GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその24【た行】

ドライゼ中佐

イメージ 1
 戦後を描いたOVA「0083 STARDUST MEMORY」に出演。
 ジオン公国軍所属。同国再編後、UC0083時に起こったジオン公国残党デラーズ・フリートの蜂起に参加したユーコン潜水艦艦長。トリントン基地でのGP-02奪取作戦にて、戦力の移送及び沿岸からミサイルによる支援射撃を敢行した。
 宇宙にて星の屑作戦が行われた際は地上での高官テロ作戦も任命されていた模様だが、その首尾と生存は不明(シーマ内通で露見していた可能性が高く、また狙いの割に確たる戦果も聞こえていない事から失敗した可能性が高い)。

 GNO2内では正規軍として地上確定戦艦襲撃a艦長を務める。
 ただしユーコンが出せない事から、陸戦ホバー艇のギャロップに乗艦。海に呼ばれるヒト。
「大丈夫だ……そう簡単に直撃はしないものだ」
「海が…呼んでいる…のか…」

ドレン少尉

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国宇宙攻撃軍所属。物語序盤にてシャアの乗艦ムサイ級ファルメルを実質的に取り仕切った。その後、シャアが突撃機動軍大佐として宇宙に上がった際に大尉として再登場し、旗艦キャメル以下ムサイ級3隻で構成されたキャメル・パトロール隊司令官としてホワイトベース隊と交戦。新鋭機であるリック・ドムなど高い戦力を有していたが、ホワイトベース隊の前に破れ戦死した。

 GNO2内では宇宙確定戦艦襲撃難易度A等に出現。艦はムサイ級。
 またネオ・ジオンの結成にも加わるので、同決戦競合時は味方として扱われる。
「対空砲火、打ち上げろ!!」

トワニング大佐

イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」に出演。
 ジオン公国軍所属(階級は准将とするモノもある)。
 ア・バオア・クー要塞における決戦にてギレン・ザビ総帥の副官役を務め、キシリアによる総帥暗殺を目撃。これに動揺する兵士を「名誉の戦死」宣言にて収めた。
 その後キシリアを補佐しア・バオア・クーの戦力(学徒兵等)について説明などを行っていたが、劣勢と見たキシリアは退去。彼女の脱出への手はずを整えると共に防衛指揮官として同要塞に残った。その後の消息は不明だが、ガンダム・センチネルにて端役として登場している事から生き延びる事は出来たらしい。

 劇中で指揮官として残る際、キシリアに自身の身柄について(おそらく戦後の捕虜交換)頼むシーンがあるが、
 それがゲーム製作者ウケが良くなかったのか、いまいち勇猛さに欠ける台詞が目立つ。
 ジオン版のゴップ大将やエルラン中将みたいな立場のキャラクター。
 なおトワイニング(紅茶ブランド)ではなくトワニング。である。
 
 GNO2内では主に宇宙確定補給基地襲撃の基地司令役を務めており、よく身柄の安全を尋ねてくる。
「わ、私の身柄は…保証されるのか!?」