GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその04【あ行】

イーサン・ライヤー大佐

イメージ 1
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」出演。
 地球連邦陸軍極東方面軍独立機械化連隊連隊長。
 主演アマダ少尉の上官コジマ中佐の更に上に位置する人物で、アマダ少尉の軍事査問会では議長を、ラサ秘密基地に対する攻勢では総司令官を務めていた。
 いわゆる「顔で笑って背中に刃物(を隠し持つ」タイプの人物であり、理想論や正直に内情を吐露するなど青臭さを前面に押し出した主人公サイドに対し、物事に懐疑をもって当たり言質をとらせず保険をかける……など実利主義的で計算高い「大人」として印象深い。
 データ上「コロニー直撃にも耐えうるジャブローの装甲を貫く」というアプサラスの火力を警戒し、大部隊を持ってラサ基地を攻撃。表面上はともかくその実で部下の損耗を惜しまず、同作戦本部では危険な言動が目立った。その甲斐もありアプサラス撃破に成功。しかし彼自身はその末期の砲撃を受けて戦死している。

 人道よりも戦功を重視する姿や、人道を重視する部下コジマ中佐の姿、また特に第11話での病院船を撃墜させたその行いから「卑劣漢」と断じられる事もあるが、その直前の協定にせよ、ギニアスの暴挙だったにせよ、そもそも本当に最新鋭の重巡洋艦が「傷病兵を満載している…」のかにせよ、彼にすれば蚊帳の外にある(これらはアイナ側が全て正直に話している、という前提が必要となる)事情であり、そうした事を踏まえると意外に「妥当な差配」として受け止める事もできる。

 本作では確定戦艦護衛などの対象としてその姿を見る事が出来る。
 従って連邦プレイヤー的には非常に馴染みの薄い人物。
「脱出? ……フン! 間に合うものか…!」
「レビルへの手前……貴様らを見逃すわけにはいかんのだ!」

ヴィッシュ・ドナヒュー中尉

イメージ 2
 一年戦争を舞台とするゲーム「コロニーの落ちた地で…」出演。
 ジオン公国地球軍オーストラリア駐屯アリス・スプリングス支隊MS部隊隊長。
 MS-07Bグフを駆り、同大陸でも五指に入るトップエースである。一方、経歴に似合わず穏やかな性格であり、趣味は絵を描く事。その趣味を活かし、風塵雷神の絵を自身や部下の機体に描き込んでいる。「荒野の迅雷」の二つ名はこれに起因するらしい。
 無駄なく戦闘を進めるセンスの高さにも定評があり、他の兵士と同量のエネルギー・弾薬しか積んでいないというのに3倍近い戦闘時間を維持し、3倍の戦果を挙げて帰ってきたという逸話で知られる。
 このように個人の能力も頭抜けているが後進の育成にも余念がなく、空いた時間を活用して教官を務め多くの兵から慕われているが「ジオンにいるのは軍人ではなく、武人か戦士である」という連邦将軍の皮肉を実感しており、軍としての統制よりも、「シャア大佐のように」と、スタンドプレイに逸りがちな部下達に頭を悩ませている。
 
 愛機グフにて連邦軍「ホワイト・ディンゴ」隊と幾度も渡り合い、同機撃破後はゲルググ陸戦型に搭乗。
 友軍ながら非道を繰り返した「マッチモニード」との内戦なども織り交ぜ戦い抜いたが
 オーストラリア方面軍最終作戦「月の階段」にて戦死した。

 関連競合となる「アスタロス」等で姿を見る事が出来る。競合成否により七人目解放or戦死。
 強化人間化しても格好良いという稀有な台詞設定も特徴だ。
「お前とやり合えることを神に感謝する! ……行くぞ!」
「今という時では……この力も戦争の道具か(NT」
「目の前の敵を倒す……俺はそのための機械でいい(強化」
「もっと早くこの機体があれば……多くの部下が救えたものを!(EXAM」

ヴィリィ・グラードル少佐

イメージ 3
 戦後が舞台のOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 元ジオン公国軍残党艦隊「デラーズ・フリート」ムサイ級軽巡洋艦ペール・ギュント艦長として0083年のデラーズ事変で活躍。一年戦争時の所属及び戦績は不明。
 同事変ではアナベル・ガトー少佐付きとして、ガンダム強奪後の地球脱出や星の屑作戦での母艦役を務めた。核攻撃時のエピソードで「信号弾」を打ち上げたのも彼である。
 コロニー落とし作戦時にコロニー防衛部隊としてGP-03デンドロビウムと交戦。艦橋に大型ビームサーベルの直撃を受けて戦死した。
 劇中では呆気ない戦死を遂げたが(ニナとガトーの過去など)設定を整理した松浦漫画版では活躍するシーンが増加。絶え間なくムサイの主砲を浴びせてiフィールドを使用させ「主砲とiフィールド、同時には使えまい!」と吼えたが、実体弾の直撃を受けて撃破された(ただし一年戦争時でのビグ・ザムの戦いぶりを顧みると、実は無謀極まり戦法だった…というのは秘密である)。

 GNO2でも宇宙作戦時のガトー隊母艦艦長として活躍。
 ムサイ級指揮官。基本的に前衛に位置している事が多いので、連邦部隊にとって第一の障害となる。
「全力射撃だ! 我らの力を見せてやれ!!」

ウォルター・カーティス大佐

イメージ 4
 一年戦争を舞台とするゲーム「コロニーの落ちた地で…」出演。
 ジオン公国地球攻撃軍オーストラリア方面軍司令官。
 優れた戦略眼を持つと共に「司令部は眠らない」をモットーに司令部の24時間体制を敷くなど勤勉さで知られ、その際は参謀を3交代制にし、また自身が休んでいる時でも即応できるよう司令部と自室とを直結させていた。
 同作登場の多くのキャラ同様、選民思想に固まったタイプではない。元々ダイクン(建国の父でありシャアの実父)派の人物であり「ザビ家独裁による勝利」などは望んでいないが、同戦争自体はスペースノイドの解放戦争と捉えている。
 なお小説版ではジャクリーンの隠れファンの模様。

 本作では地上確定前線基地襲撃任務Aにて登場。
 特に地上作戦が続くサーバなら、結構な頻度で出会うことになる人物である。
「ザビ家のためではない……祖国の未来を案じるから戦うのだ!!」
スペースノイドの独立と解放のため……戦う意義はあるはずだ!!」

ウォルフガング・ヴァール大尉

イメージ 5
 戦後を舞台とするOVA「0083 STARDUST MEMORY」出演
 ジオン公国アフリカ方面残党軍キンバライト基地所属(0083年時)。
 一年戦争時の所属及び戦績は不明。0083年に起こった「デラーズ事変」にて活躍。キンバライト鉱山におけるアルビオン隊との攻防でビッター少将が戦死し同基地が保有する戦力が壊滅したことで、少将が生前下していた命令に従い投降した。

 GNO2内ではビッター少将付きの戦艦艦長役を務める。
 乗艦はクール序盤はギャロップだが、日数経過に従ってダブデ級に乗換えを行う。
 確定高官時も艦を担当しているが、彼を倒しても任務は終了しないので注意。少将の撃破が必要となる。
 またGP-02競合時もアタリでダブデ級に乗って登場する。
「まだだ! まだ我々は戦える!!」