GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ジオン公国軍 技術Lv4(第4期)

 第1-3クール時のデータはこちら(またはこちら)。

技術Lv4/第2ユーラシア作戦終了後に上昇

■第1北米作戦終了後、ビグロとグフカスタムを除き先行開発可能に。
 グフ・カスタム   …16100※第4期性能修正
 ズゴック     …5300※第4期性能修正
 ドム        …5700
 ビグロ       …17700
ジオン公国軍の技術Lv(機体発売予定)リストはこちら
 第3クール時の記事はこちら。

4.グフ・カスタム/第4期性能修正

イメージ 1

 MS-07B-3。グフの固定武装は発展機「グフ重装型」が作られるなど局地戦において高い評価を得たが
 一方で汎用性が低いとする悪評もあった。本機は後者に着目し開発されたカスタム機であり
 武装を小型・外付け化する事で汎用性を高めている。

武装命中(推定)
 ガトリング砲……命中39-44
 ヒートロッド……命中61-66

■搭載15級最強の壁制限機
 第4期にて「HP+2/装甲-2」に弱体化。
 技術4/搭載15機体ながら、地形補正によりG-3ガンダム(回避49+NT)と同等の回避と頑健なL盾を持つ。
 ロールアウト時期、搭載、後衛ゾックなど優れた条件が多く非常に高いスペックを持ち
 地上での隊長壁用MSとして大規模任務を中心に大活躍する。

 第4クール地上前線VPは状況的に厳しく、主に通常VP機として活躍している(前線VPはビグロ採用)。
 ただ修理面からグフ☆に取って代わられる場面も見られたようだ。
 スペックの割に搭載が軽く5機編成に有効な機体。

4.ズゴック/第4期スペック修正

イメージ 2

 MSM-07。他機より開発が立ち遅れたものの結果的に洗練された傑作水陸機。
 ザク系にも匹敵する軽快な運動性を持ち、また水中での進軍においては二本足移動による負荷が小さく
 行動半径も広い利点を持つなど、あらゆる意味で先行水陸機を凌ぐ性能を持ち
 量産以後は水陸両用機の普及機となった。

武装命中
 メガ粒子砲…命中38-43
 ミサイル  …命中33-28

■軽修理距離4MS
 第4期で「搭載+2/HP+14/装甲+5/ミサイル威力+4」など強化修正された。
 元々、平地回避46+回避機動5と回避は高かったので壁候補の可能性もあったが(グフは回避44+地形3)
 結局その姿を見る事は殆ど無かった。回避機動壁はザクレロ乗り宇宙配備が多かったようだ。

 ☆機を含め主に射撃機として活躍(100機配布)。
 威力そこそこ低命中だが、修理40機体としては比較的高い威力を持っている(ジムSC威力57*3修理73)。
 得意な戦場を選べないのがPC機体としての弱み。一方NPCとしては「常時水辺登場」の強みで
 厄介な存在となっている。

■第5週での活躍
 修理40回避機動機として第5週にして☆機が前線VPで活躍。☆は射撃を含め長寿命MSのようだ。

4.ドム

イメージ 3

 MS-09。MSが2本足で行動するが故に重力下で抱えた難点(低速、上下動による各部関節への負担など)を
 ホバー機構を取り入れることで解決。重装甲化も可能とし重MSカテゴリを開拓した。
 実戦投入は大戦末期の僅か2ヶ月程度ながら高い戦果を残している。

■命中
 ジャイアント・バズ……命中27-32-27

■第4クールは宇宙主体に
 プロトグフ☆が30機配布に留まった影響もあったか大規模任務以外では殆ど見られず。
 なにより当時の地上通常VPは稼ぎにくく、地上=後方軽修理の傾向から、重い修理で嫌われたようだ。
 特に第4クールでは修理40の陸戦型ザク☆があった事も大きい。

 更に次週では「同搭載にザクⅡ改」という修理43射撃機が登場するのでなおさら影が薄くなった。

4.ビグロ

イメージ 4

 MA-05。従来型の宇宙戦闘機にAMBACシステムを取り入れた最初期のMA。
 当時の艦砲であったメガ粒子砲を「MSに携行可能なライフル」として小型化するのではなく
 機体自体を大型化させることで搭載し、速力・火力ともに桁違いの「モビルアーマー」として完成した。
 生産・操縦性が悪く生産数は少ないが、数少ない「量産されたMA」として知られる。

武装命中
 ミサイル  …命中32-37
 メガ粒子砲…命中41-36

■第四(クール)世代モビルアーマー
 スペック修正こそないが第4クールの諸修正により主力機となった。
 回避機動+5と、宇宙補正(命中回避+3)を得られるので額面よりずっとスペックは高い。

 第1クールで活躍したプロトグフ☆は配布が絞られ、第2-3クールで活躍したグフカスタムは性能低下。
 それらの影響を受けてか、第3週前線VP用の隊長壁機体として大いに活躍している他
 宇宙射撃機として任務屋に愛用された。
 大規模任務が地上なのがネック。