GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその11【か行】

クラウレ・ハモン

イメージ 1
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍に属するランバ・ラル大尉の内縁(籍を入れていない)妻。
 民間人だが部隊内ではラルの妻として尊敬を集めており、ラルの戦死後は女だてらにその役を代行したほどである。復讐を企てた彼女たちはガンダムを撃墜寸前まで追い詰めたが、その復讐はかなわず、彼女自身もリュウコアファイターによる追突を受け戦死している。
 ラルと共に立ち寄った砂漠の町でアムロと交流を交わした彼女が、アムロを戦死寸前まで追い詰めた数少ない人物の一人である事は皮肉な事だが、それだけ彼女がラルを深く愛していたことが伺える一幕として今もファンからその死が悼まれている。
 なお富野監督による小説版でもラルの愛人であるが、ジオン・ズム・ダイクン、そしてギレン・ザビの元愛人でもあり、ラルと共にキャラクターがアニメ版と異なっている。

 所属原作部隊は未確認。
 関連競合をジオン側が抑えラル生存に成功した場合、七人目として各部隊に配属されるようだ。
「どれほど装甲が厚くても……この一撃には耐えられまい!」
「本当……好きだったわ、坊や(強化」
「……敵意を、感じた?(NT」

クランプ中尉

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍特殊部隊「ランバ・ラル隊」副隊長。
 ラル同様ゲリラ戦の専門家。ラルとその内縁の妻クラウレ・ハモンに忠義を尽くし、同隊では副長として実務を取り仕切った他、マ・クベによって補給を断たれたラル隊が生身による白兵戦を敢行した際には別働隊の隊長を務めた。あの白兵戦でホワイトベースのブリッジに取り付いた際、キッカの姿を見かけて「なんで子供が!?」と驚き、退避を促していたシーンで有名。
 砂漠の町でのアムロに対する態度や前述のエピソードなど非常に人間味のある人だったが、ホワイトベースへ突入した際に銃撃を受け戦死。人と人との戦いであることを強く意識させられる人物だったと言える。
 
 地上原作部隊「ランバ・ラル隊」所属。
 格闘壁としてラルやコズンと共に前衛を務めており、活躍時期が早い事もあって絶望的な迄の強さを誇る。
 また劇中での台詞がやや少ない為か、台詞はラルから流用されたものが多いようだ。
 ラル隊のほかの面々同様、競合の成否によって生存。七人目解放される。
「下がっていろ……ケガをするぞ!」
「き、貴様もラル隊長の敵か! 死ねぇぇーっ!!(強化攻」
「あ、頭が割れそうに痛んで……助けてくださいラル隊長!(強化回」

グリーン・ワイアット中将

イメージ 3
 戦後を舞台とするOVA「0083 STARDUST MEMORY」出演。
 地球連邦宇宙軍の高級将官
 0083年には大将に昇進して連邦宇宙軍観艦式の閲兵官を務めたが、同式典中にガンダム試作2号機の核兵器強襲を受け戦死。
 一年戦争での戦績は語られていないが、相当な権勢をもっている事が伺える(例えば自衛隊の同式典閲兵官は自衛艦隊司令官が担当している)。
 紳士を気取る態度や、状況に応じた対応で知られるシナプス艦長を「(司令部の命令を聞かず)融通が利かない」と軽視した台詞、第8話におけるシーマとの策謀、第9話で「禍々しい物言い」とガトー断じられた演説、MS搭載能力を持たないバーミンガム級を乗艦として用いていた事などから「前線軽視」「MSに無理解」「繰言を好む腐敗の象徴」と言われる。

 ただ第8-9話ではアルビオンの式典出席をキャンセルさせてまで、大規模なMS部隊を展開し防空網を形成。
 実に37機ものMSを撃墜し、デラーズ艦隊に「MSの無い艦隊はどうなるかを教えてやる…」と発言。
 更に直衛部隊にペガサス級(MS部隊)を配していた事等、MSの重要性を理解していたフシがあり
 一年戦争の反省を取り入れた、MS戦を重視する指揮官だったともされている。
※問題は常識外れの火力を持つGP-02の存在で、彼は「試作2号機」は知っているが「艦隊を壊滅させるほどの
 核攻撃を受ける」とまでは予測していなかったらしい、というおかしな描写が見られる。
 コーウェン陣営に潜入していたバスク辺りから妨害でも受けたのだろうか。

 また第8話ではシーマと策謀し敵の作戦計画を事前に入手しようとするなど工作活動にも長けており
 その失敗にも臨機応変に偽装行動をとるなど、口と態度の割に手腕は結構見事だったりするが、
 それはそれで「卑劣」と断じられる始末。やはり「自ら矛を取る男達」を描いた作品で
 権力者として登場してしまったのが。そもそもの不幸だったのかもしれない。

 GNO2内では最も高頻度な戦功章に相当する確定高官を担当。
 また同作品出身のコーウェン同様、一年戦争中に強制で「観艦式」イベントをねじ込まれており
 例え連邦が宇宙どころか地上の確保さえままならない状況でも観艦式を提案・開催するという困った人物に
 成り果てている。おい誰かそこの中将閣下にリットル缶でダージリンを流し込め。
 なおバーミンガムの艦名はテロップに流れるが、登場はしない模様。
「紳士として客人をもてなそう……ダージリンと鉄壁の砲火でな!」

クリスチーナ・マッケンジー中尉

イメージ 4
 初のガンダムOVA0080.ポケットの中の戦争」ヒロイン。
 地球連邦軍統合技術研究本部麾下のMS試験部署G-4部隊所属。サイド6リボーコロニー出身で愛称はクリス。新兵らしからぬ操縦の巧みさを買われてMS調整を行うパイロット「シューフィッター(製靴職人の意」に着任。アレックスの調整を担当し、同機を巡る戦いに巻き込まれた。
 任務でリボーに里帰りし、主人公であるアル少年と再会。またアルの家を監視していたバーニィを泥棒と間違えて力強くバットで撃破。その縁(?)から彼とも親しくなっていった。
 ケンプファー襲撃に際してはアレックスに搭乗し、アーマーを破壊されるもバルカンにてこれを撃破。しかし政治的な事情から弾薬の補充が出来ず、そのまま有名なザクⅡ改との決闘に突入。市街地の外に用意されていた罠に引き込まれ、バーニィが駆るザク改と刺し違えて機体を損傷させてしまう(これにより一年戦争への投入は出来なかった)。なお彼女はバーニィがジオン特殊部隊だった事には気付いておらず、事件後アルにバーニィによろしくと伝えているのが物悲しい。

■角川解説書記載スペック
 初期成長16000、攻撃40/防御40/反応33.
 盾9.擦り抜け2.射撃特化3.視界4.対空1.ZOC2.近距離-中距離-遠距離射撃Lv3. 
※訂正済みの可能性大。

 本作でも原作部隊「G-4部隊」に参加。射撃壁系。
 確定試作機護衛にも登場する。クール中盤での関連競合に勝利すると七人目として配布。
 もともと人気があるキャラクターであるだけに七人目能力も少し捻ったものになっている模様。
 ただ基礎パラが低く成長値もそこそこなので、実質的には中堅程度の強さに留まる。
 なお競合に敗北した場合でも「重傷を負う」だけで戦死はしない。
「戦えばそのために人が死ぬわ。でも戦わなくても死んでいく……!」
「今の私なら……アレックスでも乗りこなせる!(NT」
「こ、この機体……敏感すぎる!(EXAM」

クルト中尉

イメージ 5
 戦後を舞台としたOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 元ジオン公国突撃機動軍海兵隊所属。シーマ海兵艦隊の一員として0083年のデラーズ紛争で活躍した人物で、ヴァル・ヴァロ確保の為にケリィの下を訪れたシーマ中佐に同行した。
 その際、シーマは言葉巧みに「機体だけが欲しい」という本心をぼかしていたのだが、彼がうっかり、そして自慢げに「俺がヴァル・ヴァロだ」とケリィに語ってしまったことで事態が一変。パイロット再起の夢とその象徴である機体の両方を失うと知ったケリィは勝手に出撃してしまう。これによりシーマから不興をかったクルトは「ザクⅡ一機で奴を止めろ」と処刑同然の出撃を命じられ、戦死してしまうのだった。
 ちなみにクルト・シュタイナーだとハーディ・シュタイナー(サイクロプス隊)隊長の別名なので
 まったく無関係な人物となる。注意されたし。

 原作部隊「海兵上陸戦闘部隊」に参加。主にビグロに搭乗して前衛を務める。七人目解放あり。
 前述の経緯から機体に拘った発言が多い傾向にある。
「そんな腕でよく今まで生き残ってこられたな!」
「すげぇぜ、このマシン……俺が乗るのにふさわしい!(EXAM」
「ちょ、ちょっと口が滑っただけなんだ! 許してくれぇぇぇ!(強化」