GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

MSスクリーンショット&雑記【技術13/55日目】

■技術11時/先行開発投票落選機
 装甲強化型ジム、ジムスナイパーⅡのうち技術12で発売されなかった側が発売開始。

■技術12時先行開発投票当選機
 ジム改コアブースターⅡ INTのうちいずれか1機が発売開始。
 
 前回発売の限定機/☆☆仕様。
 前技術12時主力兵器改良投票当選機体…装甲強化型ジム☆or量産型ガンキャノン☆他。

次技術発売 投票

■先行開発
 以下2機より選択。投票勝利機が技術14にて発売開始。
 傾向はバラバラで、5分5分からどちらかの8割得票までサーバによって異なる。

ジム・ストライカー /技術14-15/量産

イメージ 1

イメージ 2

 盾重量2.最大回避63(47+改8+盾4+地形4)。通称『ジムスト』。

 陸戦用量産機の名機。
 連邦の名機 装甲強化型ジムに続く陸戦低壁仕様量産型MS.
 回避向上と小盾仕様で盾装備時回避59.盾装備回避56の装甲ジムを回避で上回りますが、
 反面盾が脆い面に懸念が残ります。小型化されたゲルググMと言った印象。

 高い回避と格闘性能を誇りますが、BD系+ジムストという定番VP編成は完全に下火。
 地上VPで扱いやすいですが、同時期は一部限定された時期を除き宇宙VPが強いのでやや影が薄いです。
 VP以外では無難なBD編成は多いので、採用例は多いですが以前ほどの人気はありません。
 強襲派MSである「パワード・ジム」と投票で争うので投票敗北する事も。

■RGM-79FP ジム・ストライカー
 HofGにて設定され、ゲーム「戦場の絆」に登場した白兵戦仕様機。
 開発最終段階のジム改をベースに、近接戦闘での優位性を得るべくリーチの長い武装、装甲を装備している。

パワード・ジム /技術14-15/限定生産

イメージ 3

イメージ 4

 マシンガン重量1.盾/バズーカ重量3.通称『パワジム』。
 最大回避60(44+改8+銃2+盾6).距離3命中補正43(22+20+銃1+盾3-バズ3).

 ジム系特有の「盾・バズーカ・マシンガンが装備可能で壁・射撃両用の性能」と汎用性に加え、
 厚い装甲と移動4のドム系特性を兼ね備えた万能型MS.
 時に『プチ・ガンダム』とも称されます。

 いずれの用途もこなせるので、特に任務屋なら一機は持っていて損は無いでしょう。
 実弾限定機ではトップクラスなので特に宇宙作戦が多発するサーバなら対ビグ・ザムに必携。
 強襲任務用途で愛用される事でも有名です。

 その他一部VPにて活用されますが、回避力ではジムストライカーや装甲強化などの量産機にも及ばず、
 BD相手には言わずもがな。従って、先宇コマンド同様に「使えば勝てる」機体ではありません
 仮に玄人が使っても状況が悪ければ使い切れない機体でしょう。

 しかし地上・修理10他縛りのBD以外で、高壁として頼れる機体という意味では
 同時期に無比といえる性能を持つ機体であり、まとまったHPと移動4という他に無い特性により
 ☆☆を中心に一部VPで人気機種になっている模様。その為以前より得票率は上がっており、
 更に強襲PCの拡大も手伝ってジムストライカーに比肩する得票率を得ているようです。

 射撃用としては戦場を縦横に駆け巡る移動力で高評価を受けますが、射撃性能自体は
 特にノーマルで案外ダメージの伸びが悪く、実弾なのでエリート相手だとここぞで切り払われる事もあり
 信頼性はそこそこ。専用機ではガンダムに近い火力となるので、できれば専用機を。

 連邦製でまとまった性能を持ち汎用移動4。盾の装備で先制値を調整できるなど優れた点が多く
 連邦で強襲を本格的に用いる事が出来る高性能機です。連邦の強襲屋が待ち焦がれる名機で、
 強襲屋の拡散に従って影響度を増しています。

■RGM-79 パワード・ジム
 0083で登場したジム改ベースの実験機。
 地上用の高機動バックパックと衝撃緩和装置付きの脚部を装備し、その運用試験を行っていました。
 あくまで実験機の為、形式番号は持ちません。