GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその01【あ行】

アイナ・サハリン

イメージ 1
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」の主演。
 ジオン公国のかつての名家サハリン家令嬢。軍属ではないが、実兄ギニアスの統括する地球軍ラサ基地にて開発中の決戦モビルアーマーアプサラス」のテストパイロット役を務めていた(特に能力的に秀でた理由があったというより、劇中見られたようなギニアスの徹底した人間不信の賜物とされる)。
 ギニアスになんらかの負い目が有り、彼の命令に従って行動する。そんな「兄の人形のよう」な日々を過ごしていた彼女だったが、テスト中に交戦した連邦士官シロー・アマダと一時遭難した事で心を通わせ、更に二度目の交戦で再び遭難し、相思相愛となる。しかしギニアスはそんな彼女に露骨な不信感を示し、兄弟仲は悪循環に陥るのだった……という、彼女ら兄妹に連邦士官シロー・アマダを交えた愛憎劇が本編のキモとなる。
 アプサラス事件ではシローと共に死亡扱いとなったが、実際には彼と共に生き延び、平穏な暮らしを手に入れたようだ。

■角川解説書記載スペック
 初期成長15000、攻撃38/防御38/反応32.
 盾2.擦り抜け1.射撃特化2.視界2.対空1.ZOC1.近距離-中距離-遠距離射撃Lv2. 
※訂正済みの可能性大。

 原作部隊には参加しないが、アプサラス関連競合で活躍。
 能力はともかくアプサラスの性能がかなり高く、また護衛としてノリスが付いている事から
 彼女が登場すると少々厄介な事態になる。※まあマップ砲でノリスのHPを大いに削るのも彼女だが。
 競合次第で七人目配布。能力はやはり低いが、人気キャラなのでそんな事は気にならないとか。
「私は……投降しません!」
「誇りや名誉、血筋……サハリン家の私、まるで人形のよう……(強化」
「このマシン……泣いているの?(EXAM」

アカハナ少尉

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国突撃機動軍戦略海洋諜報部隊所属。
 或いは赤鼻と称するが、おそらくはコードネームと思われる(まあ富野監督なので本名の可能性もあるが)。赤い鼻に全身タイツというかなり独特な風貌の特殊工作員で、劇中ではシャア大佐の部下として登場。ジャブロー潜入部隊の実質的なリーダー役を果たしたが、連邦に発見され呆気なく戦死した。
 乗機MSM-04アッガイと共にカルト的な人気のキャラだったが、アッガイの人気再上昇と憶え易い風貌・コードネームも手伝って広く認知されるようになった。
 ジオン特殊部隊といえば水陸両用機。という印象を作り出したキャラでもある。
 多分。

■角川解説書記載スペック
 初期成長15000、攻撃34/防御38/反応37.
 盾2.擦り抜け1.射撃特化2.視界2.対空1.ZOC1.近距離-中距離-遠距離射撃Lv2. 
※訂正済みの可能性大。

 原作部隊「ブーン戦隊」「マッドアングラー隊」所属。
 アッガイを中心に水陸両用MSに好んで搭乗。状況によっては決戦競合にも登場する。
「ふぅぅ~……冷や冷やさせやがるぜ……」
「白い奴だ……白い奴が来る……寄るな! 寄るなァ!!(強化」
アッガイとは違うんだよ、アッガイとは!!(EXAM」

アコース少尉

イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍特殊部隊「ランバ・ラル隊」所属。
 乗機はザクⅡ陸戦型。同機の武装「クラッカー」を使用したシーンと、二度目の交戦で「アムロの駆るガンキャノン」に撃破された事で有名。また彼を戦場で見かけた将兵が「アコース! クラッカーだ!」とやたらと命令を発してくるのでノイローゼ気味だという噂が誠しやかにささやかれている。
 彼の部隊の性質上、おそらくはラルの子飼い。またラル隊長やクランプ副隊長同様、地球で戦うのは初めてだったとの事(第12話)。第16話にて戦死。

 原作部隊「ランバ・ラル隊」所属。
 同部隊の全攻低狙い役として後衛を務め、競合の成否次第で戦死、或いは七人目配布される。
「敵機を捕捉しました! 何とかやってみます!」
「ははははははっ! これが自分の真の力だっ!!(強化」

アス伍長

イメージ 4
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」の第8話に登場。
 ジオン公国地球軍ヨーロッパ方面軍MS小隊所属。乗機MS-06JC型。
 オデッサ作戦に敗北し、ラサ基地を目指して敗走していたMS小隊「トップ小隊」の一員。MS搭乗で天狗になっていた典型的なタイプで、危機的状況の割におどろくほど危機感がなかった。遂には敗走中に入り込んだゲリラの村で狼藉をはたらき、バズーカの洗礼を浴びて死亡。彼が不興を買ったせいで、穏便に済まそうとしていた同小隊そのものが全滅する事態に陥った。

 なお彼の名前は、富野御大の代表作「イデオン」作中における「バッフクラン言語」で1を指す。
 またトップは3.デルは2を意味する。
 間違ってもアス(尻)ではない。

 地上原作部隊「トップ小隊」所属。
 クール序盤で圧倒的な強さを発揮するが、原作部隊では弱い部類なので比較的早期に倒せるようになる。
 が、七人目配布ですぐに原作部隊から消えてしまうようだ。
「そーら! 避けねぇとおっ死ぬぞ!!」
「な、なんてGだよ! 俺を殺す気か!?(EXAM」

アダム・スティングレイ曹長

イメージ 5
 アトラクション「ガンダム・ザ・ライド」出演。
 地球連邦軍サラミス輸送艦フジ級スルガ護衛MS部隊「ジャック・ザ・ハロウィン隊」所属。部隊エンブレムはジャック・オー・ランタン。
 まだ未熟なジャック・ベアード隊長を補佐する叩き上げタイプの軍人で、ア・バオア・クー戦域に巻き込まれた民間人輸送ランチを護衛した。
 なお艦長はZでおなじみのヘンケン・ベッケナー少佐。
 劇中ではサーベル2本装備のジム指揮官用に搭乗。ただ本当の乗機は(劇中でジャック・ベアード少尉が搭乗した)バズーカラッチ増設の一般型ジムであり、混乱でうっかり乗り間違えてしまったのだという。
 なおGNO2での彼のカスタム機は一般型と外見的な際は無いので、その辺の事情は気にしなくて良い。
 ア・バオア・クー内部で戦死したかと思われたが、ラストシーンで帰還している。

■角川解説書記載スペック
 初期成長18500、攻撃40/防御40/反応33.
 盾3.擦り抜け1.格闘特化2.視界3.切り払い2.対空1.ZOC1.格闘攻撃2. 
※訂正済みの可能性大。

 略称AS.RGM-79ジムのカスタム機を保有
 原作部隊「スルガ隊」所属で、友軍支援などではジャック隊長とコンビで登場する。
 またジャック隊長は後にエゥーゴに参加するという設定があるので、エゥーゴ発起時はそちらに合流。
 作戦終了で瓦解した後は「残党収容」で七人目配布される。
 中盤以降は汎用量産機中心に搭乗。
「また敵部隊かよ! ウチの隊長、呪われてんのか?」
「……へへっ! ジムとは違うんだよ、ジムとは!(EXAM」
「一匹残らずブッ壊してやるぜ!(強化」