GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその08【か行】

ガデム大尉

イメージ 1
 原作「機動戦士ガンダム」第3話出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍所属の補給艦パプワ艦長。
 MS黎明期の人物として、非公式(漫画)ながら「初のMS実戦投入」にも参加した歴戦の勇士である。大戦末期には老齢の為前線から退き、シャアに思わず「よくもこんなくたびれた船が現役でいられるものだな」と言わせた老朽補給艦パプワの艦長におさまっていた。
 シャアへの補給をドズル中将に依頼されたがその最中にホワイトベースによる攻撃を受け、補給にはほぼ成功したもののパプワを喪失。自艦撃沈の怒りに燃える彼は愛機MS-05BザクⅠを持ち出し、「連邦のにわか作りのモビルスーツなど…」と息巻いてガンダムに突入。MS白兵戦を挑むが撃破された。「間合いが遠いわ!」という台詞で有名。

 また同エピソードは「赤い彗星が3機のザクを希望しドズル中将自ら戦力を割いたのに、
 僅か初期型ザクⅡが二機のみ…」など、ジオン公国の懐の厳しさを語るエピソードとして興味深く
 MSの希少性を語る上でも外せない話となっている。

 GNO2内では宇宙難A戦功確定輸送艦襲撃任務艦長を担当。
 パプワを指揮しているが、パプワ自体が艦として最も低性能な部類に属するため非常に撃破しやすい。
 原作通りとはいえちょっと寂しい立ち位置の人物である。
「このワシとて、百戦錬磨の戦いをくぐり抜けて来たのだ!!」
「素人め! 間合いが遠いわ!!」

ガブリエル・ラミレス・ガルシア軍曹

イメージ 2
 一年戦争を描いたOVA0080 ポケットの中の戦争」出演。
 ジオン公国突撃機動軍特殊部隊「サイクロプス隊」に所属。愛称はガルシア。
 MS操縦に拳銃・爆発物にナイフと様々な技能に長けたエキスパート。性格は荒っぽく、いかにも工作部隊所属のベテランと言った印象を残す。
 なにかと危なっかしい新兵のバーニィにつっかかっていたが、最後の作戦に望む際は彼に遠回りに「死ぬんじゃねーぞ」と告げており、またその最期にはシュタイナー隊長とバーニィを逃がすために玉砕行為をとる等、仲間思いの人物。
 いわゆるツンデレ

 同僚のミーシャがMSコクピットに酒を持ち込んでいた事で知られているが、彼もコクピットにヌードグラビアを
 貼り付けていたりする。トレードマークはバンダナ。

 原作部隊「サイクロプス隊」に所属し、地上では水陸系量産機/宇宙では汎用量産機に搭乗。
 地上第一アレックス競合では設定ミスなのかほぼ確実に登場する為、連邦プレイヤーにとっては馴染み深い。
「このバンダナをしてる時は不思議と負けねえんだよ!」
「EXAMがテメエをバラしてくれるってよ!」

カリウス軍曹

イメージ 3
 戦後を舞台とするOVA「0083 STARDUST MEMORY」出演。
 ジオン公国軍宇宙攻撃軍第302哨戒中隊所属。一年戦争では攻撃軍本拠ソロモンにおける艦隊戦と、ア・バオア・クーにおける決戦にアナベル・ガトー大尉の部下として参加しているベテランである。
 終戦後の0083年に勃発した「デラーズ紛争」でもガトー大尉付きとして参加。
 その最終局面にてコウとの決着を願ったガトーの声を聞き入れてニナ・パープルトンを預かり、アクシズ艦隊との合流に成功。一連の戦いを生き抜いたが、その後の消息は不明である。
 フルネームはカリウス・オットーで、現実の第二次世界大戦におけるドイツ第三帝国の「最も優れた戦車兵」の一人、オットー・カリウス中尉をモチーフにしていると思われる。なおこちらのカリウス氏も二次大戦を生き抜いており、戦後はティーガー戦車にちなんだ「ティーガー・アポテケ(虎薬局」という名前の薬局を開設したそうな。

 GNO2内でも原作部隊「第302哨戒中隊」に所属。
 原作部隊(野戦/精鋭撃破)登場時は距離3辺りからの全攻低狙いを行う。
 ガトー付きとして後衛を務め、特に目立った能力は無いが原作NPCらしい生存能力の高さに定評あり。
 また声が某カミーユと同じなので、一部それをネタにしたジョークが見られるようだ。
 七人目解放あり(期間限定タイプの模様)。
「我らの意地を見たかっ!!」
「抵抗しなければ……無駄死にしなかったものを!(強化」
「貴様らのような奴は……生きていてはいけないのだ!(強化」

ガルマ・ザビ大佐

イメージ 4
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国地球方面軍司令官。ジオン公国の統治者デギン・ソド・ザビの末子。
 なにかと剣呑なザビ家一族にあって異彩を放つ人物であり、公国のプリンスとして国民に人気があった。ただ地球方面軍司令という階級はさすがに親の七光によるものだ。と捉えられる事が多く、本人も気にしていた。
 もっとも地球方面軍司令とは言うが、地球には兄ドズルの宇宙攻撃軍や姉キシリアの突撃機動軍が各地に配置されていることから、どうやら実際には北米方面軍司令扱いだったとされている。
 士官学校の主席でシャア・アズナブル少佐とは同期。その頃から親友同士だと考えており、一年戦争時には地上に降りた彼をもてなしていた。しかしシャア本人はザビ家とは「父(ダイクン)の敵」であり抹殺すべき相手と考えており(一応良い友人だとも思ってはいたようだが)、彼の本心を読みきれなかったガルマは北米での戦いにて謀られ、ホワイトベース隊の攻撃を受けて戦死するのであった。

 ザビ家プリンスの死は連邦反攻の機運を高め、また討ち取ったホワイトベースは一躍名を上げる。
 ジオン公国のギレン総帥もまた「ガルマ国葬」を盛大に執り行うことによって国内の取りまとめを図る等、
 その死は両陣営に大きな波紋を広げた。

 北米では二回シャアに謀られ、結果二度目に死亡してしまった訳ですがひょっとしたら士官学校時代から
 延々と似たような謀略をされていたんではなかろーか…というのは筆者の独り言。
 その末期の「ジオン公国に栄光あれーッ!」という叫びは今も語り継がれる。
 またシャアによる「坊や」という人物評でも有名。
 享年20歳。

 略称GZ.高い回避を備えたドップカスタムと、半端極まりない性能のザクⅡFSカスタムを保有
 なおFS型とは汎用量産機であるF型の性能強化型で、S型ロールアウト以前に用いられていた隊長向け機種。
 またS型は「推進強化型だが、推進剤の搭載量は据え置き」と非常に玄人向けの機種であった為、
 S型ロールアウト後もFS型は一部で使われ続けていたとか。
※劇中ではドップとガウにのみ搭乗。

 GNO2内では高確率で第一作戦時に死亡する人物。
 その生死は競合によって決定されます。生存時は「英雄勲章(最高位勲章」相当の確定高官となる他、
 一部の競合「アタリ」要員としてランバ・ラルなどを率いて登場するとか。
「私が親の七光りだけでないことを……見せてやる!」
ジオン公国に……栄光あれーっ!」

カレン・ジョシュア曹長

イメージ 5
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」出演。
 連邦陸軍極東方面軍所属機械化混成大隊第2中隊第08MS小隊、通称「8小隊」に所属するモビルスーツパイロット。過酷な同部隊の古参兵として、新任の隊長が何人も病院送りになるのを見てきている。と言っても別に性格が悪いわけではなく、何かと腕力に任せた荒っぽいところはあるが仲間思いの人の良い女性。
 理想に燃えるシローを当初は軽く見、或いは味方をも道連れにしかねない危惧していたが、仲間と任務を両立してゆく彼をやがては認めていった。
 MSパイロットとしても並み以上の腕前を発揮して一年戦争を戦い抜き、08小隊解散後は難民キャンプで人々の世話を焼いているのだとか。
 筋骨隆々たる体格の姉御肌な人物だが、最新兵器であるMSに適応していることや元医学生という経歴が示すように結構なインテリ。また戦死した旦那とシローを重ね見て叫ぶなど、女性的な一面が強く出たシーンも。

 乗機は陸戦型ガンダムであるが劇中アッガイの奇襲を受けて頭部を破壊されており、
 ガンダムタイプの予備パーツ不足から以後は頭部をジムタイプに換装した状態で運用していた。

 略称KJ.格闘と回避を向上させた陸戦型ガンダムカスタムを保有。七人目解放あり。
 ただ流石に終戦まで乗り続けるのは厳しい訳で、後半の競合では厳しい戦いを強いられる場面が多い。
「あたしは死なないよ! かかってきなっ!」
「……ったく! コイツにパイロットは要らないね!(EXAM」