と比較すると、機体・射撃性能ではキュベレイに、万能移動4射撃としてはZガンダムに劣るが
 回避機動かつ修理が比較的軽いなどVPに組み込める可能性を残した運用性を持つ。
 VPとしてみればZZ移行後の活躍すら期待できるかもしれない。

 ティターンズ機としては壁に射撃に何に使っても強力な機体。
 特に万能移動4の強みにより、射撃機としてはジ・Oよりぐっと扱い易くなっている。

 万能タイプなので回避命中+効果は望めないものの
 暗礁宙域以外の全地形で性能が下がらないという強みを持つ。逆に言うと宇宙では微妙かもしれないが
 その性能ダウンは、汎用機が荒地や暗礁で戦うのと同様に小幅(のはず)なので
 そこまで考慮しなくてもいいかもしれない。

10.ハンブラビ/MS

イメージ 3

■基本開発:2050
 9.ガブスレイ開発済みの場合、必要P-205。
 本機を開発済みの場合、技術11ジ・Oの開発必要P-10%。
※編成時「変形」させる事でMAとして編成可能。

 RX-139。ムーバブルフレーム構造を単純化し、比較的安価なコストを実現した可変機。
 グリプス戦役の末期に先行量産されるもクセのある機体性能・武装から本格量産には至らなかった。
 ヤザン・ゲーブル大尉の乗機としてZガンダムと死闘を繰り広げた事で有名。

武装命中
 フェダーインライフル……命中45-50-45
 海ヘビ         ……命中75-70
 
ティターンズ製距離4の最高峰だが?
 次技術のバウンド・ドッグが射程3-4かつ火力が低い点を考慮すると
 ティターンズ製の距離4射撃機の中で、最も安定した射撃性能を誇る一般機。
 連邦の制限機は距離4実弾しかなく、ティターンズ移行後は距離4持ち制限機自体が登場しないことから
 一般機ながら、距離4としては文字通り最高の機体となる。
 パイロットの得意距離スキルを勘案して編成したい。

 先代射撃機ガブスレイ(MS通常武装)比で修理+7/威力+9/命中+2と一回り火力が高く
 フェダーイン(聖戦士)の名に恥じぬ戦闘能力を誇る。

 ただし修理値も群を抜いており、修理43MS比で+修理22とバカ高い。
 主に任務と大規模で活躍するが第4クールでは最前線VPが大幅に稼ぎにくくなったので
 最前線VP機として使える可能性も残ってない訳ではない。搭載20MSなので編成には注意を払いたい。

■陸戦回避機動
 回避機動効果+回避58で旧世代制限機クラスの回避を発揮。
 ゴッグと同時運用可能な汎用壁として期待される。第4期第8週開始時点の現時点ではVP部隊の主力壁。
 モビルアーマー形態のほうがVPとしてはずっと扱い易いがゴッグと組めないので
 結局モビルスーツ形態もVPとしては拮抗する機体となる。

10.ハンブラビ/MA

イメージ 4

■基本開発×
 ハンブラビ(MS)を購入し、編成画面で「変形」する事で編成可能。

 RX-139。先行量産型ハンブラビモビルアーマー形態。
 MS時の武装を維持しつつ、極めて小さい旋回半径と高い加速性を兼ね備えたドッグファイト形態。
 かつMS形態への可変機構を備えた事で近接戦闘でも高い戦闘能力を発揮する。一方で推進剤の積載量が
 少なく稼働時間が短い等、あらゆる意味で玄人向けの性能となった。

武装命中
 ビームライフル……命中50-55-50
 海ヘビ      ……命中75-70

■まずは壁として評価される形態
 可変することで宇宙・高先制機となり、活動エリアは制限されるが地形適応を得ることが出来る。
 回避面で言えばGP-01fbと同回避であり、回避機動スキル分だけ回避優位。
 ただし盾を持たず装甲も薄くHPも低い。

 第2-3クールと最前線VP壁として活躍してくれたが
 第4クールでは最前線NPCが強化された事から前線壁に留まっているようだ。
 比較的高い回避性能を有するが、なにぶんNPCの命中精度もぐっと上がっている上に狙いも厳しいので
 VPとして稼ぐには効率が今二つ良くない。

 機体自体が脆いので、単純にレベルを稼ぐだけならGPやアレックスが勝るのではないだろうか。
 VPに使わないなら制限機に乗せておくに越した事は無い。

■MSより壁に適する
 回避-2/地形適応宇宙アリ。回避的な利点はやや弱いかもしれない。
 宇宙機化・移動と先制が向上・武装変化を起こすのが強みだがゴッグと組めなくなるのが難点。
 修理を代価にハイザックカスタムを用いたり、ボールを用いたり
 或いはジムキャノンを用いたりする部隊が見られるようだ。

■射撃機として 
 射撃機としては射程3までに縮められ火力も大幅にダウン。
 宇宙なら地形補正が得られるので、射程-1/威力-4/命中+8と命中が大幅に増加しますが
 得意距離は6%ほどの補正がみられるので、距離4までしか習得してないパイロットである場合は
 実質2点前後しか命中が変わらない。ある意味でMS形態以上に扱いにくい形態。

第9週アフリカ反攻作戦TMP褒章機

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7