GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

原作NPCその28【は行】

フォン・ヘルシング大佐

イメージ 1
 OVA0080.ポケットの中の戦争」出演。
 ジオン公国突撃機動軍グラナダ艦隊所属。
 核ミサイルを搭載したチベ級改ティベ型「グラーフ・ツェッペリン」艦長。キシリア不在のグラナダ基地を一時的に掌握したキリング中佐により「連邦の新型機(NT-1)をサイド6の中立コロニーごと核ミサイルで破壊せよ」という特命を受けて出向するも、偶発的に連邦艦隊との戦闘に入った事を機に投降。条約違反となる核ミサイル使用と、それに付随する虐殺行為を体を張って阻止した。

 GNO2内では主に宇宙での確定A戦艦襲撃任務に出現。チベ級座乗。
 また再現要素として、宇宙で発生する第二アレックス競合「G-4部隊任務」にも稀に出現する。
「艦を危険にさらしたくはないが……敵はこちらの事情など知るまい」

ブライト・ノア中尉

イメージ 2
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 地球連邦軍第13独立部隊所属ホワイトベース艦長。士官候補生としてホワイトベースに乗りこむが、サイド7襲撃事件によって主だった士官が全滅してしまった為、臨時措置として艦長を拝命。
 軍人と民間の寄り合い所帯となった同艦を指揮し、身内のトラブルやジオン公国の名だたるエースの襲撃を乗り越えて見事ジャブローへと到達。その後正式に中尉として艦長職を任せられ、ア・バオア・クーの激戦で同艦が失われるまで共に戦い、終戦まで生き抜いた。
 何かとニュータイプと縁が絶えなかったが、本人はニュータイプではなかったらしい。最終階級は准将。
 彼の最後の出演は「マフティーの動乱」こと小説「閃光のハサウェイ」であるが、その際、彼は個人的に非常な打撃を受けた後に退官している。数奇な運命を生き抜いた老将は、果たして幸福な晩年をすごせただろうか…

 声優は故・鈴置洋孝氏。2006年8月6日没。
 左舷の弾幕が薄いのが嫌いという印象があるが、これはアーガマ乗艦時の台詞が元になっているらしい。
 ご命日は黙祷と共に当たり前当たり前当たり前ーッ!と叫んだり、包丁を回したり寿司職人になったり
 日輪の輝きを借りたりゴーフラッシャーしたり三つ目格闘家や悪即斬しつつ
 故人を偲ぶファンも多いという。
 
 GNO2内でもホワイトベース艦長として活躍。
 戦艦は高HP対象として被弾(性能低下)しやすくスペックの維持が難しいが、専用スナイパーⅡ級の火力で
 強力にバックアップしてくれる。またWB隊解散時は確定戦艦護衛を中心に出現する。
「憎んでくれていい……だが、これは戦争なんだ!」

フラナガン・ブーン大尉

イメージ 3
 原作「機動戦士ガンダム」出演。
 ジオン突撃機動軍地球方面軍潜水艦隊「マッド・アングラー隊」所属。
 ユーコン潜水艦艦長。同隊指揮官であるシャア・アズナブル大佐の副官役を務めた。自らホワイトベースへの潜入任務を行う行動派で、部下に対する思いやりもある。ホワイトベース隊との交戦では自らモビルアーマー「グラブロ」を駆って出撃したが、ガンダムとの交戦で戦死(劇場版ではミハルの放ったミサイルのより戦死)。

 名前が紛らわしいがフラナガン機関とは無関係。
 またウルフ・ガー隊指揮官のヘンリー・ブーンとも(少なくとも現状の設定では)無関係。
 パイロットスーツ姿なのでちょっと印象が違うかもしれないが、あの潜水艦艦長さんが彼である。

 角川解説書記載スペック
 初期成長17500、攻撃41/防御41/反応34.
 盾4.擦り抜け2.格闘特化3.視界4.切り払い3.対空1.ZOC2.格闘攻撃3. 
※訂正済みの可能性大。

 GNO2内では、自ら水物の原作部隊「ブーン戦隊」を率いて登場。
 またシャアの大佐昇進後は、地上水辺原作部隊「マッド・アングラー隊」隊員に。七人目配布あり。
 関連競合の他、状況次第では決戦競合「ジャブロー強襲」にも出現する。
「死んで行った部下たちの仇だ……一人残らず抹殺してやる!(強化時」

ブラン・ブルターク少佐

イメージ 4イメージ 5

 アニメ「機動戦士Zガンダム」出演。
 UC0087年頃における地球連邦軍の佐官級指揮官兼撃墜王として登場。
 高コストながら高いスペックを有する少数量産機「アッシマー」を愛機として活躍し、カミーユやクワトロなど同年代の一流パイロットをも翻弄。ロベルトを死に追いやったが、アムロ・レイとの交戦によって戦死した。一年戦争時の経歴は特に設定されていないが、逆輸入の形で本作に登場している。
 ちなみに結構面倒見はよかったようだ。

 角川解説書記載スペック
 初期成長18500、攻撃42/防御42/反応35.
 盾5.擦り抜け2.射撃特化3.視界5.対空1.ZOC2.近距離・中距離・遠距離射撃Lv3. 
※現在は訂正済み。

 GNO2内では特に原作部隊には参加していない模様。
 とにかくダテじゃない人物。七人目配布有り。既に能力が射撃系に設定済みなので扱いにくい面があるが、
 ランク外なら終戦まで在籍。能力的にはボルクやスレッガー級の中堅上位級エースで
 比較的成長ポイントや初期スキルに余裕があるタイプとなる。
「……照準内っ!! ここまでだな、宇宙人!」
ニュータイプの力は……ダテじゃないんだよ!」

フランシス・バックマイヤー中尉

イメージ 6イメージ 7

 出身「モビルスーツバリエーション(MSV)」?
 地球連邦軍所属。大戦末期にジム・スナイパーカスタムの代表的な仕様を作り上げた撃墜王
 格闘・射撃問わずサーベルからライフル・バズーカまで装備した重装仕様で多大な戦果を挙げた。
 ア・バオア・クー決戦時のアムロ機<RX-78ガンダム>に近い重装備型で、激戦区への投入が多かった事が
 推測される。他のMSVキャラクター同様、本来は「想像する余地」を残し人格などの詳細なキャラクター
 付けはされていないので、おそらくGNO2のベースである「ギレンの野望」用に設定された台詞や
 フェイスを使用していると思われる。優男風な外見同様に柄は悪くないが、
 ジオン軍に対する復讐心が剥きだしで、かつ信心深い台詞が多い。
 どうやら家族をこの戦争で喪ったようだ。

 略称FB。
 パイロット時も「F・バックマイヤー」と省略される。ジムSCカスタム保有
 GNO2作中では同じMSV出身のギャリー・ロジャースと組んで「トロイホース隊」を結成。
 代名詞のジムSCの他、終盤ではスナイパーⅡに搭乗。高攻撃力な射撃壁として活躍をしてくれる。
 七人目解放あり。射撃振込み済みなので扱いにくいが、初期攻撃力53にzoc2や射撃4、盾6など高いスキル
 レベルを与えられており、充分に強力な部類に属する。
「父さん、母さん、フローラ……僕に力を貸してくれ!」
「ジオンの悪魔ども……まだ殺したりないというのか?」
「まだだ……まだみんなの所へは行けないんだ!」