GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

MS-14 ゲルググ 【次期主力兵器採用投票補足】

機体の概要

 いわゆる『正史』においてザクⅡの後を継ぎ、ジオン軍次期主力MSとして採用された機体。
 ジオン軍では初となるエネルギーCAP式ビームライフルとサーベルを搭載したMSとして知られています。

 ジオン最大手MS会社『ジオニック社』において高機動型ザクⅡをベースとして開発された事になっていますが
 水中用MSより発展改良されたジェネレーターとビームライフル開発ではMIP社(MA及びズゴック等)、
 リックドム由来のスラスター技術ではツィマッド社(ドム、ギャンなどを開発)からと
 ジオンによる量産型MS技術の集大成と呼ぶべき機体のようです。
 wikiはこちら
イメージ 10

ゲーム中での機体の傾向

 筆者の私見では『優秀な距離3-4の限定生産射撃機』が多い分、任務屋向けの計画と感じています。
 また距離3量産機では本作最強の『リゲルグ』が出る反面、量産で汎用~宇宙可能な
 支援機が出なくなるので、鹵獲がより重要になるのではないでしょうか。
 その意味でも『任務屋向け』と感じています。

 VPを行う場合、戦術によっては鹵獲の重要性がギャンより増すかもしれません。

 機体はザク同様癖の無い機体性能にビームライフルを標準装備。
 ただし同ライフルは本ゲームではかなり強力な武装となっているので、基本的に距離1-2の壁向け仕様。
 ザクやジムと違って距離3武装が標準で付いていないため全般に壁向けの印象がありますが、
 中には射程3Bライフル持ちの機体もあり、非NT用MSでは群を抜く命中を誇ります。

 ただ距離3なら宇宙にNTザク、地上にドワッジ改がすでに存在し
 更に2008年に『貢献ポイントによるカスタム機補給』のシステムが実装され、
 ギャン採用時でも『ゲルググキャノンTC』が補給可能になった事で本計画を利用するメリットが
 若干薄れている印象がある事も事実です。

 なお本来は『カタログスペック上で装甲以外はガンダム以上』とされる名機ですが、
 連邦のジムⅡやスナイパーⅡ同様『量産』『一機制限』のカテゴリの壁により、相応の性能になっています。

機体一覧

ゲルググ初期生産型
 技術10-11 限定/最大回避56(38+改8+ライフル4+盾6).※本投票とは関係しない
イメージ 9

ゲルググ
 技術12-13 量産/最大回避56(38+改8+銃4+盾6).
イメージ 1

ゲルググ高機動型
 技術14-15 量産/最大回避63(47+改8+銃4+地形4).距離3命中補正45(24+20+銃2+地形2-バズ3).
イメージ 2

ゲルググキャノン
 技術14-15 限定/ビーム砲距離3-4命中補正43(20+21+銃2)
イメージ 3

ゲルググ
 技術16-17 量産/盾重量2.最大回避62(48+改8+銃2+盾4).
イメージ 4

ゲルググJG
 技術16-17 限定/最大回避66(52+改8+銃6).距離3命中61(26+35).
イメージ 5

ゲルググM・S型
 技術17-18 限定/最大回避64(44+改8+銃6+盾6).距離3命中補正62(21+35+盾6)
イメージ 6

リゲルグ
 技術17-18 量産/最大回避64(46+改8+銃6+地形4).距離3命中60(23+35+地形2).
イメージ 7

ゲルググEXAM搭載型
 技術16-18 限定EXAM/最大回避68+EXAM(50+改8+銃4+盾6).
イメージ 8

設定について色々と

 TV版の劇中では『NT能力に覚醒しつつあるアムロ相手に…』や『学徒兵による運用』など
 イマイチ活躍できない状況下に置かれた挙句、終いには(新鋭機と育成万全な学徒兵。とフォローする部下に
 対し)『話は信じるが、戦果だけが問題なのでな』と実利主義者なキシリア様に流される始末。
 主役級キャラであるシャア搭乗機はともかく、劇中では殆ど活躍できませんでした。
 
 そんなやや不遇で変な鼻をした機体ですが、
 設定上は『スペック上、装甲以外はガンダム以上』『ジオン3社の技術を結晶して設計された』『もし量産が
 早ければ歴史が変わっていたかもしれない』『先行量産機がエース部隊に配備された』など、
 ギャンとはまた違った意味で浪漫あふれる機体です。
 
 またゲルググは、ある意味で『試作型』が存在しないという事でも知られます。
 先行量産型は量産型と全く同一の設計で作られた機体なので…。

 wikiから引用すると『いわゆる試作機を作らず、最初から量産型を作り、それによりテストを行う方式は、
 現実の兵器開発でも行われる事があり「クック・クレイギー計画」と呼ばれる。
 テストから本格的量産までスムーズに進むのがメリットである。』

 また『キャノン』などのバリエーション機も、基本的にバックパック交換など簡単な改修で可能で
 国力に悩むジオンらしく『量産性』『汎用性』を意識した機体とも言えます。
 GNO的にはそうした設定はそれはそれで困る面もありますけどね。

 ちなみにM型、M・S型、JG型のデザインが大きく異なるのは(楽屋裏的な要因はさておき)
 これらが『統合整備計画により再設計された』という設定によるもの。

 またリゲルグ一年戦争から10年程後となるUC88年頃の第一次ネオジオン抗争(ハマーン戦争)時、
 アクシズネオジオン工廠にて開発されたMS。…つまり一年戦争どころではない『未来MS』なんですが、
 何故本作に登場しているのかは不明。

オマケ:統合整備計画余話

 ジオン公国軍ではジオニック、ツィマッド、MIPなど多数の企業がMS開発を競合していた為
 開発に際して競争が生じ、さまざまな技術・機体が生まれていったが、操縦系統がそれぞれ異なったり
 武装の互換性・部品の互換性などに問題が生じて運用が困難になる事態が生じた
 その統一化を目指してMSの再設計が行ったのが統合整備計画である。

 これはOVAガンダム0080ポケットの中の戦争』の撮影に当たって
 当時の流行に併せ、ガンダム・ジム・ゲルググなどのデザインを変更した事による後付け設定。
 詳しくはwikiにてどうぞ