GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその20【た行】

ダロタ中尉

イメージ 1
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国地球方面軍所属で、ニューヤークを拠点とする地球方面軍司令ガルマ・ザビ大佐の側近の一人。ガルマ戦死後に仇討ち部隊を指揮し、彼の死に悲嘆に暮れるイセリナエッシェンバッハを伴ってガウ攻撃空母3機で出撃。
 既に艦載機を消耗し、本来は母艦である攻撃空母3機だけという非常にアンバランスな編成だったが、相手が難民を満載しまともに戦えないホワイトベースだった事もあり、よく追い詰めた。しかし撃沈させるまでには至らずガウ隊は全滅。戦死する。
 顔がなんとなくマリガン中尉に似ている気がする。
 ダレダとかワロタとか言ってはいけない

 おそらくクール序盤、ガウ攻撃空母を指揮する艦長キャラとして登場しているモノと思われ
 また、もしかしたらガルマ生存時には彼も生き延びるかもしれない。
 当然だが七人目配布は無い模様。
「せ、せめて……一矢報いるまでは……」

チャック・キース少尉

イメージ 2
 戦後を描いたOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 地球連邦軍トリントン基地所属MSパイロット。一年戦争後に新兵として教育を受けて連邦軍に入隊、活躍したパイロットであり、本来なら一年戦争には関わらない(ハズ)の人物。
 トリントンから始まった「ガンダム強奪」「星の屑」に連なる一連の紛争にアルビオン隊の一員として参加。その中心となったコウ・ウラキとは士官学校の同期で、真面目な彼と軽めなキースで良いコンビだったようだ。当初はニナ・パープルトン女史に粉をかけていたが気がつくと整備のモーラ・バシットと引っ付いている。
 あくまで若者らしい軽いノリの持ち主で、時には弱音を吐くこともあったが
 同紛争を駆け抜ける中で成長し、一人前になっていった。
 
 略称CK。ジムキャノンⅡカスタムを保有。ただ性能的には同アデル機の下位に近いのが切ない。
 原作部隊「アルビオン隊」に参加し、後衛射撃系量産機~カスタム機に搭乗。
 他の0083系同様、一時的な七人目解放アリ。
「戦況は絶えず変化してんだ……ぼやぼやしてっと孤立しちまうぞ~!」
「えぇっ!? 敵の正面を取れてしまった!?(NT攻撃時」

チャップ・アデル少尉

イメージ 3
 戦後を描いたOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 地球連邦軍所属。一年戦争ではサウス・バニング中尉の指揮下で「チェンバロ作戦(対ソロモン」「星一号作戦(対ABQ」の二つの激戦に参加。同小隊は一名の損害も出さなかった事から「不死身の第四小隊」の異名で呼ばれた。
 戦後UC0083年のデラーズ紛争ではアルビオン隊の補充要員として登場。
 他のベテランパイロット(モンシアやベイト)に比べて物腰が柔らかく、まだ新人のキースを気遣うなど紳士的な人物として描かれた。新鋭機であるジムキャノンⅡに搭乗して同紛争を戦い抜き、紛争後アルビオン隊が解体された後はエース部隊「ティターンズ」に参加している。ちなみに83年時でまだ24歳。既婚者でもある。

■角川解説書記載スペック
 初期成長17500、攻撃41/防御41/反応34.
 盾4.擦り抜け2.射撃特化3.視界4.対空1.ZOC2.近距離-中距離-遠距離射撃Lv3. 
※訂正済みの可能性大。

 略称CA。バランスよく強化されたジムキャノンⅡカスタムを保有
 原作部隊「不死身の第四小隊」隊員。アルビオン隊結成でバニングが抜けた後は「ベイト小隊」に参加。
 競合ではアルビオン隊と入れ替えで登場する他、ティターズ発生時はそちらに参加する。
 ティターンズ発生作戦の終了後、同残党収容任務で七人目解放される。
 一年戦争時を想定しているのか能力は中の下程度。
「やりますよ……隊長に腕立てをやらされたくないですからね!」
「馬鹿の相手をするのは疲れます……(強化回避」

ティアンム中将

イメージ 4
 初代「ガンダム」出演。
 地球連邦宇宙軍第二連合艦隊司令。
 一年戦争緒戦では第四艦隊司令としてコロニー落とし阻止作戦を指揮するも迎撃に失敗。所属艦艇の7割にも及ぶ損害を出した。しかしジオン側が兵員不足から「連邦艦隊迎撃要員」と「コロニーの工作(耐熱コーティング)要員」をモビルスーツ部隊に兼任させていた事に着目し、作業中MS部隊の多数を撃破。これによりMS正規訓練を受けた貴重な熟練兵を消耗させ、後に言われる「ジオンの敗因」の一つをここで達成している。
 また大戦末期の大反攻作戦「星一号」発動に際して大将に昇格し、連邦宇宙軍第二連合艦隊司令官に就任。
 対ソロモンとなるチェンバロ作戦の総司令官として難攻不落と謳われたソロモン要塞を僅か一日で陥落させる歴史的戦果を残したが、長距離ビームを歪曲する前代未聞のMA「ビグ・ザム」の強襲を受け戦死した。

 星一号総司令官であるレビル将軍は麾下の第一連合艦隊と共にチェンバロでは温存され、本格参戦の前にソーラ・レイの奇襲攻撃により戦死している。そのため、彼は「実績」面である意味レビルを上回る名将として讃えられる。UC0120年代には「アドミラル・ティアンム(ティアンム提督)」という名称のラー・カイラム級戦艦が就航していたようだ(些か不名誉な最期を遂げてしまったが)。
 松浦まさふみ氏の漫画にて「マクファティ・ティアンム」というフルネームが設定されており
 ギレンなど一部ゲームで使用されているが、公式設定はまだ固まっていない。
 同漫画で味方を鼓舞する姿はなかなかに威厳があった。

 本作では戦功章相当の宇宙専用高官として登場しマゼラン級「タイタン」に座乗。
 また原作通りソロモン攻略作戦などで作戦指揮官を務めており、競合に出現。戦死の可能性を秘める。
「一週間戦争の二の舞は……御免だ!」          
「……甘く見るな! 我が軍も開戦の時とは違うのだ!」

ディック・アレン中尉

イメージ 5
 戦後を描いたOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 地球連邦軍所属MSパイロット。0083期にはオーストラリア方面トリントン基地にて、テストパイロットと新兵教導の実戦教官役を務めた。
 一年戦争の従軍経験を持つベテランで、試作機のパワードジムを駆って新兵3人(コウ、キース、ラバン)を翻弄。また漫画版(松浦版)では逆に旧式のザクⅡF-2型で新型のジム改3機をこれまた翻弄。乗り手の重要性を教授していた。能力は同基地MS隊隊長サウス・バニングに次ぐナンバー2と評される。
 以上のように優れた腕前を持つパイロットだったが、デラーズフリートによるトリントン襲撃(GP-02強奪)事件にパワードジムで出撃した際、不意打ちを受けてあっけなく戦死。その死を以ってコウ達に戦場の厳しさを教えた。

 略称DA。☆☆及び専用機でも人気な「パワード・ジム」をカスタム化している。
 本作では原作部隊「アレン小隊」を指揮。またクール中盤頃に一作戦のみ限定で七人目解放されるが、
 次作戦開始と共に原隊復帰し、確定A試作機護衛任務のテストパイ役に回る。
 射撃特化型で、パラメータも下位に属するらしい。
「お前なんか一撃であの世行きだぜ!」