GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

考えてみよう。楽しい事を/84日目

 …というクリスマスまであとわずか。つまり忙しい時期はもはや目の前という訳ですよ。

最終作戦展開中

 第9作戦:ユーラシア制圧作戦(ジオン侵攻
 エリア :ユーラシア。東アジア、サイド4、南米
 日時  :78日(11/17)20時~85日目(11/24)21時終了予定
 21時進行:76.35%

■競合
 HLV破壊任務   …78(20)~80(20)/進行競合/地域/ジオン勝利
 オデッサ防衛任務 …80(20)~82(20)/進行競合/地域/ジオン勝利
 ジャブロー防衛任務…79(20)~82(20)/決戦競合/ジオン勝利

 進行競合に連敗していますが、やはり侵攻度は伸びきりません。
 競合が終わる作戦4日目辺りを過ぎると、やる気の面からかMPも消化試合の様相を呈してきますし、
 作戦も残り僅か。クールもまた残り僅かですね。

 他方、本日はnpcの最終レベルアップがありましたから、VP的には若干見るべきところがある日には
 なりました。とはいえ残り一日ですから少し寂しいところでしょうか。

機動戦士ガンダムUC

 この場合、UCと書いて宇宙世紀じゃなくてユニコーンと呼ばせるんですよ。紛らわしいなぁガンダム
 敵機である「クシャトリヤ」が先行発売してから一月、主役機であるユニコーンが発売。
 HGUCブランド版にて二機が発売されたので早速購入しました。

 本来なら「今冬OVA発売」だったのでもう出ていてもおかしくなかったんですが、
 来年に延期したので微妙な存在に。でも結構売れているようですね。
 入荷数も凄いですが。さすが主役機。

■RX-0 ユニコーンガンダム
 主人公である民間人の少年バナージ・リンクスが偶然乗り込む事になった試験機。
 発注に関わったらしいとある財団の長がパイロット登録を行い、その直後に死亡してしまったため、
 解除もできず事実上彼の専用機となったようだ。

 バナージはこの機体と共に、かつて宇宙世紀0001年に世に現れ、連邦政府の根幹にも関わったという
 禁断の品「ラプラスの箱」を巡る陰謀に巻き込まれてゆく。
 のだそうだ。

 原作は小説家の福井氏が担当しており、いわゆる非・富野監督作品であるが
 宇宙世紀という時代の根幹に関わった設定が多いらしい。その特徴から敬遠気味だったので未見。
 OVA化が決定したので、OVA→小説の順番で楽しもうかと。

ユニコーンガンダムの二つの顔
 同機は、ジムに近時したバイザーフェイスを持つ「ユニコーンモード(通常形態」から、
 ガンダムタイプのフェイスを持つ真の姿「デストロイモード」に可変する機構を備えている。
 この二形態の可変、「変身機構」にはかなり細かなパーツ構成が必要となるため、
 1/144サイズであるHGUC版では2キットに分けて発売される運びとなった。
※以前発売された1/100キットでは完全変身を実現しているが、
 パーツの保持力が低いという評価が見られる。

 まだ組み立てていませんが、写真写りは中々良いと思います(盾が蛇足気味に感じますが)。
 組み立てが楽しみ。

 そうそう、購入に当たって商店街を回ってきたんですがいよいよ年の瀬って感じですねえ。
 いや寒いからそう感じただけなのかもしれませんが。それとも辺りのクリスマスキャンドルからか?
 それを尻目に大判焼きと小袋のさきいかを買って帰る辺り疲れているのか私。
 熱いお茶がことのほか美味しくなると冬だなあと感じますね。
 今月の頭は半袖でもいいくらい暖かかったですが。

 寒かったから小鍋の用意したらまた暖かくなって、うんざりしたかと思ったらまた寒くなった。
 今年はどうもそんな感じの気候だったように思えます。
 まあもう暑くはならないでしょうが。
 それはそれで寂しいなあ。

 そう暑かったり寒かったり。
 こう書いてるとなんだかアイスが食べたくなりますね。こたつに足を入れているせいでしょうか。
 そうそうこたつと書いて何か忘れてたと思ったらみかん買うの忘れてたよこの野郎。