GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

キャリフォルニア連邦 第16クール参戦記録その2

イメージ 1

■VP
 ルナツーより更に後発の展開となっている事もあってか、輪をかけて300編成他修理が軽い編成、
 及び支援(距離4)パイロット複数育成が多数上位に見られました。

 技術16発売だったBDⅢですら殆ど上位には見ることが出来ず、
 専宇コマンド、スナイパーⅡ/MR/LL、専パワードに☆☆、クゥエル、ジムカスタム、ジムⅡと
 修理305以下の編成が多数上位に組み込まれていたようです。

 なんだかんだでスナイパーⅡカスタムはしっかり市民権を獲得しつつありますね。

 そんな中、隊長格闘専門気力BD/距離3パイロット2枚育成らしいF中佐様の戦いが特筆物で
 BD修理310でHPVP換算問わず上位に入り続ける腕前が印象的でした。

 が。しかし明らかに同F中佐の複垢らしい
 NT格闘専門隊長/支援パイロット二人以上(と思しき)編成のハイランク部隊が、より素晴らしい効率で
 HPVP換算一・二位を常に争っている姿も同時に見られましたので、やはりBDを隊長に据えるのは
 厳しくなったのじゃないかなと思ったりします。
※隊長が非EXAMで高壁、ジムキャノン及びガンキャノン量産型の複数搭載などの編成が多いことからの
 大ざっぱな推察ではありますが。

 以前ならNT用「勝負機体」の一つだったジム・クゥエル
 ジムカスタム(★)とジムカスタム並/☆300編成にとって変わられて姿を消しつつあり
 また今期はギャン採択によって、npcも強力な距離2全攻がゲルググ採用時より多い感じでしたが
 それでもこの調子だったのですから、NPC対策もかなり万全に近づきつつあるようです。
 育成の妙なのか、それとも配置/命令なのかは解りませんが。
 何にせよVP編成が変わりつつあると感じます。

 余談ですがギャンMなどの高値【買い】がかなり目立っていたことも付け加えます。
 VP研究に余念のないプレイヤー様の多さゆえでしょうか。

■余談2:NPC更新アップデート
 ギャン採用時はギャンKを中心に高火力・高命中・頑丈な距離2全力攻撃が終盤多くなり、
 やや回避が厳しくなりますが、先の「NPC更新アップデート」により「射撃武装を外された」事で
 同担当機が「距離1槍全攻」という行為に走った事も付け加えます。

 何が変わったかと言うと、同タイプは威力はともかく命中率が物凄く低いのです。
 射撃系パイロットらしいのに格闘攻撃してるせいでしょうか。

 思い出したように距離1~距離2とフラフラ動いていましたが、
 このため(威力はともかく)アップデート前よりむしろ被弾率は下がっていたかもしれません。
※ただしギャンKの槍は一機制限機並みなので、運悪く直撃すると100以上は通ります。

■MP
 人数少なめの陣営の宿命で、やはり3垢~回しがランキングボードで強くなります。
 というのは同様の陣営というか、むしろGNO自体が開発から時が経って過疎化しつつあるゆえの
 お約束ですが、加えて特徴が二つ。

 一つは強襲戦術の浸透などMP専門の編成が多数見られたこと。
 もっとも強襲道場を中心に情報が拡散された現在、他サーバも同じ状況かもしれません。

 二つ目は「眠らないMP」の存在です。もっとも眠らないというのは言いすぎですが、
 筆者が観察している限り(特に作戦開始時を中心に)、MP上位にて長期に入っている気配が無い部隊が
 幾つも見られました。

 長期任務というのは60戦ですから、5分*60戦と考えれば最低でも5時間拘束で報酬は3200程度。
 つまり一時間辺り640点程度の任務です。

 筆者は大体一時から二時辺りに長期に入れて寝ていますが、
 PMPの記録を取る限り、明らかに筆者同様に『作戦時スタートダッシュして3000P取得し、
 更に1~2時辺りまで長期に入れてない時給で』なおかつ筆者が寝ている間の時給、
 つまり5~6時間程度の間も時給1000以上で回転、

 更にその後筆者はちょっと任務してからまた長期に入れますが、昼頃確認してみると
 やはりその間も時給1000以上で回転し、また5時間ほど間をおいた記録を見るとやはり時給1000以上…
 という繰り返しになっていた訳です。勿論他サーバでも見られなかった景色ではありませんが
 頻度が異様に高い印象があり、勿論毎時チェックしていた訳ではありませんが、
 いわゆる「軽い」長期用の編成で長く放置している姿も記憶に無いほど。

 とにかく任務に入れっぱなし、しかし長期aには入れない。
 この二つがキャリフォルニア上位MPのスタイルだったように感じられます。

 単垢~2垢程度なら『チーム・フレンドのバックアップによる超高速回転』という手がありますから、
 長期を入れてもある程度こなせると思われますが、基本的にほぼ同じ稼ぎの3垢が回転していましたから
 3垢回しの可能性が高いと思われます。
※1~2垢で同様に高速回転していらした方もいらっしゃいましたが、
 こちらは中途でまったりMPへ転向される方が多かったです。

 かつて聞いた「タイマー使って一時間半づつ眠る(中期は5*15で最低1時間15分)」というアレでしょうか。
 特に作戦序盤で猛ダッシュした方ほど中盤~終盤で明らかに回転が鈍っていたようです
 特にとある3垢の方は特殊任務もこなしていたらしく、3垢のみながら競合ランキングによく見られ、
 PMPでも上位定着されていましたが、終盤で失速して別の3垢の方に抜かれる傾向が見られました。

 その別の3垢の方の場合は倉庫も割合シンプルで、
 競合チームランキングも見る限り、通常中期中心に絞られていたように思えます。
 編成に費やす時間を抑えて体力温存&終盤はそれでも体力的に厳しく回転ダウン
 という作戦&展開だった…と勝手に考えておりますが、さて。

 なんにせよ素晴らしい回転だったのは確かで、人口=順位争いの熾烈さでは劣る劣勢陣営ながら
 後半同じ最前線の舞台に立った後では、PMPの稼ぎで連邦側が高かった週が多く、
 キャリフォルニア連邦の廃人度を見せ付けていたように思えます。

■個人的に
 筆者が最初に居たのはフォン・ブラウン連邦軍ですが、
 そこで見たのと同一人物らしい、6垢持ちと思しき方(個人VP3垢/MP3垢と思しき挙動/移民)を確認。
 ジオン側でも妙に見覚えのある方がちらほらと。ダカールかどこかで見た方も確認。
 みなさん結構移民してらっしゃいますねえ。

 ちなみに筆者自身は、今回終戦日がメンテ日だったので終戦前ですがそのまま移籍しました。
 ほんの短い間でしたが、キャリフォルニアの皆様ありがとうございました。

第5作戦 連邦HVP,PVPPMP

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

第6作戦 連邦HVP、PVPPMP

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

第7作戦 連邦HVP,PVPPMP

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

第8作戦 連邦HVP、PVPPMP

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

第9作戦 連邦HVP、PVPPMP

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16