GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

MSスクリーンショット&雑記【技術11/47日目】

■技術9時/先行開発投票落選機
 ガンダムEz8ジムコマンド宇宙用、地上用のうち技術10で発売されなかった側が発売開始。

技術10時先行開発投票当選機
 ガンキャノン量産型、ガンダイバーのうちいずれか1機が発売開始。※キャノンは開発競合対象。
 
 前回発売の限定機/☆☆仕様。

次技術発売 投票

■先行開発
 以下2機より選択。投票勝利機が技術12にて発売開始。
 傾向はサーバによるが「貢献ポイント」制導入後は装甲ジム選択率上昇傾向?

■注意!
 次技術では主力兵器改良アリ(スナイパーⅡ選択の場合、装甲強化に☆を付ける事が出来ません)。

装甲強化型ジム /技術12-13/量産

イメージ 1

イメージ 2

 マシン(ビーム)ガン重量1.盾/バズーカ重量3.通称『装甲ジム』『甲ジム』他。
 最大回避62(42+改8+銃2+盾6+地形4).距離3命中補正44(21+20+銃1+盾3+地形2-バズ3).

 ジムの標準盾・陸ジムの回避・グフの装甲・ドムの機動性を兼ね備えた地上用量産機のひとつの到達点。
 攻撃力とHPはやや低い数字ですが、それ以外は搭載無視な性能を誇る高性能機です。
 ジムストライカー(技術14-15)実装後はツナギとしてのイメージが強くなりましたが
 通常盾と移動4の強みで愛用し続けるランカーも。 

 その余りの高性能に、ジオンではゲルググM登場まで十万以上当たり前だとも言われており
 連邦ジオン問わず愛用され続ける名機です。※特にジオン側では高搭載な射撃を多用する面から重要。

 専用枠を切るよう余裕はあまり無いと思われますが、専用機は平地/盾装備時回避58や装甲21など
 一機制限機であるガンダム(盾装備60/装甲21)に近い基本性能を有しており
 移動4特性と共に低壁として充分以上に強力な機体です。
 任務用途でも強襲誘導機に最適。
 コアブースターや鹵獲ドム、高搭載なBDと比較して扱いやすいので、強襲が一般化してきます。

 射撃仕様時の命中精度は高い方ですが、ジオンのドム・トローペンと威力、命中共に同等程度.
 搭載は軽いですが、ジムSCと比べると実に命中-10%の差があり、威力が特に高い訳でもないですから
 HP統一(SCでも可能)や移動5を活かせるのでなければ、あまりお勧めはしません。

■RGM-79-GRS 装甲強化型ジム
 ゲーム「ジオニックフロント」初出。デザインから見てジム改系列のようだ。
 ジムタイプながらドム同様のホバー機構を再現・装備し、陸戦での機動力を確保しているのが最大の特徴。

ジムスナイパーⅡ /技術12-13/限定

イメージ 3

イメージ 4

 ビームライフル重量3.マシンガン重量1.盾重量3.通称『スナⅡ(間違ってもSCⅡではない)』。
 最大回避58(38+改8+BR6+盾6)。距離3命中補正57(19+35+盾3)。

 連邦製限定機では最高の命中精度を誇るMS。
 反面、威力がそこそこ止まり(センチの長距離ライフル以下)なので、命中率をキャラのパラメータで稼げる
 クール前半野戦メインPCや、そもそもVP陣から支持を集め難いため遅延する可能性がやや高い。
 カスタム機導入システムも追加されたため、ますます選択率は下がるかもしれません。
※ただし「ガンキャ量☆>装甲強化☆」ならこちらを選択しておくと安全牌。

 余談ですが、55日目20時以降の初期配備限定機はこの機体になります。
 サーバ移動経験がある人の場合、ちょっとこの機体に愛着を感じるのではないでしょうか。
 壁としての性能も、とくに突出したところは無いものの高いバランスでまとまった性能を有しています。
 
 NPCとして登場した際は高い命中とエリート発動する盾の力でPCを苦しめます。
 また『先行量産型ジム宇宙用以来、数十日ぶりに配備される宇宙可能な壁向け限定生産機』というのも
 特徴的。ジムコマンド宇宙用同様搭載は高めではありますが、かなり久々の刷新です。
 
■RGM-79SP ジムスナイパー
 OVA0080 ポケットの中の戦争」初出。ジム・コマンドをベースにした総合強化型。
 携行兵器では桁違いの射程を持つ新兵器「ビーム・ライフル」を活かすべくセンサー類を強化。
 また実戦配備で蓄積されたノウハウから機体全体が整理されており、装甲を除くカタログスペックでは
 実験機RX-78-2 ガンダムを上回る性能を持つ。同様に初期生産型をベースとした「スナイパーカスタム(Ⅰ)」
 ジム改をベースとした『ジムスナイパーⅢ』も存在します。