GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

第2 ユーラシア作戦終了 14日目

連邦軍オデッサ地域制圧を断念

 第2作戦:ユーラシア反攻作戦
 侵攻側 :連邦発動
 作戦結果:失敗/ジオン勝利
 エリア :ユーラシア/地球衛星軌道
 日時  :9日目(3/9)0時~14日目(3/14)00時終了※集計は13日23時頃。
 初期進行:50%対50%
 大規模任務「オデッサの戦い

■競合
 作戦前競合…アルジェリア競合(ジオン勝利)。
 作戦中競合…ホワイトベース援護任務(ジオン勝利)。
イメージ 1

 土曜日深夜を以って作戦完遂。
 例によって「競合」が作戦に与える提供は(原作NPCの生存を除けば)4~2%程度しか効果がなく
 大規模任務最終戦では敵PC一機落とす程度の効果しかないようです。

 その作戦バーの動きも、つまるところ相手のキーキャラ(二回行動キャラ)を落とせばひっくり返るので
 作戦侵攻の動きを観察する面白みは減りましたね。

■大規模任務
 オデッサの戦い。というタイトルにてWB隊vs黒い三連星の戦い
 三連星が全員生きているという事は第24話と思われますが、Gファイターもマチルダ隊もいません。
 あれはオデッサ戦の前哨戦なんですから本戦やりましょうよ本戦。
 なんでレビルもマクベもエルランも出ないんですか!
 …まあそんな話はさておき。

 キーキャラ(二回行動キャラ)は連邦アムロ。随伴はカイのガンキャノンとハヤトのガンタンク
 ジオン側はガイア隊長。随伴はマッシュとオルテガ

 前回同様アムロが常時距離1強狙いでガイアの専用ドムを追尾し、ガイアは距離2でバックステップ
 結果アムロとガイア他2名が戦場から押し出されていき
 そのまま撃墜されるという結果に。
 
 せめてアムロがもう少し強いならともかく画像の様に全く当てる事が出来ない状態で
 あまつさえガイアからの攻撃が距離1で20%前後、距離1格闘では50%オーバーという状況で
 なおかつ一緒に戦場から押し出されたPC隊長(アムロへ命中20%前後)、マッシュ(若干高く20%強)の
 三名から袋叩きにされるという無茶なゲーム展開で、ガイアにはクリティカルまで喰らう始末
 前回より酷くなってました。

 両軍部隊長が格闘で素振りを続ける中、戦場の外れまで移動したアムロが袋叩きにされて終了。
 両軍ともPC部隊長はまたしても空気。

■競合が影響していた?
 競合2連敗でアムロが弱体化していたんだ。という主張も見られましたが
 前作戦では競合に勝ってもシャアに一方的に(同じくクリティカルされる始末)やられてましたから
 信憑性は低いのではないでしょうか。

■隊長が出ないぞ!
 今回は両軍ともに三名NPCが登場しているので、各軍5機ずつという縛りの存在から
 部隊長が各2名ずつしか出られないという寂しい展開に。

 中途で距離1で突出(GNO2でおなじみ)したオルテガがハヤトに打ち落とされて補充が入りましたが
 基本的に両軍部隊長=壁なので全く減らない=追加が出ない。という展開。
 各部隊長の出番、みたかったですねえ。

 次回はジオン軍による各方面への遊撃作戦。
 原作から言えば第26~30話で「復活のシャア」「女スパイ潜入!」「太平洋、血に染めて」
 そして「ジャブローに散る!」「小さな防衛線」辺りの再現作戦でしょうか。

 ジオンは潜水艦隊などを使って各方面軍(欧州方面)に攻撃を仕掛けて連邦軍を陽動し
 仕上げにジャブローに大規模な空爆をしかけてくる…ものかと思われます。
 大規模は「ジャブローに散る!」でアムロvsシャアでしょうか?
 ここまでの展開から考えると。

 最後の大規模がアムロ対シャアなら、アムロが負けても「シャアを取り逃がした…」というだけで
 原作とさして変わらない展開になりますし。

VP、MP、総合

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 今回のガンダムGNO2のような性能ではない為かβの「ガンダムでは通常にいけない!」を踏襲。
 一部は進出したようですが大半はジムSC待ちで後方待機となったようです。
 搭載の許す範囲で最も性能の高い、ガンダム・グフ・陸ガンの四機編成が主流。
 グフ系は鹵獲機で希少ですが、陸ガンより壁性能は優位なため選択したプレイヤーは多かった模様。

 MPは早々に少佐が出現。
 大尉250に対し少佐の必要戦功は450と段違いに高く、群を抜く廃人っぷりで話題をかっさらいます。
 またその下の下の三垢氏にもご注目。
 こちらの方々は群を抜くMPでありながら総合ランキング1-3位でもあるのです。
 総合は野戦効率とMP効率がよい、野戦と特殊任務の両立プレイヤーであるとされていますが
 なんらかのコツを掴まれているのでしょうね。

 特に三アカウント回しは効率を突き詰め易いので(反面、他の方の戦術を見る機会が減るので
 自分で考えを積み重ねる必要性がより高くなりますが)
 その利点を活かされているのでしょうね。

 こちらも昇進は相当に早そうです。
 総合は本作で戦功が最も多いランキングですし、更にMPランキング分と任務分も上乗せされ
 ついでにTmp作戦褒章の機体も(個人チーム扱いで)稼がれていることさえ考えられます。
 いやはや。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 個人戦績。後方在住で今回も表彰台に。しかし戦功は40と少しで少佐まで130ほど必要です。
 はっはっは遠い遠い。

 例によって隊長やM氏のご厚意で鹵獲機やガンダムを回して頂いたのが大きいですね。
 皆後方に居たみたいなので上位は稼ぎの差が非常に僅差。

 悩みどころは木曜日の編成変更で、ここで悩んだ挙句に編成変えたのが上手くはまってくれたようです。
 最終日は色気をだしてちょっと任務にも手を出しましたたが、22時時点の集計で
 差が300点程度まで詰まっていてドキドキしたのはここだけの秘密。