GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

パイロットの種別【簡易メモ】

 今回、部下は「補給」→「パイロット補充」→「申請」から得る仕組みですが
 その申請の際、いくつかの情報が呈示されます。

 例えば「アタッカー/エリート」とか表示されています

パイロット種別

■アタッカーとは?
 パイロットの成長タイプを示します。
 詳しくは「編成」→「訓練」→「(画面左下の)成長タイプ」をご参照ください。
 そちらに非常に詳細に記載されています。
 
 壁/防御系の種別
 ディフェンダー、ガーディアン、トルーパー、アサルト

 汎用系
 レンジャー、コマンド、スカウト

 距離2-4攻撃型
 イェーガー

 距離2-3攻撃型
 アタッカー、スカーミッシュ

 距離3-4攻撃型
 ストライカー、スナイパー

その中での3つの種別

 こうした種別でほぼパラメータが決まっているようですが、更にその中でも3種類があるようです。
 申請画面に表示されている「エリート、タフネス、NT」の三種ですね。

 各パイロットの能力は種別でほぼ決まりますが、
 最初に憶える一番左上のスキルと、一番最後に覚える一番右下の二個のスキルだけは若干異なります。
 この都合3つのスキルの配置を示すのが、エリート、タフネス、NTなんですね。

 つまりエリートなら最初から制限機習熟を持っており、最後にNTと損害制御を。
 タフネスなら最初に損害制御を覚え、最後にNTと制限機を。
 NTなら最初からNT素養を持っており、最後に制限と損害を。
 こうした流れのようです。

 欲しいパイロットに応じて種別を選ぶ事もそうですが
 パイロットに余裕が出てきたら、この三つにも拘ってみましょう。というお話。

■スキル
 NT素養は一定確率でNTに覚醒し、以後スキル欄が素養からNTに切り替わる。
 スペック欄にNTと記載されたエルメス、G-3などに搭乗した際、機体性能が若干向上。
 またごく低確率ながら稀に命中率・回避率100%となる。
※普段の回避と命中への補正は今回無しか?(HJ本P15

 損害制御は機体被弾時の性能劣化を抑えるスキル(ダメージを受けても性能が下がらない)。
 制限機習熟は「制限機」に乗った際に、命中・回避が上昇するスキル。

※以上、この項目は攻略本を読まずに書いております。
 だってまだ届いてないんですもの
 どっとはらい