GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその06【あ行】

エリオット・レム中佐

イメージ 1
 プラモ企画「MSV」出身。
 ジオン公国の機械会社「ジオニック社」に所属する技術者。同社の「ザク」が公国軍の主力兵器に採用された際に軍に出向し、佐官待遇で扱われた。
 実戦には参加していないが、最初期からテストパイロットも務めておりMS史を語る上ではずせない人物。その功績から高機動型ザクⅡの開発計画では最高責任者に任じられている。モビルスーツの開発自体にも携わった人物であり、媒体によっては基礎研究やザクの設計も彼が手がけた事になっているが、その辺りはまちまちなので現在はややマイナーな人物となっている。
 終戦後ジオニックはアナハイム社に吸収され、彼はサイド3への残留を望んだが、連邦政府から度重なる依頼を受けた事で地球に降下。開発本部付きの技官に就任している。
 彼については漫画「パイロット列伝」「デベロッパーズ」の二冊で語られているが、前者は真面目一徹、後者はジョークも交える軽妙な人物、と造形はかなり異なる。本作でのキャラクター付けに近いのはやはり後者だろうか。

 略称EL.高機動型ザクⅡと同後期型、そして高機動型ゲルググのカスタム機を保有する。
 MSVの方針上キャラクター造形は確定していないが、無難に技術者的な風貌と言動になっている事が多く
 本作でもそれを踏襲している。七人目解放はされないようだ。
 確定新型兵器破壊任務時に出現する。
「これでもMS乗りとしては人類最古参でね…初心者には負けられんよ!」
「こんなこともあろうかと……増設しておいた装置が役に立った!」
「……驚いたかね? MSはもともと汎用作業機械なんだよ」

エルラン中将

イメージ 2イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 地球連邦軍陸軍に所属する高級将官
 大将に次ぐ「中将」に在る高級将官ながら、一年戦争において部下のジュダック中佐を介してジオンに内通。様々な情報をリークしていたようだが、特に有名なのは地上における一大決戦「オデッサ作戦(25話」における裏切り行為だろう。

 同作戦では、彼は敵司令マ・クベ大佐より「作戦開始と共に裏切れ」と依頼を受けており、
 今までの経緯からこれを信用していたマ・クベはその主力を全てレビルに注ぎ込む体勢を整えていた。
 皆様ご存知のように、これは現場のアムロの活躍と、レビル将軍が施した「予防措置」により防がれたが、
 その意味するところは「オデッサ作戦敗北」と「レビル戦死」を謀ったモノであった。一年戦争を語る上で
 重要な、この二つの事項の成否が以後の歴史に大きな影響を与えた事は間違いない。

 なお彼が裏切った理由については特に語られていないが、失敗により幻と消えた「成果(レビル戦死)」や
 既にビンソン計画(艦隊再建)とジム量産計画がほぼ完遂され、勝利の為の下地が済んでいた事や
 ジオンに通じ、逆にジオンに関する情報を多く握っていたと推測される事から
 戦勝後を睨んだ謀略合戦の一環であったと推測すること等が出来る。

 なお裏切りがカットされた劇場版では「レビルにちょっと懐疑的な将軍」程度。
 裏切りがクローズアップされた漫画「ジ・オリジン」では、一年戦争以前からマ・クベを介しキシリア少将に
 我知らず好き勝手に操られた挙句、レビルに問い詰められるわ核攻撃におびえて泣き出すわ
 前線に積極的に出たことが無いだわと良いトコ無しに終わっている。
※レビル奪還の手柄を与えられたが、これも継戦を望むキシリアの謀略になっている。

 本作では戦功章相当の地上確定高官。
 クール初期の高官直衛は「セイバーフィッシュinエリート」なので高官が危険に晒される場面が多く
 彼が戦う姿は比較的見かけ易い。また「ホワイトベース隊健在」状態で「オデッサ作戦」が発生した場合
「エルラン拘束」競合が発生しジオン側に向けて脱走。競合をジオンが制すると以降ジオン側に亡命する。
 また正統ジオン発生時にも参加するようだ。

 原作第25話におけるアムロとのくだりのように実は結構肝の据わったおじさんなのだが、
 ゲーム出演時は何故かほぼ例外なく「口調は尊大だが被弾し始めると途端に情けなくなるヘタレ将官」。
 ゴップ同様にスタッフ受けはあまりよろしくないようだ(裏切りキャラですしね)。
「ここは戦場だ! お前が死んでも誰も咎めないだろう!」
「こっ、この私を誰だと思っている! ……連邦軍のエルラン将軍だぞ!」
「こっ、この私を誰だと思っている! ジオンのエルラン将軍だぞ!」

オルテガ中尉

イメージ 4
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 突撃機動軍第7師団第1MS大隊司令部付特務小隊「黒い三連星」の三番手。
 彼らの得意とする連携戦術「ジェットストリームアタック」では三番手を務め、ガイアとマッシュの連続攻撃から逃れた敵へトドメの一手を放つ役割を担った。また、新型機のドム・タイプでは間に合わなかったようだが、巨漢の彼は乗機にも大型のエモノを好んで装備させていたそうな。
 一年戦争開戦以前にMS訓練を受けたベテランパイロットであり、ガイア、マッシュと共に緒戦のルウム戦役にて連邦艦隊旗艦「アナンケ」を撃破、レビル司令を捕虜として捕らえた戦功で名高い。その後も順調に戦績を重ね、ジオンが誇るトップエースの一人となったが、ホワイトベース隊との二度に渡る交戦により戦死した。
 一度目の交戦ではガンダムを撃破寸前まで追い詰めたが、捨て身で割って入ったミデアにより失敗。
 その怒りに任せてミデア艦橋を叩き割ったシーンで特に有名である。
 
 ジオン公国の名だたるエースの中でも特に著名な人物の一人であり、ファンから愛され続けてる。
 二つ名や得意技の名称からして様々な媒体にてネタにされ続ける不朽のエース。
 富野監督自身、自ら「ダンバイン」でネタにしているくらいである。

■角川解説書記載スペック
 初期成長20000、攻撃44/防御44/反応36.
 盾6.擦り抜け2.格闘特化4.視界6.切り払い4.対空1.ZOC2.格闘攻撃4. 
※訂正済みの可能性大。

 略称3S。ザクⅡC型、ドム、高機動型ザクⅡ改良型及びゲルググ高機動型の4種のカスタムを保有
 原作部隊「黒い三連星」に所属し、格闘型ながら全力攻撃で距離1近接攻撃を仕掛けてくる。
 勿論パワーは相応に高く、クール序盤なら彼の手で一部隊まるまる壊滅させられるのも珍しくない。
 関連競合成否でWB隊を解散させる要因の一つにして、最も高確率で解散に追い込む猛者。
 解散に追い込ませた場合は生存し、ドム系やゲルググを駆って戦い続ける。
 能力的には上位クラスの原作パイロット。
「この野郎! 俺に歯向かおうってのか!?」
「……ああ? テメエも脳天に一発カマされたいのか?(強化」