GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

MSスクリーンショット&雑記【技術12/51日目】

■技術10時/先行開発投票落選機
 ガンキャノン量産型、ガンダイバーのうち技術11で発売されなかった側が発売開始。

■技術11時先行開発投票当選機
 装甲強化型ジム、ジムスナイパーⅡのうちいずれか1機が発売開始。
 
 前回発売の限定機/☆☆仕様。
 ブルーディスティニー

ブルーディスティニーⅠ /技術12/EXAM機/限定生産/2005-1実装

イメージ 1

イメージ 2

 EXAM機。マシンガン重量1.盾重量2.愛称『BD』『BDⅠ』他。
 最大回避66+EXAM(48+改8+銃2+盾4+地形補正4).距離3命中補正54(24+25+銃1+盾2+地形2)

・EXAMシステム(角川本23.35P)
 NT,強化人間以外が登場している場合に発動(戦闘開始時発動済み)。
 移動力+1.攻撃時に命中+5.防御時に回避+5.NT当て/NT回避発生(敵がNT Lv2以下なら発生可能)。
 停止率%=(現在のターン数-パイロット気力レベル)×10

 野戦での高強壁から任務での低壁・強襲と用途は多用。
 地上戦サーバを中心に、連邦軍の中盤を支える高性能MSです
 対となるジオンMS『イフリート改/最大回避66(54+改8+地形4)+EXAM』より1技術遅いですが
 同等の基本性能に盾をもつ事が特徴。同時期最強機体の一角。

 修理10なので、野戦用には「回転と性能」でバランスがいい定番機体。
 ただ連邦VPでは修理305-300が主流に変わり影が薄くなりつつあります。重視すべきはPC狩りか。
 ジオンPCはドムキャノンを活かして地上に篭る傾向があるのでそこが狙いどころ。
 特にジオンが「ゲルググ」を選択した場合、技術14から技術16(M発売)まで「陸戦ゲルググVP」が
 主力となる可能性が高く、PC戦次第でかなりのステップアップが狙えるでしょう。
 
 意外な使い方として、命中補正値がスナイパーⅡに次いで連邦限定機中第2位という点が挙げられますが
 威力がジム改以下と任務用には貧弱。野戦で使うにも修理値を食いますので、
 対PC嫌がらせ要員として使う程度が関の山です。
 無理せずにスナイパーⅡを使いましょう。

 任務用途では『絶対的な信頼をおける低壁』として活躍してくれます。
 特に気力隊長ならまず落とされる事は無いでしょう。移動4なのも相まって高い戦果が期待できます。
 気力パイなら移動4に出来る上、高先制・頑健・火力もあるので強襲には最適です。
 宇宙では使えませんが、反面では荒地踏破可能な利点にもなります。
 できれば強襲専門で一機別途に買っておきたい機体です。
  
■RX-79-BD1 ブルーディスティニーⅠ
 初出はゲーム「戦慄のブルー」。EXAMシステム完成を目指した実験機。
 当初は先行量産型ジム地上用をベースに試作されたが、イフリート改同様に負荷に耐えられなかった為
 EXAMを組み込んだ頭部のみ残してボディをそっくり陸戦型ガンダムと交換した。ルナチタニウムの重装甲に
 マグネットコーティングで天井知らずの反応を併せ持ち、絶大な戦闘力を誇る。

■EXAMシステム 
 NTに携わったフラナガン機関のクルスト・モーゼス博士が「NTが人類に牙を剥いたらどうする?」という
 恐怖に駆られ作成したという異端のシステム。NTサンプルから戦闘素養を抽出し、
 MSの管制システムに組み込む事で活用。NTの抹殺を存在意義とする。

次技術発売 投票

■先行開発
 以下2機より選択。投票勝利機が技術13にて発売開始。傾向はジム改優先。

■主力兵器改良投票(☆投票)
 装甲強化型ジム、ガンキャノン量産型など。
 現在は支援機の流行により、ガンキャノン量産型が8割がた優勢と言ったところ。

ジム改 /技術13-14/量産

イメージ 3

イメージ 4

 マシンガン重量1.盾/バズーカ重量3。
 最大回避58(42+改8+銃2+盾6).距離3命中補正42(21+20+銃1+盾3-バズ3)

 特化型・局地化の続いたジムシリーズ久々の汎用型。ジムの正統後継機と呼ぶにふさわしい機体でしょう。
 ただ既に量産化・特化・局地化も進んでしまった為、先代と比べると万能汎用型は大変に地味。
 特に地上用としては装甲強化型ジムに回避他で見劣りするなど、主戦場次第では本当に地味。
 まさしく地味なんですが投票相手がコアブⅡと更に地味なので投票には勝つ機体です。
 ご覧のように基本性能自体も量産機としては優秀ですし
 地味ながら現在のVPではほぼ必須の機体。

 搭載17ですが、同搭載のジム・コマンド宇宙・地上用に地形効果分(回避+4/先制+2)を上乗せした性能で
 武装面の強化も相まってほぼ上位互換機と呼べます。※反面、荒地・暗礁で移動が下がります。
 また専用機の壁性能は、ほぼ専用ジムスナイパーⅡ同等ながら搭載1軽いので
 専用枠が余っているなら汎用低壁として悪くない機体。

 HP↓でHP192となりますが、状況次第では高強低壁などもこなせるので器用にVP部隊を支えます。
 搭載17以下の割合頑丈な標準盾持ち低壁としては高い回避性能を持ちますから
 修理300編成のさきがけとするプレイヤーの姿も見られます。

 次いで射撃機としてですが、連邦の距離3バズーカ系では安定した命中率と威力を兼ね備えますので、
 一部VPにて『大ダメージ』『盾の上からダメージ』狙いで活用されているようです。
 勿論SCより命中精度自体は劣るので、採用は諸刃の剣。

■RGM-79-C ジム改
 OVA「0083」で登場したジムの後期生産型。大戦末期に開発され、戦後は主力機となった。
 OVA第08MS小隊」第1話で見られる連邦宇宙軍ルナツー基地製ジムの発展型に属し、初期生産タイプでの
 反省点や実戦経験が盛り込まれて完成された。スナイパー型などバリエーションが多数存在。

コア・ブースターⅡ INT /技術13-14/限定生産

イメージ 5

イメージ 6

 最大回避60(58+改8)。通称『コアブⅡ』。

 名称の通りコアブースターの後継機。
 高い回避を備えますが、地上戦用&射撃限定なので採用数は少ない機体です。
 大気圏内限定となりましたが回避性能が大きく向上し、専用ジム・ライトアーマーをも上回ります。
 主兵装のガトリングも射程以外ほぼRX-81STのガトリング・マッシャーに相当。

 搭載の軽さと回避の高さ、そして移動力を最大のウリとする低壁用戦闘機ですが
 その辺の大体のところはBDⅠの方が有効であり、既に「強高壁以外は量産機」時代となっている事もあって
 選択肢としては微妙な存在となっています。

 任務用途では修理を気にせず高性能な射撃低壁で使えます。
 また移動4+タイプ「飛行」+高回避な点から、強襲用途で使用できる機体です。
 平地や荒地なら装甲ジムやブルーディスティニーが出ていますし、特に必要性は無いかと思われますが
 なんらかの事情で『水辺で強襲』が必要となれば、購入機体では最適な機体となるでしょう。
 
■CORE-BSTⅡ Interceptor
 OVA作品『MS IGLOO』に登場した要撃機(拠点防衛用戦闘機)。
 コアファイターで培われた高性能管制コンピュータを活かした戦闘機で、ミノフスキー粒子下にあっても
 高い性能を示した。敵機の攻撃を阻止する拠点防衛の役割を担う。