GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ノア専用百式メガバズーカ 47日目

アーガマ」は包囲網を突破。各隊は追撃に参加されたし

 第7作戦:エゥーゴ討伐作戦
 侵攻側 :地球連邦軍(ティターンズ&ジオン共和国)
 作戦結果:
 作戦地域:L3宙域/地上
 日時  :44日目~49日目(11/30~12/5)

 大規模任務「ジュブロー上空の戦いver4」
 競合「エゥーゴ」勝利時
 ジェリドin専用マラサイ(2回行動)、カクリコン・カクーラーin専用マラサイ、熟練兵団
 カミーユin専用ガンダムMk-Ⅱ(2回行動)、クワトロin専用百式、熟練兵団

■競合
 作戦前……アーガマ追撃任務/連邦軍勝利
 作戦中……アーガマ包囲任務/エゥーゴ勝利※エゥーゴ勝利により大規模最終戦は従来型に確定。
※作戦の流れについてはこちら.http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/61275943.html
イメージ 1

イメージ 2

 上が敵レベルアップ前の木曜日19時のランキングボード(左からティターンズエゥーゴ、ジョン)。
 下がその一日後の金曜日22時集計。

■その前に競合結果
 ノアサーバを除く5サーバでエゥーゴが勝利。
 メガ・バズーカ・ランチャー装備型百式が登場するのはノア・サーバのみに。
 ここのタイミングの競合を「新大規模の発生条件」にした上に前クールと競合内容変えてないとか
 運営は頭イカレてると思います。ホント。過去のクールの状況はちゃんと知っているでしょうに。
※第11週以後の展開も含む。とはいえ機体性能修正と新実装があるなら?
 11週以後は一方的な鹵獲人気がなくなれば結構変わると思いますが
 正直あまり期待してません。

■戦いは回避機動機の質だよ兄貴
 という訳で三陣営とも回避機動壁がトップに位置。
 ジオンでのペズン・ドワッジ隊長壁流行はもはや定番として、エゥーゴティターンズも回避機動。
 エゥ・ティタでは「修理43回避49&パーツ2個の盾壁ジムカスタム☆」や
 修理55回避55地形補正付きS盾ディジェが流行したものですが
 今期はホントに回避機動。

 特に回避55+地形補正+回避機動効果で三陣営最大級の回避を誇るペズンが最流行MSに。
 世はまさに大ペズン時代。ゲルググM☆も修理43回避53パーツ2個と超性能にレベルアップしましたが
 ともかく多分前線NPCがここ4クール最強になっている影響が大きいのでしょう。

 また影響は個人により異なりますが、前半が強弱・弱で後半が高低・高に。
 ある意味で対策しやすいですがある意味でキツいです。
 後半の強力NPCと高低がセットですから。

■前クール比Lv+3
 皆様お気付きの事と思われますが、今期は前クールよりNPCレベルが1高いです。
 更に第6週0083と第7週グリプスへの時代移行の際、それぞれLv+1されていますので計3レベル高い訳。
 また機体内容も、第1-3クールと違い最初からグリプスMS主体やガンダムMk-Ⅱフル配備など
 最低でも一週程度ラインナップが前倒しされているようです(ティタ視点)。

 更に基本フォーメーションは、前衛装甲+15%から+8%へ大幅に弱体化。
 基本型はNPCも多用しますが、VP系のPC部隊は隊長壁1枚に全攻撃を集約させる体制なので
 2枚壁&命中重視も前に出てくるNPCと比べ、壁の負担がどぇりゃあ高く
 修正の影響が大きいのです。多分。

 この点が「敵の攻撃をそもそも受けない」回避機動組の躍進に繋がっている部分もある
 ……のではないでしょうか。おそらく。

 もうちょっと回避が稼げる状況なら(ジム改☆が活躍したように)また変わってくると思われますが
 前線NPCの攻撃すら、VP的にはまだマトモに回避しきれない状況ですので
 やや高修理でも回避機動大活躍につながっているのでしょう。

 よーするに敵の攻撃が厳しいしフォメボーナスが弱体化して壁の負担がキツいので
 ロクな回避機動のないティターンズや、エゥーゴではGP-01壁前線VPも活躍している模様ですね。
※回避57に修正されたマラサイさんも回避を確保しきれず現在後退中。
 回避55の装甲21に強化されたメタスさんも脆さ故にいまひとつ?
 ただパーツや育成・鹵獲に可能性が残されているかも。
 一応回避はペズン同等で修理43です。

■個人的に
 つらいわーⅢまでしかないからなー実質Ⅲまでしかないからなー(地獄のミサワより)。
 え。ごっめーん。アレの事かんがえてたわー。

 とかジョークはまァ置いといて。本隊が芳しくないので編成の方針を変更。
 寝てる間に小人さんが頑張ってくれるのに期待するとしましょう、