GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

行くヒト来ぬヒト【過疎化進行中】

 GNO2情報サイト「自由の翼」様が引退されたそうです。
 各サーバの情報を定期的に掲載され、競合の情報や毎月のアップデートを網羅され
 プレイヤー主催のVPイベントにも二回とも参加され、大将~少将相当アカウントを所有していた…等等
 非常に情報量の多いブログを執筆されていた方でしたが、奥様ご懐妊により引退されたとのこと。
 プレイヤーとしては寂しいですが、おめでとうございます。
 
 果てが無いと言われるネットゲームでの引退は、よく「ゲームクリア」と表現されますが
 実績面といい、踏ん切りとなった事情といい、この方ほど「ゲームクリア」という言葉が似合う方も
 そうはいらっしゃらないのではないでしょうか。

■ルウムの英雄
 ルウムの記事で若干触れていますが、最大級の人口を誇るルウムサーバで活躍されていた
 VP専任中将「バルト」氏も先日引退されたそうです。
※情報元はバルト氏のブログ。

 多人数サーバはついに2000アカウントを割り、小数サーバに至っては1000人を割る有様。
 ずっと言われている「過疎化」も、いよいよ極まってきた感がありますね。
 ゲームである以上、仕方ない話ではあるのですけれど。

 人口減を繋ぎとめるには、ゲームバランスが変わるくらいのアップデートが必要なのかもしれませんが
 それはそれで惰性でプレイしていた人はヤめそうですし「以前プレイしていた人が帰ってくる」
 という効果も、ゲームを知っている人からすると階級という既得権が厚い壁に感じそうで
 結構厳しそうに思えるのです。

 個人的にはやっぱり新規狙いが最重要で、
 パッケージ版を復活させて、量販店のプラモ売り場に並べるとか出来ないものなんでしょうか。とか
 ガンダム系の雑誌、定番どころのガンダムエースとかに小さくでもいいので宣伝を載せ続けたり
 とか出来ないものなのかな…とか思いますが、やっぱり費用対効果が小さいんでしょうね。

 でもダウンロード販売限定って、通信回線が細い人を入り口で撥ねちゃう仕組みに見えて
 ますます狭い方向に向かっているように思えてしまうのですが
 そもそも課金制のネットゲームでガンダムファン向けで自分で操作できる面は少な目…と
 一般向けじゃない、しかも稼動数年目と、窓口が狭いゲームでは仕方ないのでしょうか。
 一日10分プレイ可能なチャットゲームで、プレイしやすくてよい形態だとは思うんですけれども