GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその15【さ行】

ジェイク・ガンス軍曹

イメージ 1
 一年戦争を舞台とするゲーム「ガンダム戦記」出演。
 ジオン公国地球軍MS特務遊撃隊、通称「外人部隊」所属MSパイロット。
 攻撃や防御の際に自らの名前を冠して見たり、地球の環境を嫌って常にノーマルスーツを着用してみたりとやや自意識過剰な性格だが、腕前は確か。
 当初は部隊長であるケン・ビーダーシュタットにまでくってかかる程であったが、部隊として馴染むにつれて性格は丸くなり、前述のあれこれを突っ込まれて漫才染みたやりとりをするまでに馴染んで行った。
 同部隊では前衛を担当。途中で部隊をやむなく離れたが終戦まで生き延びた。
 また漫画「ガンダムlegacy」では戦後にテロリストとなっている。

 本作でも原作部隊「外人部隊」に参加。
 なお同部隊名の所以は所属隊員が生粋のサイド3民でないからで、それを別部隊に揶揄されるシーンも。
 主に地上に出現。七人目解放有り。格闘型。
「……見たか! ジェイク・ディフレクション!!」
「くらえっ! EXAMアターーック!」

ジェラルド・サカイ大尉

イメージ 2
 プラモ企画「MSV」出身。
 ジオン公国突撃機動軍「キマイラ」隊所属。
 主な乗機はザクⅡF型やリックドムゲルググ・キャノンなど。開戦時から従軍しており、ルウム戦役では戦場任官で少尉へ。その後グラナダ技術士官として転属していたが、エース部隊「キマイラ」の設立にあたって召集され、参加。ただし星一号の際には本土防衛要員として後方に下がっており、ア・バオア・クーの決戦には参加していない。結果的にキマイラ隊の数少ない生き残りの一人となった。
 MSVの方針から見て、顔及び台詞はゲーム「ギレンの野望」流用と推測される。

■角川解説書記載スペック
 初期成長20000、攻撃44/防御44/反応36.
 盾6.擦り抜け2.格闘特化4.視界6.切り払い4.対空1.ZOC2.格闘攻撃4. 
※訂正済みの可能性大。

 原作部隊「キマイラ隊」所属し、主に砲撃系MSに搭乗。
 黒い三連星オルテガに匹敵するパラメータを持ち、七人目としても強力な部類に属する。
「ジオン・ダイクンの説いた人の革新……貴様にもその真の姿を見せてやる!(NT攻」
「最後まで勝負を投げない……それがサカイ家の家訓だ!!」

ジダン・ニッカード大尉

イメージ 3
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」出演。
 連邦陸軍極東方面軍所属機械化混成大隊所属の補給部隊中隊長で、いわゆる飲兵衛でギャンブル好きな不良軍人。酸いも甘いも噛み分けすぎた感があり、人脈は広く物資調達が得意で、公文書偽造もお手の物。とはいえ某ホテルの女主人を「女神様」と頬を染めて崇めたり、得意の毒舌交じりに「アマちゃん」のシローに肩入れしてくれたりと人間味溢れる老人である。
 さて彼は過去どんな青春を過ごしてきたのだろうか。

 主に地上確定輸送艦護衛艦長を務める。
 その性質上、クール序盤なら結構気になる存在かもしれない。彼じゃありませんように、と……。
「ワシには女神さまがついておる! 負けはせんよ!」
「正面突破だけが人生というわけじゃないのでな……かかかっ!」

シムス・アル・バハロフ中尉

イメージ 4
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国突撃機動軍開発部所属の技術士官。
 ニュータイプ用兵器の開発に携わり、ブラウ・ブロの航行テストに参加。その最中にホワイトベース隊と遭遇し、機体の一部を失うアクシデントに見舞われた。
 その後ニュータイプであるシャリア・ブルが派遣された事で本格的な実戦投入を開始し、自身も同乗してデータ収集に務めたが、再度ガンダムと交戦して撃破され、シャリア共々戦死した。~いわゆる眼鏡っ子である~.

 宇宙にて主に「難A戦功確定敵新兵器撃破任務」に登場。
 ブラウ・ブロヴァル・ヴァロなどの大型機にテストパイロットと二人乗りしている姿が見られる。
 七人目解放は無いが、機体に合わせてか台詞パターンは複数用意されている模様。
「見逃がすわけにはいかない……ここで倒しておかなければな!」

シャア・アズナブル少佐

イメージ 5
 原作「機動戦士ガンダム」主演の一人。
 ジオン公国宇宙攻撃軍所属。後に除籍を経て大佐として突撃機動軍に転籍。
 ルウムの戦功で「赤い彗星」の名を得、ジオン・連邦両軍にその名を轟かせた一年戦争屈指の、そしてMS黎明期を語る上で外すことのできない撃墜王
 その著名すぎる活躍については敢えて割愛するが、とにかく同大戦、いやUC0078から0100年にかけてを代表する人物であった事は間違いない。
 本名はキャスバル・レム・ダイクンと言い、ジオン建国の父ジオン・ズム・ダイクンの長男。しかし父の急死とザビ家による国家簒奪と私物化が進んだ事でエドワゥ・マスを名乗って妹セイラ・マスと共に出奔。その後行方不明となっていたが、偽名でジオンに潜り込み復讐の機会を狙っていたらしい。

 その一環として彼を親友と信じていたガルマを謀殺し、劇中ラストではキシリアを殺害。
 ザビ家内紛によりデギン公王、ギレン総帥も死亡しており、これにより彼は目的を達成している。
 復讐からその先は特に考えていなかったようだが、物語終盤で「ニュータイプ」の実在を感じたことで
 転機が訪れる。青春を費やしたこの謀殺劇を経て、半ば隠遁と言っていい生活をしていたが「ダイクンの息子」
「ジオンの撃墜王」「ザビ家誅殺の英雄」などなどからの参加要請や、或いは「ザビ家殺害疑惑」「ジオン元撃墜王」などの連邦・ジオン各派閥など各方面からこれでもかというくらいに監視を受け、前述の変化も手伝い、やがて彼がネオジオンを起こすことになる…のは皆様ご存知の通り。

 その人生と人格は一年戦争後も次々と付与・解釈が加えられて複雑怪奇であり、紙面が足らず、
 いっそ年表にでもしたほうが良いくらいのキャラクター。それだけの設定を抱え飲み込むだけの懐を持った
 大きなキャラクターとして今も愛され続けている。
 
 略称CA.ザクⅡS型、ズゴックS型、リックドムゲルググ初期生産型カスタムを保有
 移動力が強化された稀有な機種であり規格外の性能を発揮。シャア人気も手伝って人気機種となっている。
 なおリックドムは小説版のモノで、ゲルググ未登場ゆえの代替として使用されたらしい。

 原作部隊「赤い彗星」「マッドアングラー隊」「独立第300戦隊」などを指揮。
 シャア時は一機制限機に搭乗しないのでアムロ機には劣るが、反面で部下を含めた万遍無い強さを誇る。
 また中盤以降全攻低狙いで桁違いの火力を発揮するララアが加わると別格の強さとなる。
 七人目解放アリ。確定は第1作戦でWB隊を撃破した際の「一作戦限定解放」だが
 圧倒的な能力でプレイヤーを恍惚へと誘う程だそうだ。
「戦いとは二手三手先を考えて行うものなのだ……!!」
「……でたらめだな! 乗っている奴の顔が見たいわ!!」
「私はジオンの子……キャスバル・ダイクンだ!(強化攻撃時」
「ア、アルテイシアアルテイシアなのか!?(強化回避時」