GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

MSスクリーンショット&雑記【技術12/51日目】

■技術10時先行投票落選機
 ハイゴッグリックドムドワッジより技術10にて発売されなかった機体が発売。

■技術11時先行投票当選機
 ガッシャ、ギャン(ゲルググ)より1機が発売開始。

 前回発売の限定機/☆☆仕様。
 ブラウ・ブロ

ブラウ・ブロ 技術12/一機制限/NT機

イメージ 1

 最大回避54(32+改8+地形4+nt10).距離3命中補正69(22+35+地形2+NT10).通称『風呂』。
 NT補正効果について詳しくはこちら
 
 MAの大型躯体・火力に、NT兵器の命中を組み込んだ『NT用MA』の一番機。
 最高レベルNTが搭乗する事でビグロ以上の回避能力を得るものの、登場時は互角程度の回避しか得られず
 距離1兵装と移動力も失っています。その為パイロット育成によっては評価が大きく分かれるでしょう。
 むしろゲーム内ではゾック同系MSにあたるようです。

 登場時ではビーム兵器系列最高クラスの火力を持ち、しかもそれを破格の命中精度で当てられる為
 運用する部隊は数多く見られます。Npcによる『高』『強』狙い覚悟のツインゾック運用や
 或いは回避を活かした『攻撃力のある壁』として運用されているのでしょうか。
 回避と耐久が向上しているため安定性は上がっていると思われます。
 性能的にエルメス下位互換なのが玉に瑕。

■MAN-03 ブラウ・ブロ
 NT兵装の代名詞であるオールレンジ砲を採用しているものの、
 初期の機体らしく複数人による通常運用とNT単独どちらでも運用可能なよう設計されている。
 が、GNO2では、プレイヤー部隊の『複数パイロット搭乗』は不可である為、市販版はNT専用となる。
 オールドタイプでも運用可能なMAという設定の為かメディアへの露出は割合多い。

次技術発売MS投票

■先行開発
 ドムキャノン(単砲型)、アクトザク、ゾゴックから1機選択。選択された機体は技術13にて発売開始。

■主力兵器改良投票(☆)
 候補:ドワッジ☆(ドムトローペンの後継として).宇宙作戦中ならリックドムⅡ☆の可能性も?

ドム・キャノン(単砲型) 技術13-14/量産

イメージ 2

イメージ 3

 マシンガン重量1.距離4命中補正41(19+19+銃1+地形2).通称『ドムキャ単』。

 地上VPを強力にバックアップする支援型MS.地上補正効果を持つ事で高い命中精度を持っており、
 威力面でも限定機パワード・ジム並で『盾の上からでも有効打となりやすい』傾向があります。
 ジオン系にて距離4複数育成する部隊には最適の機体でしょう。
 以後☆付きを含め、終戦まで主力となります。

 ☆付き化(HP228/威力88*2)はほぼ確定。☆切り替え後は地上部隊で終戦まで運用されています。
 難点は搭載の高さと水辺でしょうか。とはいえ☆でHP204系、HP216系どちらにも合うので
 常にランクボードに乗り続けるようになるでしょう。

■MS-09K-1 ドムキャノン単砲型
 近年「ハーモニー・オブ・ガンダム」で生まれた新型機。
 外観が示すようにドム・トロピカルテストタイプ(ドム熱帯仕様の試作機としてプロトドムを改良したもの)を
 ザクキャノンのデータを基にして再改装した中距離支援型MS.

アクト・ザク 技術13-14/限定生産/NT機

イメージ 4

イメージ 5

 Bライフル重量2.Pガン重量1.最大回避68(46+改8+銃4+NT10).通称『悪党』。
 NT補正効果について詳しくはこちら

 単体として見れば『盾こそ持たないものの、破格の最終回避力を持つMS』。
 ただNT用となる訳ですが、NTでは既にドワッジや初期ギャン☆☆などを主体とした軽VPが台頭済み。
 しかもNT特性により修理9-7止まりという点では蛸ザク(サイコ高機動)が存在しています。
 また当然ですが発売時はNTレベル9などありえません。

 防御強化が有効になり、VPでも期待できるようになりましたが
 どうも時期を外した感が……。

 MP射壁でも宇宙なら蛸ザクが存在するので、結局は地上用として扱われるのではないでしょうか。 
 またMP用の高壁としても専用機化後、NT隊長用として需要があるはずです。
 最終的にNT-MA搭乗を想定した隊長なら性能を活かせるハズ。
 搭載・HP共もイフリート改と同等クラスですから。

 かつてNTによる補正、及び指揮スキルがより強力だった時分には最高峰のMSだったようですが
 これら2つのスキルの弱体化と、更に敵NPC設定強化による気力壁の台頭、
 及びEXAMの導入によりかなり扱いは低くなったと聞いています。

 ただ専門化スキル(最低2%化)によりなんとか復権を果たしつつある気がするのは筆者だけでしょうか
 微妙にMP方面で増加傾向にある気がします。微妙に。

■MS-11 アクト・ザク
 ペズン計画にてザクの発展型として設計され、MS-11の形式番号を与えられた機体。
 装甲こそ超硬スチール合金だがMCによる高い機動性にビーム兵装を兼ね備え、桁違いの性能を誇るが
 ガリバルディ同様パイロットへの負担が高すぎ、実際の性能は第一世代相当に留まった。

ゾゴック 技術13-14/限定生産

イメージ 6

イメージ 7

 最大回避65(53+改8+地形4).距離3命中補正49(22+25+地形2)

 ジャブロー攻略特務MS『アッグシリーズ』の一つ。
 地形補正効果により何気にこっそりとガンダムほぼ同等の最大回避力を誇る『水辺限定』高性能機。
 水陸なので平地では回避61、荒地では回避57まで低下してしまうのが難点。
 サーベルや実弾は『腕で』切り払うほどの猛者であり、移動力まで高い。
 また何気にジムSCにも匹敵する高精度射撃武装も装備している。やはり平地では(略)なのが難点で
 限定生産機としては威力もやや低め

 以上のようにスペック自体は優れていますが、フルスペック発揮には水辺が必須。
 何より盾がない事から壁にはしにくく、射撃に使うには火力が低く、限定機なので野戦には向かず…と
 PCには不評な機体の代表例。

 なおジャミ○っぽい外見はズゴックベースで開発されたという経緯の為。
 また色味や伸びるパンチ・カッター射出という点からマジン○ーと呼ばれる事もあるようですが
 空にそびえないのはご愛嬌といったところ。

■MSM-08 ゾゴック
 ズゴックをベースに格闘戦・陸戦能力重視で開発された水陸両用MS.
 結局水陸機ベースの為の為思ったほど陸戦能力は高くならず航行能力も補助程度に留まったとされる。
 欠陥機と言う気もしないでもないが、『装甲を貫く』程のパンチ力を誇るなど優秀な点も。
 MIP社による開発データは『ガッシャ』へ受け継がれたとされる。
 GNO2的には順番が逆だが気にしてはならない。

ドワッジ