GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその07【か行】

ガースキー・ジノビエフ曹長

イメージ 1
 一年戦争を舞台とするゲーム「ガンダム戦記」出演。
 ジオン公国地球軍MS特務遊撃隊、通称「外人部隊」の二番手。
 通称が示すように彼もまたサイド3以外の出身と思われる。コロニーに残してきた妻子の為に開戦当初から戦い続けたが、「金のタメに戦う外人部隊」とサイド3出身部隊に蔑まれていた。また「地球降下作戦」時の先発隊などリスクの高い作戦にも幾度も投入されているが生き延びている。若いながらも本物のベテラン。
 小説版ではその経歴からか連邦の古参兵ラリー・ラドリーと敵味方の垣根を越えた友情が芽生え、彼に妻子へ宛てた手紙を託している。

 地上原作部隊「外人部隊」に所属。七人目解放あり。
 主に後衛を務めドム系に搭乗。序盤の強さも当然厄介だが、一定の日数が経過するとゾックやザメルなど
 一機制限機級に乗り換えるので、圧倒的な火力によりこれまた危険な存在となる。
「連邦の坊やたちに……本物のMS戦を教えてやるか!!」
「隊長……ドジった! 脱出するぜ!」

カイ・シデン伍長

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 地球連邦軍第13独立部隊所属モビルスーツパイロット。
 サイド7出身。当初避難民としてホワイトベースに乗り込み、人手不足から軍民半々で戦う同艦の補助的な役割を果たしていたが、ハヤトに大型免許を持っている事をバラされガンタンクに搭乗。「対パプワ輸送艦」作戦にて初陣を果たす。
 以後ガンキャノンへの乗換えを経て、腕前は未熟ながらも人員不足のWB隊にとって欠かせない人物となっていき、ジャブローでの連邦軍参加を経て結局終戦までWBと運命を共にした。いかんせん当初の「軟弱者」のイメージが強いが、彼もまた立派に一年戦争を戦い抜き「支援型モビルスーツ乗り最古参の一人であり第一人者(支援型は連邦が始めたカテゴリであるので)としてMS史にも欠かせぬ人物として成長。
 WB隊のNo.2エースとして相当の戦果を挙げている。

 戦後は退役。退役後も「WB隊の英雄」の一人として持て囃されたが「その本質は連邦軍による戦勝を飾る為のプロパガンダの一環に過ぎない」として、アムロとは別の意味で堕落していった。
 しかしジャーナリストという道を見つけてからは奮起し、以後WB隊や軍とのパイプ、そして自ら新たに発掘した人脈を駆使して現代を描くその第一人者となっている。その人脈には同年代の実質的な「世界君主」であるアナハイム会長メラニー・ヒュー・カーバイン氏さえ含まれていた。

 登場時「軟弱者!」とセイラに頬を張られたイメージや、脱走を図った一件、皮肉屋で一言多いキャラや
 ミハル・ラトキエとの交流で大きく内面に変化を与えられた事件などで知られる。
 その後も彼は皮肉屋であり続けたがその内面は鋭く尖っていき、一年戦争という激動を経て
 新たな激動へと突入したグリプス期以降は、時代の本質を的確に捉える敏腕ジャーナリストへと成長した。

■角川解説書記載スペック
 初期成長17500、攻撃42/防御42/反応35.
 盾2.擦り抜け1.射撃特化2.視界2.対空1.ZOC1.近距離-中距離-遠距離射撃Lv2. 
※訂正済みの可能性大。

GNO2内での彼
 原作部隊「WB隊」「第13独立部隊」所属のガンキャノン乗り。カスタム未所持。
 射撃系なので格闘系のハヤトよりは命中率が高いが、乗機の命中の低さもあって非常に地味。
 WB隊が早期解散し七人目解放された際は、時期的に射撃壁として重宝するが、能力自体は下位に属する。
 ただ台詞は複数用意されており、もしかしたら後半解放時は異なる能力を持つかもしれない。
「俺はジオンを叩く……徹底的にな!!」
「早い、早いよ! こーゆー時、慌てた方が負けなのよね…!」
「オレがニュータイプって……マンガだよ、マンガ!」
「EXAMシステムねぇ……やだやだ、こういうのは!」

ガイア大尉

イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 突撃機動軍第7師団第1MS大隊司令部付特務小隊「黒い三連星」隊長。
 一年戦争前から訓練を受けたベテランであり、オルテガ中尉の項にて解説したように一年戦争では緒戦においてレビル将軍の旗艦「アナンケ」を撃破するなど多くの戦果を残した。
 三連星のリーダー格として戦況を判断する広い視野を持ち、個人としても格闘・射撃と問わず高い技量を持つエースパイロット。高機動戦闘を得意とし、WB隊に対する対抗要員として地上に降下した際は、その技量を活かす為にわざわざ最新鋭の重・高機動MS「ドム」を与えられている程だ。彼らのパーソナルカラーを塗装したドムは残念ながらWBとの交戦に敗れてしまったが、彼らの戦果を讃え、以後ドム及びリック・ドム黒い三連星カラーのまま量産に回された。

 劇中アムロに「踏み台」にされてマッシュを撃破され、その後機会を改め挑むもやはり撃破され戦死。
 その際の「踏み台にしたァ…!?」との台詞で有名であるが、ジオン公国を代表するエースとして名を馳せた
 彼らを撃破し、アムロがその名を挙げた事からも色々な意味で「踏み台にされた」人物。
 など「踏み台」という言葉と切っても切り離せない。

 しかし彼らが一年戦争初期~中期を代表する「MS黎明期の撃墜王」であり「伝説」である事もまた事実。
 二次作品では「生きた伝説」として描かれ、またゲーム作品では高技量なエースパイロット確定
 生存ルート作成も当たり前等等、今もファンに愛され続ける髭ダンディ大尉である。
 例外はアムロとシャアの当て馬扱いされた「ジ・オリジン」くらいだろうか。

■角川解説書記載スペック
 初期成長22000、攻撃45/防御45/反応37.
 盾7.擦り抜け3.格闘特化4.視界7.切り払い4.対空1.ZOC2.格闘攻撃4. 
※訂正済みの可能性大。

 略称3S.ザクⅡC型、ドム、高機動型ザクⅡ改良型及びゲルググ高機動型カスタム保有
 高いパラメータに豊富なスキルを抱えた間違いなしのトップエースの一人。
 原作部隊「黒い三連星」指揮官である。
「お、俺を踏み台にしたァ……!?」
「戦士の魂よ! 宇宙に飛んで永遠の喜びの中に漂いたまえ!」
「俺を踏みつけようとする奴は……皆殺しにしてやる!(強化」

ガディ・キンゼー大尉

イメージ 4
 アニメ「機動戦士Zガンダム」出演。
 地球連邦軍所属。一年戦争での戦績及び階級は不明。
 0083年に結成され0088年頃まで連邦のエリート部隊として扱われた「ティターンズ」に所属していた事から、それなりの戦績を残している事が伺える。
 グリプス戦役ではジャマイカン・ダニンガン少佐の部下として重巡洋艦アレキサンドリアの艦長を務めていたが、その戦死後は後を継ぎアレクサンドリアを含む艦隊の司令官に就任。ティターンズ前線部隊を率いてエゥーゴの新造戦艦アーガマと幾度も砲火を交える。天下分け目となったコロニー・レーザー砲「グリプス2」を巡る決戦にも参加し、エゥーゴに奪取された同レーザーの直撃を受け戦死した。

 GNO2内でも艦長として参加……しているハズ。
 ただ連邦プレイヤー側から見ると「護衛対象」が中心である事も有り印象には残りにくいようだ。
 第3軍「ティターンズ」発足には当然参加し、ペガサス級を指揮。
「命の尊厳を賭けての戦いなのだよ……これは!」
「お客さんのお出ましか……応戦急げよ!!」

ガデブ・ヤシン

イメージ 5
 アニメ「機動戦士ZZガンダム」出演。
 本来は0088年に起こったネオ・ジオン戦争<ハマーン戦争>で活躍した人物で、本作では逆輸入の形で一年戦争に登場している。
 アフリカをヨーロッパ人<フランク>の手から解放する。という思想で前世紀から戦い続けるゲリラ組織「アフリカ解放戦線<FNL>」の指導者。ただ思想の根本はともかく「フランクの手垢にまみれた者達も敵」として民間人にも攻撃を加えていた点が問題であり、同様の組織からは孤立していた。そこでネオジオンを利用しようと共同戦線を張ったが、逆に捨て駒にされガンダムチームと交戦。戦死した。

 原作部隊「FNL」指揮官であり、序盤アフリカ戦線における「年貢」役を務める。
 七人目用台詞が見られず、キャラ的な面もあり七人目解放されない模様だ(ジオン軍人じゃありませんし)。
「戦場を濡らす同胞の血と涙を礎に……我々は自由をこの手に取り戻すのだ!!」
「フランクの手垢にまみれた者どもが……!」