GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその13【か行】

コジマ中佐

イメージ 1
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」出演。
 地球連邦陸軍極東方面軍所属の機械化混成大隊こと「コジマ大隊」の大隊長
 半袖と扇風機をこよなく愛する現場指揮官。当初は描写も少なくあまり印象に残らない人物だったが、物語の最終局面で「兵を如何様に用いてでもとにかく作戦成功を急ぐ」タイプの指揮官、イーサン・ライヤー大佐と対立。上官である彼に屈せず、部下を気遣う姿勢を貫いたことから高く評価されている。
 結局二人の交渉は決裂してしまったが、それが回りまわって運よく生存。ライヤー大佐も戦死しており、事無く一年戦争を終えたと思われる。

 本作では地上にてビッグ・トレー艦長役や基地司令役を担当。
 流石に命中率は低く戦力にならないが、原作NPCらしく「ここぞ」で当ててくれるので意外な一打となる。
 東アジア反攻作戦発動時は司令官も担当。
「無駄な抵抗はするんじゃないぞ! 軍法会議ぐらいは受けさせてやる!!」

コズン・グラハム少尉

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍特務部隊「ランバ・ラル隊」所属MSパイロット。
 ガルマ仇討ち部隊の一員としてホワイトベースと交戦し、ザクⅡにてセイラ搭乗のガンダムを追い詰めるものの、功を焦って逆に討ち取られ捕虜となる。
 始終ふてぶてしい態度でブライト以下若手士官組を翻弄。独房に入れられた後も奥歯に隠した爆薬で脱走し、ガンダムの名称をラル隊に送信、エアロックを閉じて悠々と脱走を図るなど始終クルーを翻弄したが、エアロックの扉ごとオムルのバズーカに撃ち抜かれて砂漠に落下。死亡したものと思われる。

 またホワイトベース士官に南極条約違反の「熱々おでん(しかも卵)」を受け情報を漏洩、
 ガンダム頭部のクリアパーツを「謎のぬるっとした物体」と知るもオムルの手で爆殺された…などなど
 一部非公式でトニーでたけざきな情報も一部で確認される。

 クール序盤の地上原作部隊「ランバ・ラル隊」に参加。
 格闘壁型。関係競合の成否次第で死亡・或いは七人目として解放される。
 劇中での尋問のくだりから「南極条約がどうたら」と連呼する彼こそ敢えて言おうコズン・グラハムであると!
「捕虜の扱いは……南極条約に則ってもらうぜ」
「貴様のような奴は……ぐちょぐちょにしてやる!(強化」

ゴップ大将

イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 地球連邦軍ジャブロー本部付きの高級将官ジャブローに到着したホワイトベース隊を第13独立部隊へと再編成し、宇宙に送り出した。またその際のミライとのやりとりからヤシマ家が名家であった事や彼女の婚約者について匂わせている。
 ホワイトベースを厄介者扱いした一幕や、第13独立部隊に対し「おとり艦はほかに…」とうっかり本音を漏らしたり、ソロモン陥落でのジオン降伏という予測、恰幅の良い体格に仕立ての良い軍服、一言多い政治家的な態度、そして前線に出ないことから「ジャブローモグラ」という不名誉な呼び名をされるなど連邦の腐敗の象徴として扱われることが多く、ゲーム「ギレンの野望」に至っては全キャラ中最低クラスの能力を与えられている。
 一年戦争を生き延びたハズだが戦後の詳細は不明。

 しかし第29話でのジャブロー攻撃に際して敵戦力からあっさり狙いを看破しており、
 ソロモン喪失後にデギン公王が自ら和平を申し出ている事など、その推測も間違いでは無い。
 特にホワイトベースを囮部隊として使用した効果は(WB隊の予想以上の働きを別としても)格別であり
 連邦主力の攻撃目標だったソロモンから、コンスコン・ドレン艦隊の2つの艦隊を引っ張り出させ
 最新鋭機であるリックドムごと壊滅させるという大戦果を残している。
 前述の「おとり」の一言など身内に対して脇の甘いとことはあるが、別に無能という程の描写でも無く、
 いつのまにやら「無能」とレッテルを貼られ必要以上に貶められた、
 不幸な人物だとも言える。

 本作では地上向け確定高官対象で、最上級勲章「英雄勲章」担当官。
 距離2-3しか通常武装がないのでやりにくいが、ビッグトレーの頑健さで持ちこたえてくれる。
 また前述の傾向がストレートに出ている例の一つで、わが身かわいさ全開の発言を連呼するのも特徴。
「私とてジャブローの権力闘争をくぐり抜けて来たのだよ!!」
「じ、条約は知っているな!? ワシは将校だ! 丁重に扱えよ……!」

コンスコン少将

イメージ 4
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍所属。シャアを「ガルマを死なせた無能者」と考えるドズル・ザビ司令によりその対抗馬として派遣。サイド6周辺にてホワイトベースを旗艦とする第13独立部隊と交戦し、2回の攻防の末、これに敗れ去った。
 劇中にて自らの戦績を誇り、シャアに「若者をいじめないで頂きたい」と言わせたやりとりや、中立であるサイド6付近での交戦、12機のリックドムを打ち破られた際の有名な台詞「全滅!? 3分もたたずにか…!?」という発言のインパクトによって「大口だけの無能者」扱いされる事も多い。
 ただ連邦の大反抗が迫る中、しかも「シャアに対する対抗馬」としてわざわざ(小規模とはいえ)虎の子の艦隊を与えられるなど、実力・前線重視傾向のあるドズルから重要視されていた点や、奇をてらってはいないが、少数ながら侮れない敵に対し最新鋭MSリックドムの全機一斉投入による正攻法…など戦術的にも問題は見られない等決して無能者では無い。やはり「相手が悪かった」というのが彼に似合う言葉だろう。

 劇中、シャアに対して豪語した先での思わぬ大苦戦にも退かず「シャアが見ているのだぞ!」と叫んだ彼は
 決して「口だけ」では無い責任感ある将官だったのではないでしょうか。なお彼の隊に所属する
 リックドムパイロットは美少女揃いだったという非公式な情報も(以下検閲。

 本作では宇宙担当の高官として登場。
 中堅勲章である「名誉勲章」の担当なので、彼を撃破できたらけっこうな幸運だと言えるだろう。
 また中盤で彼の名前を冠する競合が出るコトがあるが、ログを見る限り同競合の成否次第で死亡するようだ。
「貴様らごときとは年季が違う……私の手並みを見るがいい!」
「や、やられた!? 3分ももたずにか……!?」