GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその10【か行】

キリング中佐

イメージ 1
 初のガンダムOVA0080.ポケットの中の戦争」に出演。
 ジオン公国突撃機動軍特殊部隊「サイクロプス隊」指揮官。
 突撃機動軍に属するギレン派の将校で、キシリア・ザビ司令不在の間隙を突いて「ルビコン作戦」を発動。連邦新型MS-アレックス破壊を目論見んだ。その際には中立コロニーへの派兵や核兵器の使用(前線の判断により失敗)、彼を押しとどめようとしたグラナダ基地司令ルーゲンスの殺害など「狂気」としかいいようのない行動を強行した事で知られる人物。ただ「ギレン派として、キシリア派に揺さぶりをかける」役割を担い、敢えて演技していた…という推察もある。
 加えて熟練の特殊部隊であるサイクロプス隊を捨て駒同然に扱った行為や、総力戦の真っ最中に
 虎の子の艦隊を無駄に使用した件などとかく戦力の無駄遣いが目立ち、評価は低い。
 終戦後、ギレン戦死の報を受け拳銃自殺(暗殺とも言われる)。

 原作にてグラナダ基地に留まっていたように本作でも自ら前線には出てこない。
 宇宙基地担当の準高官として、担当拠点を攻撃され悪態を(主に味方に向け)吐くのが主な役割となる。
 関連競合でも姿を見かけることはなく、戦死する様子は無い。
「こ、こいつは我が軍にとって脅威となる! やはりあれを使うしかないか……?」
「クッ……! 私の部下は無能揃いだ!」

キルスティン・ロンバード中佐

イメージ 2
 ゲーム「ガンダム外伝 めぐりあい宇宙」内「宇宙、閃光の果てに…」に登場。
 地球連邦軍第16独立戦隊旗艦・準ペガサス級サラブレッド」艦長。
 一年戦争前に年齢を理由として退役していたが、ルウム戦役で多数の艦長が戦死(彼の息子もその中に含まれる)した事から現役に復帰。老齢ながら発想は柔軟であり、新兵器であるMSと艦隊の連携を重視した戦術で艦砲を有効活用し、戦功を為している。
 大戦末期にはサラブレッドを旗艦にガンダム4号及び5号機を擁する独立戦隊を率い、RX-78-2型ガンダム(アムロ機)を擁する第13独立部隊と同様に連合艦隊の露払い役(及び囮役)を務め、連合艦隊が宇宙に上がった後はチェンバロ作戦発動に応じて月面グラナダ艦隊を牽制。更に連邦とジオンの和平を担う公国首相ダルシア氏の護衛(或いは星一号作戦への参加)など、極めて小規模な艦隊ながら重責を負い、高い隠密性と攻撃能力を駆使してそれを成し遂げた。
 おそらく誤記だが、名前末尾がド或いはトの二種類の表記が見られた。

 原作部隊「第16独立戦隊(サラブレッド隊)」サラブレッド艦長。
 特殊任務にのみ出現。同部隊はガンダム2機を含む強力な部隊だ。また乗艦的に被弾は避けられないが、
 その火力はジムキャノンⅡにも匹敵するので彼も補助戦力としてアテにできる。
「今は使える戦力で戦うしかない……やるぞ!!」

ギレン・ザビ総帥

イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国総帥にして公国軍大将。公王デギンが隠居同然の現在、文官・武官を統括するジオン公国の実質的な最高権力者。
 青年時代にジオン・ズム・ダイクンの政治運動に参加。
 父デギンと共に、現ジオン公国副首相であるオレグやランバの父ジンバ・ラルらと協力してダイクンの政治的成功を補佐したが、その急死(暗殺?)を皮切りに「絶対民主制の打破」を求めて動き始める。デギンが混乱収拾の方便として始めた公国制を独裁制に推し進め、デギンが退き、彼自身が権力を掌握した後も辣腕を振るい「公国独立」を一方的に宣言する事で一年戦争を引き起こした張本人である。
 絶対民主制とその産物である地球連邦を「人類の共食いを起こす」軟弱な体制である断じ、選民思想・理想主義を唱え、少数の選ばれた人類による世界こそが平和を為しうるものであり、そしてザビ家による独裁こそがそれを為しうる体制であるというのが彼の持論であった(40話)。
 ただ「ザビ家」と言っても彼が「彼以外」を重用していた描写はなく、ザビ家=自身と考えていた節があり
 そこから起こった父デギンへの軽視がデギンを死に追いやり、妹キシリアへの軽視が
 ギレン自身の死を引き起こしたとされる。

 大戦末期ソロモン陥落と艦隊喪失により制宙権を失い、単身和平交渉に乗り出した父デギンの艦を
 交渉相手である連邦軍レビル大将へのマーカー代わりに使用し砲撃。死亡させる。これに激怒した妹の心中に
 気付かず、ア・バオア・クー要塞防衛戦のさなかキシリアにより暗殺。
 享年35歳であった。

 演説にて掲げるようにスペースノイド(そのまた選良がジオン)派であり
 地球に対するコロニー落としなど、アースノイドに対し容赦の無い人物である訳だが
 40話でのデギンとの会話から見られるように、そもそも「人類は少数であるべき」という発想が根本にある為か
 連邦に味方したサイド1.2.4.5をことごとく壊滅させる等、反対勢力ならスペースノイドでも全く容赦がなく
 さらには第12話で自らの弟の死を大々的に国威発揚に使うなど、身内に対しても容赦が無い。
 その苛烈さ故、遂には開戦前の半数以下まで地球圏の人類を「間引いて」しまった彼の
 苛烈な行動と思想は後々まで長く、そして多くの尾を引いた。

 演説好きなところや、劇中での「ヒトラーの尻尾」という形容、ナチスのスローガン「ジーク・ハイル」に
 起因するジーク・ジオン、相次ぐ虐殺劇などなどアドルフ・ヒトラーをモチーフにしており、
 演技指導でも「ヒトラーのように」と指示があった…という逸話で有名。

 GNO2内ではレビル将軍同様に滅多に出現しない。
 ア・バオア・クーが本拠地となるルートの場合のみ、ABQ陥落で戦死する。
 またジオン側優位で発生する決戦競合「ネオ・ジオン」ではグワジンに座乗する姿が見られる。
「圧倒的じゃないか……我が軍は」
「しょせん私はヒトラーの尻尾だったというわけか……」

ククルス・ドアン

イメージ 4
 原作「機動戦士ガンダム」第15話主演。
 元ジオン公国軍地球方面軍所属だった脱走兵(階級不明)。地上侵攻作戦時に意図せず市民を射殺してしまい、あまつさえ周囲にその子供らまで殺害するように命じられて乗機MS06-J陸戦型ザクⅡごと脱走。孤島に隠れ住み、近付く軍人を連邦ジオン関係なしに強制武装解除していた。
 彼とアムロとの出会いを描いた一幕「ククルス・ドアンの島」の主演キャラであり、話の性質上から劇場版では削られてしまっているが、アムロ搭乗のコア・ファイターを投石で撃墜し、続いて調査の為に訪れた元友軍機のザクⅡを非武装で撃破するなど、下手するとザク乗り最強なのでは無いかと言われる戦いぶりで知られる。
 調査部隊の撃退は二度や三度では無いらしく、その悪目立ちを危惧したアムロはザクⅡを海中投棄して市井にまぎれるように告げ、ドアンは「あのお兄ちゃんのやったことはとてもいいことなんだよ」と評してアムロを送り返した。その後の消息は不明。

■角川解説書記載スペック
 初期成長17500、攻撃42/防御42/反応35.
 盾5.擦り抜け2.格闘特化3.視界5.気力9.切り払い3.対空1.ZOC2.格闘攻撃3. 
※訂正済みの可能性大。

 所属原作部隊は未確認。
 七人目解放あり。能力は中堅級だが最初から気力9と記載されており、その分だけ頭抜けた能力を持つ。
 GNO2第1クール第4作戦時「初めて確認され、猛威を振るった七人目」として伝説を残している。
 誰もが試行錯誤の中、初期成長が隊長1500/部下1000(?)で開始したクールの話であり
 その威力は想像するだに恐ろしいものであった事が伺える。※角川本63P.
「戦うつもりはない! 武器を渡してくれれば危害は与えない!」
「このマシンからも……戦いに傷ついた者の匂いがする……(EXAM」

クスコ・アル少尉

イメージ 5
 富野監督による「小説版機動戦士ガンダム」に出演。
 ジオン公国突撃機動軍フラナガン機関に属するニュータイプ。ララアと相討ちとなってガンダム(RX-78-2)を失ったアムロ接触する形で初登場。彼と交流する。
 シャア麾下NT部隊の一員として活躍。エルメス2号機に搭乗し、模擬戦にて同部隊のリックドム6機を一瞬で撃破するなど、その能力をララア以上に引き出していたとされる。アムロが搭乗するRX-78-3 G-3ガンダムと二度に渡って交戦し、撃破され死亡する。
 またプラモ企画「MSV」でもエルメス2号機搭乗員として記録が残されているが
 こちらはアニメ版に準拠している為その活躍は不明。

 宇宙原作部隊「ニュータイプ部隊」に参加。
 エルメスに搭乗し攻防共に高いレベルを誇る強力なパイロットだが、全攻低狙いしてくるララアのような
 いやらしさは無いので彼女に及ばない印象がある。七人目解放あり。
「不潔よ、不潔だわ! アンタなんか、アンタなんか!」
「男たちが権勢欲を持つから! 戦いがなくならないのよ!(強化攻」
「♪London Bridge is broken down……♪(強化回」