GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその27【は行】

バリー大尉

イメージ 1
 一年戦争を描いたOVA第08MS小隊」に出演。
 ジオン公国地球軍ヨーロッパ方面軍所属。
 ヨーロッパ方面軍が敗走する際、ユーラシア地域にてアブスト大尉他と共に志願して殿を務め見事生還。同司令官ユーリ・ケラーネと敗走したが、避難先に選んだラサ基地司令ギニアス・サハリンとユーリの確執に巻き込まれ、爆死した。
 チョッパーではないのであしからず。

 
 GNO2内では同出展のルネン及び無名ジオン兵士二名と共に原作部隊「バリー小隊」を結成。
 彼ら二人は後衛を務め、前衛を無名兵士に任せている。また顔付きである彼ら二名も強くないので
 原作部隊では最弱に近い存在。うまく前衛二人を倒せれば、比較的高い確率で「脱出だ!」と叫ばせる事が
 出来る。七人目配布もされるが「能力低め射撃系」らしく評判はイマイチ。
「よし! 時間は充分に稼げた! 脱出させてもらうぞ!」
「マゼラ・アタックとは……やっぱり比べ物にはならんなぁ(EXAM回避時」
「人生何が起こるかわからねえ……この俺がニュータイプとはな!」
「きひひひひひ! 死ね! 死ね! 死ねぇ!(強化時」

バロム大佐

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン公国突撃機動軍グラナダ艦隊所属。
 一般用の緑色に塗装されたチベ級重巡洋艦に座乗し、ソロモン救援部隊の参謀役として派遣された。派遣は間に合わなかったがドズル中将の妻子(ゼナ夫人とミネバ公女)が搭乗した脱出艇を救援している。
 その際、艦隊司令マ・クベは脱出艇を見捨てようとしたが、彼が諫言する事で方針転換した。という経緯があり、その意味では後の歴史に大きな影響を残した人物である。同脱出艇乗員を送り届けた後、友軍艦隊への合流途上で連邦ワッケイン艦隊と遭遇。戦死した。超人ではないのであしからず。

 GNO2内では主に宇宙確定戦艦襲撃Aに登場。
 赤カラーのチベに座乗する、そこそこ強い艦長である。
「仲間を信じているからこそ戦えるのだ!」

フィリップ・ヒューズ少尉

イメージ 6イメージ 3

 ゲーム「外伝 THE BLUE DESTINY」出演。
 地球連邦軍第11独立機械化混成部隊、通称「モルモット隊」所属。
 同隊はジャブロー直轄として各戦線の最前線を渡り歩きながらMSの実戦データを収集する事を任務とし、
 従ってパイロットの戦死も多かった(設立時10名居たのがゲーム時で3名まで減っている程)。
 コロニー生まれの元戦闘機乗り。

 隊のムードメーカー的な人物。腕前は確かで、EXAM事件終結後も、対ソロモンとなるチェンバロ作戦、
 及び対ア・バオア・クーとなった星一号の両決戦に参加し、ジオンの赤い稲妻(ジョニー・ライデン)等との
 交戦などを経ながらも終戦まで戦い抜いた。その後UC008年次のグリプス戦役において負傷し軍を退役。
 最終階級は少佐(別に准将では無い)。サイド6にてパン屋を開業している。
 なお負傷と言っても片腕サイボーグ化という程ではない。

 角川解説書記載スペック
 初期成長18500、攻撃41/防御41/反応34.
 盾4.擦り抜け2.格闘特化3.視界4.切り払い3.対空1.ZOC2.格闘攻撃3. 
※訂正済み。

 略称PH。主にHPと格闘能力を高めたジムコマンド地上用カスタムを保有
 原作部隊「モルモット隊」に参加。格闘壁。また同隊のユウ・カジマは射撃壁で後退しながら戦うので
 同部隊の最前面は彼が務め、競合ではジオンのイフリート改やBDⅡと刃を交える役をこなす。
 EXAM競合二連勝時に七人目配布。能力はライラなどとほぼ同等で中堅程度。
 配布時期的にややありがたみが薄いパイロットかもしれない。
「死ぬ時はベッドの上って決めてるんだよ、こちとら!!」
「頭の中で蛇がのたくってやがる……!(強化時」

フェデリコ・ツァリアーノ中佐

イメージ 4
 OVA「MSイグルー」第2話出演。
 地球連邦軍北米コマンド部隊「セモベンテ」隊長。
 一年戦争中期の0079年5月頭、鹵獲ザクⅡでジオン兵に偽装し北米の物資集積所を荒らしていた。特に物語冒頭での残忍な不意打ちシーンが印象深いが、彼自身は連邦軍服に連邦マークが入ったヘルメットと完全な連邦制服を身にまとっており、偽装する気が全く見えないギャップでも印象深い。
 しかし腕前はエース級と言ってよく、驚くほどザクの扱いに習熟している。
 不規遭遇したモビル・タンク「ヒルドルブ」と冷静かつ大胆に戦ったが、火力・射程・重装甲に荒地走破性まで兼ね備えたモビルタンクの戦闘力の前に部下は全滅し、彼自身も相討ちで戦死した。
 イグルー1連邦兵の例に漏れずガラは悪い。

 これは筆者の推測だが、彼自身や部下がMSに手馴れていた割に
 部下の実戦経験がかなり不足していた点、北米と言う地域の特殊性を考えると、
 アレックス等連邦MSの研究機関だった、北米オーガスタ研究所辺りのテスト部隊だったのかもしれない。
 なお彼らの戦闘はあくまでモビルタンク対モビルスーツなので、公式設定での「人類初のモビルスーツ
 同士の実戦(by初代ガンダム第1話」には抵触しないらしい。

 ゲーム中ではF・ツァリアーノ。
 GNO2には2009年6月実装分で参戦。l_1721
 セモベンテ隊を率い、期間限定で「セモベンテ隊救援任務」に登場する。
 同任務は競合でない為、確実に戦死するとみて良いだろう。七人目用の台詞も特に用意されていない模様。
 被弾時は「こ、この位で」「ま、まだだ…」など動揺が浮き出た台詞が多く、格好悪い。
「はははっ! 自分とこの兵器で刻まれる気分はどうだ?」
「ザ、ザクをここまで吹き飛ばすとは……!」

フォルド・ロムフェロー中尉

イメージ 5
 ゲーム「ガンダム外伝 めぐりあい宇宙」内の「宇宙、閃光の果てに…」に登場。
 地球連邦軍第16独立戦隊所属。北米オーガスタ基地出身。
 試作機「ガンダム5号機」のテストパイロットだったが、宇宙における決戦に向け同機の投入が決定した事で実戦部隊に編入された。
 実戦経験が殆ど無いシミュレータ育成ゆえ当初はゲーム感覚で楽しんでいたが、僅か巡洋艦3隻という少数戦隊の厳しい戦いのなかで否応なしに成長を強いられ、シミュレータ訓練で十二分に習熟していた事や生来の素質や機体の性能、熟練の撃墜王である同僚の手助けも経て、やがて優れたエースへと成長していった。
 ゲームキャラであるが、漫画ガンダムlegacyでは戦後の彼の姿を見る事が出来る。
 同3巻に添えられた監督の言葉を見る限り、これをして彼の公式な戦後の姿としても良いかもしれない。

 GNO2作中でも原作部隊「第16独立戦隊」に所属。
 格闘壁タイプとしてガンダム5号機を使用し、主にサイド5やグラナダの競合にて友軍となる。
 同機の性能もあって高い戦闘力を発揮し、出現時は3ターン程度で敵を蹴散らせてしまう事もあるほど。
 七人目配布有り。血気盛んな青年パイロットである。
「相手の攻撃を眼で追いすぎだ! くらえっ!!」