GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

MSスクリーンショット&雑記【技術15/63日目】

■技術13時/先行開発投票落選機
 ギャン高機動型(ゲルググ高機動型)、ギャンキャノン(ゲルググキャノン)
 ドムキャノン(複砲型)から技術14で発売されなかった機体が発売開始。

■技術14時先行開発投票当選機
 ドラッツェズゴックE、ペズン・ドワッジのいずれか1機が発売開始。

 前回発売の限定機/☆☆仕様。
 プロトタイプ・ケンプファー

プロトタイプ・ケンプファー 技術15/一機制限機

イメージ 11

 SG重量1、バズーカ重量3.最大回避66(56+銃2+改8)。最大先制(25+銃1)
 距離3命中補正43(25+20+銃1-バズ3)。

 襲撃型を意味するE型MS、「MS-18E ケンプファー」の試作機。
 プランが固まった後の機体なので襲撃型としての設計はそのまま、外装のみが正式版と異なる。
 開戦以来初の「格闘壁可能な一機制限機」であり、高壁・低壁・射撃・射撃のスタンダード編成向け。
 盾こそ持たないが、高い回避・装甲に移動4特性を兼ね備えるので任務で役立つ。
 支援狙いがやり易い点からPC戦でも威力を発揮するなど活躍が見込める。
 主に地上戦や対PCを重視した野戦編成で活躍するでしょう。

 ただジオンのモビル・アーマーは回避が低い代わりにHPがずば抜けて高いという利点を持っているので、
 それが仇となって、回避・射撃がバランスよい「ガンダム系」性能の本機とは連携しにくい。
 とはいえギリギリながらゾック、ビグロまでカバー可能な強高壁。

■YMS-18 プロトケンプファー
 初出はケンプファー旧キットの組み立て説明書。
 漫画「Ecole du Ciel」では、ジオンの優良種交配実験の成果であるアキラ青年の乗機として活躍。
 NTの恐ろしさを具体的に描いた本作では、ひどく旧式ながら向かうところ敵無しの強さを発揮している。

次技術発売 投票

■先行開発
 以下5機(実質3-4機)より選択。投票勝利機が技術16にて発売開始。

■主力兵器改良投票(☆投票)
 候補:ドムキャノン(単砲型)☆

ギャンM /技術16-17/量産

イメージ 1

イメージ 2

 盾重量3.最大回避62(48+改8+盾6).

 Mは「マリーネ」と読む。
 海兵隊を中心に配備された「もしも(if」設定機。
 重装甲に加え、標準のジム・ゲル盾より更に耐久性・装甲共に+5された専用盾を装備。
 例によって命中と引き換えに極めて高い格闘攻撃力を持ち(ジムカスタム及びゲルM比で攻撃力+17)
 HPや装甲でも同級MSのゲルググMやジムカスタムに勝り、格闘系量産機として極めて優秀。
 
 格闘性能・盾性能・装甲と、ある意味ではガリバルディ・ジムⅡの最終型量産機にも比肩する機体です。
 HP自体も搭載19のガリバルディαと同値。更に☆がより早期に付けられる事を考えると
 ガリバルディαを上回る機体としてさえ扱えます。低壁でも強壁でも優秀で、
 300編成(全量産機編成)用として主力となりえる機体でしょう。

 難点はジムカスタム及びゲルググMと違ってHP240-216系に属する事で
 HP228-204系のジムキャノンⅡを主力とする連邦編成や、ドムキャノン単砲型☆(ノーマルは216系)と
 食い違いがある点でしょう。※ちなみにジムⅡ・ガルαも同様に240系。
 
海兵隊仕様
 本来は艦載の上陸・或いは艦上での戦闘部隊を意味するが、今日では各国により微妙に扱いが異なる。
 ジオンでは主に正規軍が行えない「汚れ仕事」、例えば民間コロニーへの毒ガス散布や破壊工作、情報操作、
 陣地構築などの土建などを請け負ったとされている。本機初出はゲーム「ギレンの野望」。

ゲルググM /技術16-17/量産

イメージ 3

イメージ 4

 マシンガン重量1.Bマシンガン重量2.盾重量2.最大回避62(48+改8+銃2+盾4).
 軽量盾仕様(標準盾より耐久性-5.装甲-10.重量2).

 OVA「0083」で知られるゲルググ
 マリーネというのは海兵隊中心に配備された為に付けられた俗称らしい。
 同格機3機の中で唯一軽量盾仕様で、盾装備時でも高い回避力を保持できます。
 またゲルググシリーズらしく距離2ビームマシンガンを装備しており、量産射撃壁としても非常に優秀。
 また「ナギナタ」ではなく「サーベル」装備機なので命中率もそこそこ。
 ゲルググ選択時における量産300編成の主役。

 VPではジムカスタム以上の回避性能から珍重されますし、HPも204系でジムキャノンⅡと好相性。
 特に対NPC重視する際の300編成時に特に相性が良い機体と言えます。
 量産射撃壁としても優秀なので、連邦でも人気がある機体です。

■MS-14F ゲルググM
 初出はOVA「0083 スターダストメモリー」。ゲルググを統合整備計画によって再設計したMS。
 再設計? そもそもゲルググ自体末期も末期の機体じゃ…はジオン系永遠の禁句。

ドワッジ改 /技術16-17/限定/物資集積所

イメージ 5

イメージ 6

 Bカノン/Gバズ重量3.最大回避62(44+改8+砲6+地形4)
 Bカノン距離3命中59(22+35+地形2).Gバズーカ命中補正44(22+20+2).
 
 地上における任務er主力機となるであろうMS.
 連邦視点で言うと「ガンキャⅡの威力」「スナイパーⅡの命中」「パワードジムの移動力」を兼ね備えており、
 数値上ほとんど隙がありません。荒野でも移動力が落ちないので競合にも便利です。

 難点は登場の遅さと、なにより『ジオン製射撃MSとしては搭載が重すぎる』事。
 EXAMが遅延し本機が先行発売した場合、搭載19HP276の専イフ改などで背負う事になります。
 EXAMの勝敗が本機に密接に関わってくるのではないでしょうか。
 まあ一応本機そのもので背負う事もできますが、高低差微妙ですし専用機は背負えません。
 回避はかなり高いので、専門化隊長ならある程度大丈夫とは思いますが…。

 また専用機は地上射撃機としては桁違いの性能を有していますが、
 宇宙の蛸ザクと違ってNT補正がない&登場遅い&主な僚機がゾックなので専用枠は望めないでしょう。
 反面、サーバ移動者には特に便利な機体になります。

■MS-09H ドワッジ
 ドムシリーズ最終型(G型)の改良機。初出は「機動戦士ZZガンダム」。
 一年戦争の残党デザート・ロンメルの乗機として、武装コクピットをはじめ全面改装が施されていた。

ゲルググJG /技術16-17/限定生産

イメージ 7

イメージ 8

 Bマシンガン重量3.最大回避66(52+改8+銃6).距離3命中61(26+35).

 JG<イエーガー/狩人/狙撃兵>仕様。
 設定上「狙撃用の(ビーム)マシンガン装備機」である為かGNO2開始時は距離1-2仕様として登場。
 性能上ジムクゥエルの対抗機に近い扱いだったが、アップデートにより距離3を獲得。
 その経緯から回避も非常に高い。

 元々が距離2機だった為か命中精度も異様に高く、連邦MSにあてはめれば一機制限機同等命中です。
 もっともジオン側では結構命中60前後がゴロゴロしておりベスト3にも入れませんが。
※連邦一位はGP-02BBの命中65(技術19一機制限)。

 ガンダム同等の回避性能ですが、盾を持たない&HPそこそこなので後衛に回る。
 ノーマルでも専用スナイパーⅡ級の性能を持ち、汎用距離3限定機としては本ゲームの最高峰と言えます。
 登場は遅いものの、性能ゆえか専用枠を残す根強いファンがいらっしゃるようです。

■MS-14JG ゲルググ狙撃仕様
 初出「0083 スターダストメモリー」。当初は「一年戦争を高解像度にした作品」として位置づけられ
 本機も「ゲルググを高解像度で表現した機体」だったが、方針変更で「再設計機」となった。
 ゲルググは生産が間に合わなかったのに、再設計機生産は出来たとはこれいかに。

ケンプファー /技術16-17/限定生産

イメージ 9

イメージ 10

 散弾銃重量1.Gバズ重量3.最大回避62(52+改8+銃2).距離3命中41(23+20+銃1-バズ3).

 独特のフォルムに定評のあるeinhauen typeこと襲撃型MS。
 ただゲーム中では全体に高いスペックを持つものの、移動力以外に突出したパラメータを持ちません。
 特にジオンでは意外とビーム装備型の限定~一機制限が多いですが、本機は実弾のみなので
 運用時は違和感を感じやすいでしょう。

 更にジオンでは移動4MSが珍しくない事や、優秀な局地や特化型が多い事もあって評価がしにくく
 ジオン系列では珍しい器用貧乏型として強襲用途に振り向けられるのではないでしょうか。
 あまり使っているPcは見かけないようです。

■MS-18E ケンプファー
 初出「0080 ポケットの中の戦争」。公国後発の襲撃型MS。
 HGUC組立書によれば、軽量・推力・火力を強化した機体で単独で敵防衛線を突破、目標を潰す事のみを
 目的としており目標達成後の帰還はほぼ考えられていないらしい。一種の特攻兵器のようだ。