GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその16【さ行】

ジャック・ベアード少尉

イメージ 1
 アトラクション「ガンダム・ザ・ライド」出演。
 地球連邦軍サラミス輸送艦フジ級「スルガ」護衛MS部隊「ジャック・ザ・ハロウィン隊」の新任隊長。部隊マークはジャック・オー・ランタン。熱意と責任感は人一倍だがまだ未熟さが目立つ青年士官として描かれた。
 バズーカ用ラックをバックパックに装備したジムに搭乗し、ア・バオア・クーの激戦区に突入。乗客を守り抜いている。戦後は非公式(非映像化)ながら、アナハイム社に出向しGPシリーズの試作0号機「ブロッサム」のテストパイロットを務めた記録や、エゥーゴに参加した記録がある。

 美樹本晴彦氏がキャラデザインを担当している事から、氏の漫画「Ecole du Ciel(6.7巻)」にも出演。
 丁度Zガンダムの舞台裏といった頃、グラナダ研究所ガンダムMarkⅡテスト要員として登場したが
 主人公アスナ嬢を叱責しながら登場し、更に部下のとばっちりで横から殴られる等
 お世辞にも格好良いとは言えない出だしだった。しかし最後は綺麗に締め、
 後に実戦部隊としても活躍する。

 同Ecoleでは、通常型MSでも「MS戦ではNTは絶対的に強い」という設定が大きく反映されており
 腕の良いベテランながらオールドタイプである彼は、どうしても「当て馬」役をやらされがちであるが
 物語の脇を占めるキャラクターとして活躍している。

■角川解説書記載スペック
 初期成長16000、攻撃38/防御38/反応32.
 盾2.擦り抜け1.射撃特化2.視界2.対空1.ZOC1.近距離-中距離-遠距離射撃Lv2. 
※訂正済みの可能性大。

 略称JB。ジムのカスタム機を保有するが、これがなかなかの人気機種になっている。
 ゲーム中では原作部隊「スルガ隊」を指揮しており、部下のアダム・スティングレイと共に登場。
 友軍支援や競合の他、星一号作戦の終盤で再現任務が用意されている。
 エゥーゴ発生時にも参加し、瓦解後に七人目配布。
「元・ジャック・ハロウィン隊を甘く見るなよ!!」
「僕たちは分かり合えるかも知れないのに!(NT回避」

ジャマイカン・ダニンガン大尉

イメージ 2
 アニメ「機動戦士Zガンダム」出演。
 地球連邦艦隊に所属する士官で、本来はUC0087-8年頃の「グリプス戦役」において活躍する人物。その際の階級は少佐だが、エリート部隊ティターンズの「1階級上扱い」法則により中佐級として扱われた。
 当初は同軍前線指揮官バスク・オム大佐の副官的な人物だったが、後に巡洋艦アレキサンドリアの艦長に就任。中間管理職的で格上にへつらい格下に口やかましく高圧的、更に私情や保身で味方を見殺しにしたり砲撃に巻き込んだりと、とかく「タチの悪い中間管理職」として描かれた。ただ声優キートン山田氏のどこか滑稽味のある演技もあってか、ある意味でとても人間的な人物と見る事もできる。
 佐官クラスに相応しく、戦場を見渡す目線や艦隊運営・作戦立案能力はあったが、部下に慕われないという点が決定的で、中盤にてヤザンに謀殺される。残念ながら後半には続けなかった。
 
 まず第3作戦のパトロール艦隊競合に登場するが、競合に敗北しても戦死はしない。
 以後もサラミスペガサス級を指揮し、ヤザン・ゲーブルを率いて友軍部隊支援や競合任務に登場する。
 当然ながらティターンズ結成にも参加するようだ。
「撃てっ! 撃ちまくれっ!!」

ジャミトフ・ハイマン大佐

イメージ 3イメージ 4
 アニメ「機動戦士Zガンダム」出演。
 地球連邦軍所属の高級士官。UC0083年のデラーズ紛争にて頭角を現し、連邦軍エリート部隊「ティターンズ」を設立。その首魁として大将に就任し、同0087-8年のグリプス戦役を主導。謀略を駆使して連邦を私物化しかけた老奸雄である。

 彼自身は意外に腰が軽く、何かと腰が重い連邦政府及び軍上層の腐敗を嫌っており
 地球環境の回復を主張するなど、政治的には意外なまでにブレックス・フォーラやシャアに近い。
 また政争の道具として用いた「アースノイド至上主義」「スペースノイド蔑視」などの選民思想を彼自身が意識していた描写も見られないなど、ある意味で「スペースノイド主義を標榜しながらもNTに懐疑的だった」ギレンを
 そのままZガンダムのハードな調子に合わせて再構成した人物とも見る事ができる。

 このようにガンダム作品らしい「悪とは言い切れない」人物であるが、割と露出が多く、とかく政略・謀略を駆使した事、実行部隊として暴走しがちなバスク・オムを配していた事がやはり嫌われる要因なのか、ゲームでは無能・老害として描かれ易いようだ。劇中では大物らしい挙動や部下を気遣う姿など意外に印象はよく
 そのギャップに少し驚くかもしれない。劇中ではなんとかハマーンの暗殺から逃れるが
 身内のはずのシロッコにより暗殺された。
 
 GNO2内では主に競合用の準高官キャラクター。
 従って連邦プレイヤーはその姿を意識することは無い。第2作戦テロップに出るくらいか。
 また(クール通しての)戦況膠着時などに第3軍ティターンズを設立する事があるが、放って置くと滅亡する。
 ゲーム製作者的には単なる老害らしく、ばんばん無能&差別発言を連発してくれる。
「ジオンの猿どもめ……根絶やしにしてくれる!」
「我らの地球を……宇宙人どもから守り抜かねばならん!」
「死ぬまでに、地球圏に対して必須のことをやってみせなくてはならんのだ!」

シャリア・ブル大尉

イメージ 5
 原作「機動戦士ガンダム」第39話出演。
 ジオン公国突撃機動軍所属。元は核融合炉燃料「ヘリウム3」採取を任務とする木星船団の所属だったが、危険な同任務での功績からNTの資質を認められ、ギレンとの会見を経てキシリア配下のシャア独立戦隊に回された「木星帰りの男」。有名な同会見の他、キシリアにも「ララアより期待が持てるかも知れぬ」と言わしめた。
 常人なら3名の乗員を必要とするとされる「ブラウ・ブロ」を実質的に一人で操り「NTの実在」を見せ付けたが、ガンダムとの交戦により撃破され戦死。

 ガンダムをオーバーヒート寸前まで追い詰めた末での敗北は「今すぐ出ればガンダムを倒せます」と
 ララアに言わせたが、それ以外のニュータイプ(伏兵)の存在を危惧し、またシャリアの死を汚す事もあるまい
 と考えたシャアがこれをとどめた為、ホワイトベース隊は命を永らえた。
 ある意味で、歴史を変え得た人物であったと言える。

 ニュータイプの黎明期に当たる人物だが、落ち着いた中年男性の容貌と控えめな言動を持ち
 後のNTや強化人間と異なる印象を与える。ギレンにも「その洞察力でキシリアの意図を図って欲しい」と
 期待されていたフシがあるが、彼は控えめな言動でそれをはぐらかしている。
 その意味でもジオン公国の運命を左右しかけた人物。
 
 なおパラレル扱いとなる漫画「ジ・オリジン」では若干若返ると共に自意識過剰で好戦的な
 ある意味で「NTらしい」人物に描写が変更。件のギレンの「期待」も無く、NT評価もララアより下など
 かなり散々な扱いの人物へと変えられていたりする。

 原作部隊「ニュータイプ部隊」所属。
 代名詞ブラウ・ブロに搭乗し高い攻撃力を発揮。回避はそこそこだが耐久性が高く、それなりに厄介。
 原作部隊の中でも撃破しにくい部類に属する。七人目解放アリ。
 シャアとの交友からネオジオンにも参加する。
「……これは凄い! あの相手は私の未来位置が予測できるのか!?」
「私を利用しようとする者たち……一人残らず消えるがいい!(強化」

シャルロッテ・ヘープナー少尉

イメージ 6
 ゲーム「ジオニック・フロント」出身。
 ジオン公国突撃機動軍特殊部隊「闇夜のフェンリル隊」所属。19歳。
 士官学校を出るなりフェンリル隊に回されたという経歴を持つ、運が良いのか悪いのか判らない女性士官。
 配属時にザクが間に合わずオペレータ役に従事した経験があり、言動からMSに対する執着が垣間見える。また女性兵で新兵という二重に「侮られる」立場である事もあってか任務に対しては人一倍真面目で、同期の男性新兵ニッキ・ロベルトにもちょっとした対抗心を抱いている。

 原作部隊「闇夜のフェンリル隊」ル・ローア組に所属。格闘壁担当。七人目解放あり。
「私はMSパイロット……オペレーターじゃないんだから!」
「ニッキとは違うのよ、ニッキとは!」