GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv5(第4期)

 第1-3クール時のデータはこちら(またはこちら)。

技術Lv5/第3 ヨーロッパ作戦終了後に上昇

■第2ユーラシア作戦終了後、エルメスとギャン以外は先行開発可能に。
 エルメス   ※制限機/第4期スペック修正  
 ギャン    ※制限機/第4期スペック修正
 ゲルググ   ……5300※第4期スペック修正
 ザクⅡ改  ……5600※第4期実装
 ハイゴッグ ……6000※第4期実装
 リック・ドム……5900
ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第3クール時の記事はこちら。

5.エルメス/第4期性能修正

イメージ 1

 MAN-08。NT以外でも運用可能(NTなら単独で可能)だったブラウ・ブロを更に推し進め
 機体から武装操作までサイコミュ(脳波コントロール)式へと絞り込んだNT専用モビルアーマー
 NTの感応を兵器化し、その長射程から「ソロモンの亡霊」と呼ばれた。

武装命中 
 メガ粒子砲…命中33-33-42-37
 ビット    …命中47-51-51
※ビットは「射線軸に別ユニットが居ても攻撃可能」の特性アリ。

■連邦最強制限比で命中+20
 NT覚醒パイロットが搭乗した場合、機体性能が回避+3/先制+5補正。
 第4クールにて「HP-2/装甲-4/回避+5」「通常武装95*2から71*3」など修正。
 グリプス戦役でも通じる高い射撃性能は、むしろ強化されるという強烈なアップデートとなった。
 装甲はダウンしたものの相変わらず一年戦争機体では最も硬い部類なのだから呆れたもの。 
※盾がないという声もあるが、そもそも命中重視では盾はほぼ発動しない。
 シンプルに装甲が厚い事こそが射撃に適した性能と言える。

 耐久力低下・回避向上・通常武装が3連装に変更され、命中期待アップなどの修正がなされた。
 NT攻撃=ビットで「通常武装比で命中+15」という狂気染みた命中補正を持ち
 通常武器自体もトップクラスの命中+地形補正となる。

 汎用機のような解り易い機体と違う地形補正効果、プラス1年戦争機で唯一距離4射程が明るい等の
 隠されたスペック向上が仕込まれているのが一番の強み。

 同世代制限機比で+20もの命中を誇る、絵に描いたようなバランスブレーカー機体。
 通常武器でも「ジムSC+宇宙補正の命中」と「フルアーマーガンダム級の威力」「射程4」を兼ね備え
 連邦最強の射撃制限FAガンダム比で見ても、通常武器で命中+3(地形で更に+3され計+6)
 ビットに至っては命中+20(+12/距離4明い5/地形3)にも至る。
※ボールとSCの命中差でさえ+10に過ぎない。

 大規模任務・勝率重視での野戦レベル上げ・特殊任務などVPを除く全領域で大活躍する。

5.ギャン/第4期性能修正

イメージ 2

 YMS-15。ゲルググ同様に第二次主力機候補となった機体。
 対MS戦を最重視した白兵戦闘用で、白兵性能以外は低く他用途に向かない特化タイプ。
 生産や操縦兵育成など戦略上からザクⅡのような単一機種大量生産を求めた首脳陣と方針が合致せず
 量産計画はゲルググが採用された。

武装命中
 ニードル・ミサイル……命中40-45

■高い格闘命中を誇る壁機体
 第4期で「HP+2/装甲-2」修正され、NT覚醒G-3に「HP-4/装甲-2/回避-1」など劣る機体となった。
 逆に言えばNTが搭乗せずとも高い回避性能を持つ事が強みで安定した性能を発揮する。
 また格闘命中で+7(威力-5)と大幅に上回る。

 エルメスゲルググJによる後衛性能差を武器に
 翌々技術のガーベラテトラ完成まで制限壁ユニットとして君臨する。
 当初は前線VP運用が多数見られたが、NPCの「狙い」が甘くなった第4週木曜20時をきっかけに
 軽修理なケンプファーが取って代わりVP機から見られなくなったようだ。

5.ゲルググ/第4期性能修正

イメージ 3

 MS-14A。オプション装備による多用途対応を可能とする主力機。
 ビーム兵器標準装備により最強の量産機と称されるが、完成時期が遅く熟練パイロットの機種転換訓練を
 行えず、当初からゲルググ搭乗を想定して訓練を受けた学徒兵を中心に運用されている。
 それでもパイロットが足りず、実戦投入は総生産数の二割程度に留まった。

武装命中
 ビームライフル…命中35-40

■任務壁に昇格
 第4期で「HP-13/回避+3」と回避が大幅に向上。
 ジオンではビグロやゾックなど制限射撃に事欠かない事から「制限機枠」を部下射撃に回すのも有効。
 その事情から特に任務隊長低壁として高い戦闘能力を発揮する。
 ジム系と同様の性能傾向ながら採用例は多い。

 また本機は「高いスペックを持つ量産機」の二つの特徴を持つが、ゲーム的には後者が優先されており
 その為、ガンダム同等の回避性能を持つものの打たれ弱い機体となっている。
 ある意味設定通りの機体になった。

5.ザクⅡ改/第4期実装

イメージ 4

 MS-06FZ。ザクⅡの最後期生産型。
 S型級の推力を持ちつつも、制御系の発展によりF型並みの操縦難度となった。
 機体のカタログスペックだけならゲルググ級。操縦面も統合整備計画で同世代MSと互換性を持つが
 それ故に逆に従来機パイロットには合わず、主に後期育成された若年兵に配備された。

武装命中
 マシンガン……命中34-39
 バズーカ  ……命中32-27
 シュツルム……命中37-32

■ドムを駆逐した高性能量産射撃
 第4クールで実装された修理43の汎用系Ms。
 壁・射撃共にこなせるスペックを持つものの壁にはやや性能が物足りないので、もっぱら射撃となる。
 ドム(リックドム)同等の搭載14。射撃性能ではドムにやや劣るものの修理43(ドム比-16)と
 VP向きな事から多数採用。VP射撃のスタンダードに有望な機体となった。

5.ハイ・ゴッグ/第4期実装

イメージ 5

 MSM-03C。大戦末期にゴッグを再設計した機体。
 水陸両用・強襲のコンセプトのみ継承し、軽量化・攻撃力強化・生産性向上に焦点を当てている。
 強襲MSという特性上、特務部隊を中心に配備された。
 
■推定命中
 ビーム・カノン……命中37-42
 ハンドミサイル……命中38-38-33

■中距離射撃として活躍
 第4クールで実装された脅威的な回避を持つモビルスーツ
 現実には「打たれ弱い」事で壁採用は全くと言っていいほどなかったものの水辺NPCとして活躍する。
 距離2命中42も恐ろしいが、特殊がZZガンダム級(サーベル比で-4)の威力を持つ上
 命中も標準以上な為、一撃でHPを削られる可能性を有する。

 PCではもっぱら射撃機として採用。
 中距離機として「移動2で高い命中」と「ハンドミサイル」を使わせてみたところ効果的だったらしく
 第3週の地上VP上位で多数採用され活躍している。

5.リック・ドム

イメージ 6

 MS-09R。ドムの改装機で宇宙に対応する。
 推力・装甲・火力いずれもザクを上回り12月に暫定主力機となった。
 ただ推進機構は他MSと同様のスラスター推進な為、地上のような特殊な機体ではなくなっている。

武装命中
 ジャイアント・バズ……命中27-32-27

■修理に泣いた重MS
 ドムの完全宇宙互換機で性能的には全く同一。
 射撃機として活躍するものの、同搭載に修理43射撃としてザクⅡ改が同時配備された為
 VPでは地味な存在となった。主に任務部隊の射撃機として活躍する。