GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその02【あ行】

アダムスキー少尉

イメージ 1
 戦後を舞台とするOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 ジオン公国軍所属。一年戦争での所属や戦績は不明。
 戦後0083年に起きたデラーズ事件ではジオン残党軍の一員としてガンダム強奪部隊に参加し、連邦トリントン基地に大きな損害を与えるも戦死した。
 乗機はMS-09F/TR ドム・トローペン。

 GNO2内では同出展のボブ&ゲイリーと組み原作部隊「ボブ小隊」を結成。
 主にドム系に乗り関連競合などで活躍する。台詞データから見る限り七人目解放は無い模様。
「我らの大義のために……行くぞ!」

アナベル・ガトー大尉

イメージ 2
 戦後を舞台とするOVA「0083 STARDUST MEMORY」主演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍ソロモン艦隊302哨戒中隊隊長(0083年は少佐)。
 主に大戦末期、チェンバロ作戦後のジオン宇宙攻撃軍艦隊撤退戦とア・バオア・クー決戦にて多大な戦果を残した事で知られるエース。二つ名「ソロモンの悪夢」と共に戦後の連邦軍MS教本にも名が載っている程である。
 いわゆるニュータイプではないが、一切の「私」を持たぬ事で戦場における動揺を制し、高い技量に達した撃墜王として評価が高い。
 しかしながら「自身らの玉砕と、無関係な市民への虐殺行為」という高いリスクを負いながらも、結局のところは示威行為以上の意味を持ち得ない、悲惨な軍事行動を一組織として行った彼は「唾棄すべきテロリストに過ぎない」とも評される。敗北を受け入れられなかったかつての英雄。

 ア・バオア・クーでは、ギレン戦死を「キシリアのよる暗殺」と断じたデラーズ大佐に同調し
 戦闘が続く同宙域から離脱。ジオン共和国とも決別し、大佐が独自に建設させていた宇宙基地「茨の園」や
 月面を拠点に再起を待った。その後0083年に起きたデラーズ事変では、連邦の核搭載型MS「GP-02」の強奪と
 これを使用した強襲作戦の実行、連邦宇宙艦隊を半減させた上でのコロニー落とし作戦への移行など、
 星の屑作戦を成功させる原動力となるも、成功を見届けた後に戦死した。

 物語の牽引と作品の象徴という意味で「もう一人の主人公」なのは間違いない。
 また初代ガンダムから逆襲のシャアOVA第一作「ポケットの中の戦争」など過去のガンダム作品では
 決して良い意味で描かれていなかった「ギレン信奉者」のイメージを大きく変えたキャラであり
 以後の作品のジオン軍人描写に大きな影響を残している。

 反面、一年戦争中「サイド1虐殺の跡地」であるソロモンエリアに身を置きながら
 スペースノイド解放という言葉を信じ続けたことや、戦後オーストラリアにて「たかがコロニーの1/3」が
 残した巨大クレーター(0083冒頭)を見ておきながら、コロニーを一つ丸ごと、敢えて穀倉地域に落下させる等
 政敵に対する猛烈な敵意の割に、名もなき市民への異様な無関心さがあったと語られる。
 かくも「ギレン・ザビのジオニズム」に傾倒した彼の過去には一体何があったのか。
 それは未だ語られていない。

七人目時スペック
 初期成長15862?.攻撃51/防御51/反応51.
 盾8.擦り抜け3.格闘特化5.視界8.気力9.切り払い5.対空1.ZOC3.格闘攻撃5. 
※公式サイト掲載より抜粋。

 略称AG。リックドム及びゲルググ初期生産型カスタムを保有
 特殊任務では実質彼の専用機となる「GP-02」及び「ノイエ・ジール」に搭乗する事もある。
 特にノイエ・ジール搭乗時の戦闘力は圧倒的であり、本作最強キャラクターの一人。
 所属する原作部隊は「302哨戒中隊」で基本的に宇宙で活動しているが、競合次第では地上に出現する上
 ビッター隊など他部隊との混成になっている事も多いなど、やや競合に出現しやすい。
 また競合成否のよる死亡は存在せず、七人目参入も期間限定になっている。
 タイプは気力格闘で、七人目でも桁違いの強さを誇る。
「怨恨で戦う者に私は倒せぬ! 私は義に拠って起っているからな!!」
「邪知暴虐の連邦の犬どもめ……天に代わりて誅殺してくれる!(強化」
「素晴らしい……! まるでジオンの精神が形となったようだ!(EXAM」

アニッシュ・ロフマン曹長

イメージ 3
 ゲーム『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』出演。
 地球連邦軍MS特殊部隊第三小隊所属MSパイロット。コードはデルタⅢ.
 マット・ヒーリィ隊長が指揮する同部隊で三番手を務める部隊のムードメーカー。
 漫画版では同僚ラリー・ラドリーの戦死によりマットへの信頼を失い、またジオンに対する憎しみを募らせるようになった。そんな彼と時を同じくして部下を失い、同様の精神状態に陥ったジオン軍外人部隊隊長ケン・ビーダーシュタットの二人の心の決着が、話の大きなキモになっている。
 乗機は先行量産型ジム地上用及びRGM-79ジム前期生産型。
 またラリー戦死後は、彼の乗機だったジムスナイパーⅡへ乗り継いでいる。

 略称AR.先行量産型ジム地上用カスタムを保有
 アムロ・レイ少尉と同じという、非常に紛らわしい略称を持つキャラクターだ。
 原作部隊では地上部隊である「実験部隊」に所属し、地上競合で頻出。当初はカスタム機に乗っているが
 そのうち量産機に乗り換え、やがて限定生産機であるRGM-79SP スナイパーⅡに落ち着く。
「俺はやりますよ……やりますとも!!」
「こちらアニッシュ、リタイアです! 後をよろしく!」
「一匹残らず潰してやるぜ!(強化」

アポリー中尉

イメージ 4
 アニメ「機動戦士Zガンダム」出演。
 ジオン公国突撃機動軍所属として、一年戦争に逆輸入の形で登場。
 本来はUC0087年頃のグリプス戦役にて、反ティターンズ組織「エゥーゴ」の一員として活躍した人物。一年戦争時における所属及び戦績は不明。
 戦後、ロベルトと落ち延びたジオン残党拠点「アクシズ」にてシャア大佐と再会。彼に従い、偽名を名乗って地球連邦軍に潜伏する事を決意する。…もっとも、劇中では語られておらず、むしろミネバの存在にあっけにとられる描写などがあるくらいなので、この辺りの設定は後付けと思っていいようだ。
 その後シャアを通してエゥーゴに参加。相棒ロベルトと共に頼れるベテランとして、まだ経験が浅いカミーユエゥーゴ実戦部隊を引っ張っていったが、旧ア・バオア・クー要塞「ゼダンの門」攻略作戦にてジェリドに討たれて戦死した。偽名フルネームはアポリー・ベイ。…アポリー・アポーラーではなかったらしい。
 
 宇宙原作部隊「独立第300戦隊」に参加。主にドム系で格闘役を務める。
 流石にシャアやララアには見劣りするが、エース級の実力者として彼らをしっかりサポート。
 第三軍発生ではシャアに連動し、エゥーゴネオジオンに参加する。
「これでもベテランなんだぜ! 負けるわけないでしょ!」
「次から、次から……まるでモグラ叩きだ!!」

アマサ・ポーラ曹長

イメージ 5
 アニメ「機動戦士ZZガンダム」出演。
 ジオン公国地球方面軍所属。戦後UC0088年に起こった第一次ネオジオン戦争ハマーン戦争>で活躍した人物で、本作には逆輸入の形で登場。
 一年戦争時の所属及び戦績は不明。戦後は残党として戦い続けていたが、ハマーン戦争勃発により乗機ドワッジと共にネオジオン軍に合流。アフリカでグレミー・トトの指揮下に入りダカール攻防に参加した。
 幸運にも両軍共にサブ・フライト・システムを用いた空中戦だったので、旧世代機ながら機動性に大きな優劣は出ず善戦したが、どちらかというと上官グレミー・トトの判断に救われていた面が大きい。最後は突出が仇となって撃墜され戦死したが、その際にとある人物が眠っていた小屋に落下してしまった為、出番が殆ど無かった割に変に有名なキャラとなっている。

■角川解説書記載スペック
 初期成長15000、攻撃38/防御38/反応32.
 盾2.擦り抜け1.射撃特化2.視界2.対空1.ZOC1.近距離-中距離-遠距離射撃Lv2. 
※訂正済みの可能性大。

 劇中では面識も無いが、同じZZアフリカ組の縁か「ロンメル隊」後衛を務める。
 時期が時期なので桁違いな強さを誇るが、乗機が量産機な事もあって倒せない相手では無い。
 七人目としては下位クラスであり、加えて射撃特化済みなので扱いにくい。
「ど、どういうことだ!? 連邦にこんな手練れがいるはすが……」
「落ちる……落ちる……落ちる……この吸い込まれていく感じは……何だ?(強化」